てんかん

てんかん

脳の神経細胞(ニューロン)は、その数は数百億ともいわれますが、基本的に電気的活動を行っているため、強い電気刺激により異常で過剰な電気活動(電気発射)を起こす性質があります。「てんかん発作」は、このニューロンの電気発射が外部からの刺激なしに自発的に起こる現象を指し、また「てんかん」は、この「てんかん発作」をくりかえし起こすことを特徴とする病気です。てんかんは、原因が不明な「特発性てんかん」と、頭部外傷、脳卒中、脳腫瘍、アルツハイマー病など原因が明らかな「症候性てんかん」に分けられます。乳幼児から、小児、学童、思春期、成人、高齢者のいずれの年齢層でも発症しますが、特に小児と高齢者で発症率が高いといわれています。重症度は千差万別で、小児期に発病し数年に一度程度の発作で成人になれば完治してしまう良性の特発性てんかんがある一方、頻繁に発作をくりかえし様々な脳機能障害が進行する難治の症候性てんかんもあります。しかし全体としては、60~70%の患者さんは抗てんかん薬の服用で発作は止まり、大半の患者さんは支障なく通常の社会生活をおくることができます。また薬で発作が抑制されない場合でも、外科手術で発作が完治することや症状が軽くなることがあります。

てんかんのサイン・症状

「てんかん発作」の症状は、脳のどの範囲で異常な電気発射が起こるかにより多彩です。たとえば脳の一部で起こった場合(部分発作)では、光がチカチカ見える、手がピクピク動くなど、患者さん自身が感じられる様々な症状を示すことがあります。電気発射がさらに広がると、患者さん自身は発作の間意識がなくなり周囲の状況がわからない状態となります。一点を凝視して動作が止まって応答がなくなるなどの目立たない症状が出現します。電気発射が脳全体に広がると、全身のけいれん発作になります。脳全体が一気に興奮する発作(全般発作)では、体の一部あるいは全体が一瞬ピクンと動くミオクロニー発作や、突然体の力が抜けバタンと倒れる脱力発作、ボーっとする欠神発作などの症状や、全身のけいれん発作が起きます。

てんかんの診断と治療

てんかんは、一旦診断されるとその後長期間服薬を必要とすることが多いため、初期診断で、本当にてんかんなのかどうか、ほかに治療が必要な原因はないのかを見極めたうえで、長期的な治療の見通しを立てることが大切です。てんかんの診断には何よりも発作症状がてんかん発作として矛盾しないのか、部分発作なのか全般発作なのかといった発作症状に関する問診を詳しく行うことが何よりも重要です。そのため、本人は勿論、発作を目撃した人からの情報も診察には重要です。問診以外にも脳波とMRI検査を行い、てんかんの診断と原因を確認することがあります。発作で意識が消失することは、患者さんにとって社会生活上最も大きな障害となる症状で、事故にあう危険はもちろん、就労や就学、あるいは自動車運転などに際し大きなハンディキャップとなります。従っててんかんの治療は、てんかん発作の抑制、特に生活に支障を与える発作の回数をいかに減らせるかが主要な目標となります。具体的な治療方法としては、抗てんかん薬の調整が主ですが、自己判断で薬を中断しないことが、発作を防ぐうえで重要です。また、中には先に述べたとおり外科治療で完治を期待できる場合もあり、早期に適切な診断を行うことも大切なことです。

 

てんかんのよくある質問

Q.てんかんは遺伝しますか?

A.少数の遺伝子異常の関係しているてんかん症候群を除き、てんかんが遺伝する可能性は多くありません。「てんかん発作の起こりやすい体質」は遺伝する可能性がありますが、この場合でもてんかんを引き起こす色々な因子が重なって発症すると考えられます。また、脳の損傷によって起こるてんかん(症候性てんかん)は遺伝しません。

Q.てんかんは治る病気ですか?

A.てんかん発作の70〜80%は抗てんかん薬や外科治療によって止めることができるといわれていますが、てんかんのタイプによって治りやすいものと治りにくいものがあります。てんかんは一人一人異なっていますので、例外もありえます。今後の見通しについては主治医に尋ねてみましょう。

Q.てんかんのある人は予防接種をしても大丈夫ですか?

A.1994年に予防接種法が改正され、発作が抑制されている(最後の発作から2~3ヵ月程度経過している)など、すべての条件を満たしていれば接種してよいことになりました。しかし患者さんにより条件や状況が異なるため、接種にあたっては事前に主治医とよく相談してください。

Q.てんかんは誰でもなる可能性のある病気ですか?

A.てんかん発作は脳の神経細胞(ニューロン)に突然発生する激しい電気的な興奮により起こります。乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で発病する可能性があり、特に小児と高齢者で発症率が高く、人口100人のうち0.5~1人(0.5~1%)が発病するといわれています。なお、日本では約100万人のてんかん患者さんが存在します。

Q.てんかんが発病する原因はありますか?

A.脳には体に張りめぐらされた神経細胞が集合しており、その神経の中を通る電気信号が何らかの原因で過剰に発生すると脳の機能が乱れ、体の動きがコントロールできなくなります。
てんかんの原因は様々ありますが、原因が不明の場合は「特発性てんかん」、脳に障害が起きたり、脳の一部に傷がつくなど明らかな原因がある場合は「症候性てんかん」と呼ばれます。

Q.寝るときだけに起こるてんかん発作って?

A.人によって、睡眠中にだけ発作を起こす人と、目覚めているときにだけ発作を起こす人、睡眠中も覚醒中もともに発作を起こす人がいます。寝入りばなや、明け方など浅い睡眠のときには、比較的発作が起こりやすいとされています。
寝ているときの発作は寝ぼけていると間違われたり、てんかん以外の病気と判断されたりすることがあります。

Q.てんかんが起こる前兆はどんなものがありますか?

A.てんかんの前兆とは「発作の起こり始めに自覚する症状」を意味します。したがって、前兆とは発作の初期症状と考えることもでき、どのような前兆が起こるかによって発作の起こる部位を特定する大切なサインとなります。そのため、その人の前兆症状はいつも同じ症状であることが多いです。
身体感覚症状:手足がピリピリする、感覚がなくなる、電気が走るような感じがする、手足が熱い、冷たいなど、さまざまな感覚が起こります。
視覚症状:点や円形など、いろいろな形や、色が見える。ぼやけて見える、ゆがんで見える、一部が見えなくなる、などがあります。
聴覚症状:ブンブン、カンカンという、機械の音がする、といった単純な音から、人の声が聞こえる、といった複雑な内容のこともあります。

Q.薬を飲み続ける必要はありますか?

A.抗てんかん薬の治療を中止できる目安は、少なくとも、①発作が2年以上起きていない、②脳波が正常になっていること、が必要とされています。
抗てんかん薬は、急にやめると発作が突然再発する可能性があるので、中止する場合は少しずつ減量していく必要があります。ただ、上記の①②をクリアしているからといって、自己判断で中止するのは危険です。まずは、主治医に相談して判断に従うようにしましょう。

Q.てんかんのある人は車の運転をしてはいけないのですか?

A.2014年6月1日から改正道路交通法(以下、道交法と略す)の運用が始まり、道交法の中にてんかんに関連する記載が見られます。 その要点はつぎのとおりです。てんかんがある人の場合、運転免許の取得には医師の許可が必要となります。免許の更新時にも同様に毎回医師の診断書が必要となります。更に睡眠中のみの発作や、運転に支障を及ぼすおそれのない発作など例外的な場合を除いて、2年以内に発作を発現したことが一度でもあると道交法上運転はできなくなります。自動車運転に関係して以下の事柄をご確認の上法令遵守に心がけてください。なお、抗てんかん薬の使用によって、自動車運転に注意が必要な場合がありますので、そのような場合、主治医にご相談ください。

 

内科の疾患

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 突発性発疹症

  2. 疥癬

  3. 乾燥肌の改善

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP