狭心症・心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞
狭心症や急性心筋梗塞をまとめて冠動脈疾患と呼びます。心臓は左胸にある握りこぶしぐらいの臓器で、全身に血液を送り出すポンプの役割を担う重要な臓器で、心臓の活動停止は即座に生命活動の停止を意味します。心臓自体は心筋という生きた筋肉細胞からできていますので、心臓が健全に活動を続けるためには、常に心筋に酸素や栄養を供給する必要があります。この栄養や酸素は心臓を囲むように巡っている冠動脈を流れる動脈血によって運ばれていますので、心臓の正常活動を維持するためには、冠動脈内を動脈血が円滑に流れていることが必須です。動脈硬化によって冠動脈が細くなったり、つまった状態が冠動脈疾患で、代表的な成人病あるいは生活習慣病です。大雑把に言えば、冠動脈が細くなった状態が狭心症、つまった状態が心筋梗塞です。

経皮的冠動脈形成術
冠動脈の中にガイドワイヤーと呼ばれる細い針金を通します。針金といっても、とても細くできているので髪の毛のように軟らかなものです。このガイドワイヤーは先端がプラチナでコーティングされておりX線の透視で見えるようになっています。この透視下でガイドワイヤーを操作して狭窄した個所をうまく通過させ、さらにそれに沿わせるようにバルーン(風船)を狭窄部に進めます。狭窄部とバルーンの位置が一致していることを確かめてバルーンを拡張します。しかしバルーン拡張だけでは、すぐにまた血管が狭窄してしまう場合があります。 このためほとんどの治療において、バルーンでの拡張後にステント(金属でできた網状の筒)を留置します。冠動脈形成手術後の再閉塞や再狭窄のリスクを低減させるための治療法です。 ステントという拡張可能な小さいメッシュ状の金属の筒を血管に留置して、血管の開通性を保持し再閉塞を予防します。留置術後、ステントは冠動脈内に留まり血管をささえ続けます。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 受け口(下顎前突、反対咬合)の治療・矯正

  2. 高血圧症

  3. かぶれ(接触性皮膚炎)の治療

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP