慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患

肺の生活習慣病とも言われている「COPD」とは、Chronic Obstructive Pulmonary Diseaseの略で、肺気腫や慢性気管支炎も合わせた、慢性閉塞性肺疾患という病気のことです。気管支が炎症を起こしたり肺胞が破壊されて肺機能が低下し、悪化するとせき・たん・息切れが強くなり生活に支障をきたします。せきや呼吸困難などの症状は気管支喘息と似ていますが、進行性であるという点で異なります。日本では約530万人を超える患者数がいると言われており、年々死亡者数が増えています。あまり知られていない病気であることから、適切な治療を受けているのは22万人ほどとなっています。

原因と症状

最大の原因は喫煙ですが、粉じん、大気汚染や乳幼児期の呼吸器感染、遺伝なども原因としてあげられ、受動喫煙も発症の原因となります。たばこの煙や化学物質などの有害物質の吸引によって、気管支の組織が炎症を起こし、たんが溜まることで空気が通りにくくなります。また、肺胞が破壊されて酸素をうまくとりこめなくなってしまいます。次のような症状がある方は、COPDの可能性があります。
・少しの動作で息切れしやすい
・一日に何度もせきが出る
・黄色や粘り気のあるたんが出る
・呼吸をする時にゼイゼイ・ヒューヒューと変な音がする

COPDの診断

上記の自覚症状がある人は、かかりつけ医か呼吸器科の受診をおすすめします。特に喫煙歴が10年以上ある人、40代以上の人はリスクが高いので、早めに受診しましょう。診断には「スパイロメーター」という機器で呼吸機能検査を行います。これは、思い切り呼吸をしたときの呼吸効率を測定するもので、機種によっては「肺年齢」として数値が出るものもあります。また、CTなどの画像診断も、肺の状態を知るのに役立ちます。

治療は、まず禁煙!

まずは禁煙です。いったん低下した肺の機能回復は困難ですが、禁煙と薬物治療によって悪化を防ぎ、生活をスムーズにできます。薬物療法には、気管支を拡げて呼吸を楽にする気管支拡張薬(吸入薬、貼り薬、内服薬)があり、重症者には酸素を供給する器具を使用するなど、酸素療法で呼吸をサポートします。呼吸をするだけでも身体に負担がかかり体力の消耗が激しいCOPDの方にとって感染症は大敵です。手洗いや予防接種などで予防を心がけましょう。

 

慢性閉塞性肺疾患のよくある質問

Q.COPDはぜん息と症状が似ているようですが、違いはどこにあるのでしょうか?

A.COPDは、気管支や肺胞などの肺組織に障害が起こり、呼吸機能が徐々に低下する病気です。高齢者に多くみられ、患者数は世界的に増加しています。
COPDの症状は、せきや”>タンの持続にはじまり、重症化してくると息切れ(呼吸困難)を起こすようになります。ありふれた症状がゆっくりと進行するため、気づいたときには重症化しているケースも少なくありません。COPDの最大の原因は喫煙(受動喫煙を含む)です。たばこの有害物質を吸い込むことで肺が慢性的な炎症状態となり、気管支が細くなったり、肺胞が破壊されたりして、肺に十分な酸素をとり込めなくなるのです。たばこ以外の有害物質やウイルス感染、加齢なども原因となりえます。
ぜん息も、気管支が慢性的な炎症を起こして細くなり、呼吸機能が妨げられるという点ではCOPDと共通していますが、発症や悪化の大きな要因としてアレルギーが関与するケースが多いのが、COPDと異なるところです。また、ぜん息では症状悪化による呼吸困難が発作的に起こり、発作が治まれば呼吸機能も正常に戻るのに対して、COPDではいったんダメージを受けた肺組織は回復せず、呼吸機能が完全に元に戻ることはありません。この点もCOPDとぜん息の大きな違いです。

Q.タンの色が黄味を帯びてきたのですが、何か問題はありますか?

A.気道には粘液を分泌する細胞(杯細胞)があり、分泌された粘液が気道の乾燥を防いでいます。また、吸い込んだ空気には、ほこりや微生物が含まれており、粘液はこれらをとらえて気道の奥に侵入することも防いでいます。粘液の分泌が増えたり粘稠度が増すと、空気の通り道である気道にたまり、せきをするとタンとして喀出されます。タンが気道をふさぐと空気の流れが悪くなり息苦しさや違和感を感じることがあります。
一方で、タンは肺のさまざまな細胞や吸い込んだ微生物を含んでおり、気道や肺の状態を知る上で大切な情報を与えてくれます。通常、タンは白く透明で、気管支ぜん息の患者さんでは、「白く粘り気のあるタンが増えた」という症状を訴えることがあります。気道の杯細胞が増えて粘液の分泌が多くなっていることが考えられます。タンの色が黄味を帯びるのは、白血球の中の好中球に多量に含まれるペルオキシダーゼと呼ばれる酵素の色調のためです。好中球は炎症の過程で最初に動員される細胞で、その原因として最も頻度が高いのは感染です。したがって「タンの色が黄味を帯びてきた」ということは「気道感染」を合併した可能性があるのです。これを放置すると息苦しさが強くなったり、肺炎にまで進行して入院しなければならなくなる危険性があります。慢性の呼吸器疾患の患者さんにとっては、病状が悪化する危険な前兆として大切な所見です。早めにかかりつけ医の診察を受けて、抗生物質の内服治療を行ってください。ふだんからご自分のタンの量や色調を観察することで、病状の悪化を未然に防ぐことができるのです。

Q.肺機能で1秒率が低下しているといわれました。どういうことでしょうか??

A.1秒率は、肺機能を調べる指標の一つです。深く息を吸って一気に吐き出した空気量(これを努力性肺活量といいます)に対し、最初の1秒間で吐き出した量(1秒量)の割合を示したものです。70%以上が正常ですが、1秒率が低下している場合は閉塞性換気障害(気管支が狭くなっているために起こる呼吸機能障害)が疑われます。閉塞性換気障害には、気管支ぜん息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などがありますが、どの疾患も気管支が狭くなっているので、一気に息を吐き出すことができず1 秒率が低下するのです。つまり呼吸しにくい状態であることを意味しています。
気管支ぜん息の場合は、1秒率が低下している状態(発作時)で発作治療薬(β2 刺激薬)を吸入すると、1秒率が改善します。気管支が広がって呼吸しやすい状態になったからです。
一方、COPDの場合、1秒率の改善は残念ながら望めません。しかしながら、喫煙をされている方は禁煙することで、残された肺機能を生かし、1秒率の急激な低下を防ぐことが治療のポイントとなります。

Q.COPD の全身併存症(合併してくる病気)には何がありますか?

A.COPD が進行するにつれ様々な併存症が生じ、それらが COPD の重症度や日常生活の活動度に影響を及ぼすことがわかってきました。そのため、COPD を肺だけの病気ではなく全身の病気としてとらえ、包括的に治療していくことが重要とされています。全身併存症として、栄養障害、心臓・血管系の病気、消化器系の病気、骨粗しょう症、抑うつ、睡眠障害などがあり、その個々の病態に適した治療・管理が必要です。

 

内科の疾患

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 好酸球性筋膜炎

  2. 結節性硬化症

  3. 突発性発疹症

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP