脂質異常症

脂質異常症

血液中の脂質の値が基準値から外れた状態を、脂質異常症といいます。脂質の異常には、LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)、トリグリセライド(中性脂肪)の血中濃度の異常があります。これらはいずれも、動脈硬化の促進と関連します。

脂質異常症の診断基準

LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライドのうち、メタボリックシンドロームの診断基準に用いられる脂質の指標は、HDLコレステロールとトリグリセライドです。しかし、LDLコレステロールは単独でも強力に動脈硬化を進行させるため、メタボリックシンドロームの有無に関係なく、LDLコレステロールの値にも注意する必要があります。

脂質異常症の原因と改善方法

LDLコレステロールの高値の原因として、まず第一に食事中の飽和脂肪酸のとりすぎがあげられます。飽和脂肪酸は、肉の脂身(赤身ではなく白い部分。バラ肉、ひき肉、鶏肉の皮も含む)・バターやラード・生クリームなどに多く含まれます。パームヤシやカカオの油脂、インスタントラーメンなど加工食品にも含まれています。一般的には、冷蔵庫の中で固まっている油脂は、飽和脂肪酸の多い油脂であることが多く、サラダ油や魚油のような液体の油は、不飽和脂肪酸の多い油脂であることが多くなっています。また食事中のコレステロールもLDLコレステロールを高くしますが、個人差が大きく、飽和脂肪酸と比べると、影響が小さいことが知られています。食事中のコレステロールは、主に鶏卵の黄身や魚卵から摂取されます。なお、食事中のコレステロールの上限値については専門家の間で決着がついておらず、現行の厚生労働省「日本人の食事摂取基準」では、食事中のコレステロールについては上限値を設けていません。しかし、食事中のコレステロールを無制限にとってよいということではありません。LDLコレステロールが高い人で、飽和脂肪酸やコレステロールを食べる量が非常に多い人は、その量を控えることで、比較的容易にLDLコレステロールを下げることができます。食事中の飽和脂肪酸と血中のコレステロールとの関係は、食事中のコレステロールと血中のコレステロールとの関係よりも強く 、LDLコレステロールが高い人がまず第一に行うべきことは、飽和脂肪酸のとりすぎを改めることです。現時点では、LDLコレステロールが高い人が注意すべきことは、まず飽和脂肪酸であり、次いで鶏卵などコレステロールの多い食品についても食べすぎないようにすることが勧められます。トリグリセライド(中性脂肪)の高値の要因としては、エネルギー量のとりすぎ、特に甘いものや酒・油もの・糖質のとりすぎがあげられます。砂糖の入ったソフトドリンクを飲む習慣のある人も多い傾向があります。これらを改めて運動や減量を行うことで、中性脂肪を下げることができます。また背の青い魚に多く含まれるn-3系(ω-3系)多価不飽和脂肪酸には、トリグリセライド(中性脂肪)を下げる働きがあります。HDLコレステロールの低値はトリグリセライド(中性脂肪)の高値と連動することが多く、その要因は、肥満や喫煙・運動不足です。運動や減量・禁煙によりHDLコレステロールの上昇が見込まれます。また飲酒には、HDLコレステロールを高くする働きがありますが、飲酒は1合からでも高血圧や肝障害を悪化させますので、HDLコレステロールを上昇させるために飲酒を勧めることはできません。

 

脂質異常症のよくある質問

Q.コレステロールの薬は一度服用を始めると、ずっと飲み続けなければいけませんか?

A. LDL コレステロール値が高いと動脈硬化が進み、心筋梗塞などのリスクが高まると言われています。適切な食事療法と運動療法を続けることでお薬を飲まなくてもよくなることもあります。また、高齢になると自然と食事量が減りコレステロールの数値が改善してお薬が中止になる場合があります。

Q.祖父も母もコレステロールの薬を服用しています。遺伝しますか?

A. 家族性高コレステロール血症と言って頻度は多くありませんが遺伝するタイプがあります。「家族の中に 50 代で心筋梗塞になった人がいる」、「検診で初めて異常を指摘されたときLDLコレステロールが180mg/dl以上あった」、「アキレス腱が肥厚している」などの症状がある場合はこの病気を疑います。通常の脂質異常症は、親子で体形や体質が似ていると発症しやすい傾向があります。それは遺伝的要素ではなく、食事内容の偏りや食べすぎ、運動不足など、似たような生活習慣により発症します。

Q.コレステロールの下げすぎはよくないのですか? 基準値より低い場合の注意事項はありますか?

A. 通常の治療の範囲内でコレステロールを下げるのは問題ありません。がんなど他の病気が隠れている場合は、低コレステロール血症になってしまうことがあります。血液検査で経過をみながら急激な低下がないかみていく必要があります。コレステロールは本来、細胞を形成する成分として必要な物質です。コレステロール値を気にし過ぎて食事量や栄養素が不足してしまう
と、「体力がなく、なんだかだるい」、「元気がない」などの症状が出る場合があります。適切なカロリーの範囲でバランスよく食事をとるとよいでしょう。

Q.薬を飲み始めるとどのくらいで効果が出ますか?

A. 効果の出方は個人差がありますので定期的に血液検査を行い、数値が改善したかをみていきます。薬が開始になったことで安心して食べすぎてしまったり、運動不足があるとなかなか効果が出にくい場合があります。まずは生活習慣を見直し、忘れずにお薬を飲みましょう。

Q.中性脂肪だけが高い場合でも薬は飲んだ方がいいですか?

A. 中性脂肪が、500mg/dl を超える場合は膵臓が炎症を起こしてしまう危険性がありますので注意が必要です。中性脂肪は食
事の影響を受けやすいので、甘い物や炭水化物の摂り過ぎに注意しましょう。カロリーオーバーにならないようにバランスよく食べることが大切です。食事と運動に気をつけ、血液検査で経過をみて数値が下がらない場合は飲んだ方がいいでしょう。

Q.週刊誌に「コレステロールが高いほうが長生きする」とのっていましたが本当ですか?

A. しっかり食事がとれる健康な方は長生きすると言えるでしょう。しかし、コレステロールが基準値より高すぎる場合は、動脈硬化が進み心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。コレステロールが高いほうが長生きするわけではありません。

Q.薬を飲んでも、食事に気をつけてもなかなか数値が改善しません。何がいけないのでしょうか?

A. 脂っこい食べ物を控えるのは効果的です。しかし、油ばかりを気にしていても数値が下がらないことがあります。ごはんや麺類などの糖類やお菓子類も中性脂肪を上げてしまいます。自分なりに気をつけているつもりでも、カロリーがオーバーしていたり、栄養バランスが悪くなっているのかもしれません。

 

内科の疾患

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 風疹

  2. 単純性血管腫

  3. お子様の歯の治療について

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP