糖尿病の治療

糖尿病は、「インスリン依存型(Ⅰ型)糖尿病」と「インスリン非依存型(Ⅱ型)糖尿病」の2つのタイプがあります。

「インスリン依存型(Ⅰ型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。

「インスリン非依存型(Ⅱ型)糖尿病」は、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。95%の糖尿病がこのタイプです。

糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は、死に至る危険な病気です。早めの治療・対策が必要です。

当院の治療について

当院では、運動療法、食事療法、内服薬やインスリンの注射による薬物療法を行っています。

膵臓の移植が必要な場合もございますので、その場合は、信頼のおける大規模な医療機関と連携して治療を行います。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. インプラントについて

  2. 蕁麻疹(じんましん)の治療

  3. 乾燥肌の改善

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP