胃腸炎

胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)

胃腸炎はウイルスや細菌などの病原体に感染することで発症します。どのような症状か、またどの程度の強さかは、体内に入った微生物の種類と量によって異なり、感染した病原体によってウイルス性胃腸炎と細菌性胃腸炎に大別されます。通常、健康な成人で胃腸炎が重篤となることはなく、不快感と不便が生じるだけですが、重い病気にかかっていたり衰弱している人、小児や高齢の人では、脱水や電解質平衡異常が起こり、生命を脅かすことがあります。

・ウイルス性胃腸炎

ウイルス性胃腸炎の病原体としては主にノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスが多いとされていますが、その他にもアストロウイルス、コロナウイルス、コクサッキーウイルスなどの胃腸炎もあります。

・細菌性胃腸炎

感染性胃腸炎の原因はウイルス性であることがほとんどですが、細菌への感染が原因となって発症する場合があります。症状は、腹痛、下痢、血便などの下腹部症状で、おう吐を伴うこともあります。
病原体は、病原性大腸菌、サルモネラ菌、カンピロバクター、エルシニアなどで、小児でも発症がみられます。

胃腸炎の治療方法

おう吐・下痢をしているときは電解質や糖がバランスよく配合された経口補水液を口から補給し、脱水や低血糖を防ぐことが必要です。また、症状などに応じて抗生物質が投与されることもあります。下痢が激しい場合でも、必要以上の下痢止めの投与はウイルスが排泄されず、かえって病状が長引くことがあるので整腸薬を用いることが比較的有効です。おう吐・下痢がひどく脱水が強い場合は点滴、発熱や腹痛がある場合は解熱鎮痛剤といったように、症状を緩和する治療を行いながら、基本的には自然に回復するのを待ちます。

 

胃腸炎のよくある質問

Q.薬が効かない場合はどうしたらいいですか??

A.処方してもらった医療機関を再度受診し、医師に相談して薬を調整してもらう必要があるかもしれません。
薬はすぐに効かないことも多いので、数日は続けて様子を見ることも大事です。

Q.一般的にどのような薬を飲んで治療しますか? 副作用はありますか?

A.吐き気や嘔吐には吐き気止め、下痢には整腸剤を使用します。
なお、原因ウイルスを体の外に排除することで自然と治っていく病気のため、下痢止めはあまり使用しません。

Q.薬はいつまで飲むのでしょうか?ずっと飲み続けなくてはいけないのでしょうか?

A.症状がよくなってくれば、服薬は中止して問題ありません。

Q.ウイルス性胃腸炎を放置するとどうなりますか?

A.ウイルスは嘔吐や下痢といった消化器の症状によって、時間の経過とともに体の外に排除されていきます。
これにともなって自然と治ることが多いですが、水分も摂取できないほどの症状だと、脱水を引き起こすなど重症化してしまうこともあります。

Q.嘔吐したときは、どのような応急処置をするといいでしょうか?

A.嘔吐してすぐに口から水分や食べ物を入れようとすると、さらに症状が悪化することもあるため、しばらく時間を空けて胃腸を休ませましょう。
また、嘔吐物は口の中からすべて取り去って、誤嚥(ごえん:飲み込んだものが気道に入ってしまうこと)が起こらないようにすることも大切です。
吐き気や嘔吐が十分に落ち着いたら、ゆっくりと水分補給をし、その後少しずつ固形物をとるようにしましょう。

Q.ノロウイルスによる胃腸炎はどのようなものですか?

A.ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口で感染し、ヒトの腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。健康な方は軽症で回復しますが、子どもやお年寄りなどでは重症化したり、吐ぶつを誤って気道に詰まらせて死亡することがあります。ノロウイルスについてはワクチンがなく、また、治療は輸液などの対症療法に限られます。

Q.ノロウイルスはどうやって感染するのですか?

A.このウイルスの感染経路はほとんどが経口感染で、次のような感染様式があると考えられています。
(1)患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐ぶつから人の手などを介して二次感染した場合
(2)家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒトへ飛沫感染等直接感染する場合
(3)食品取扱者(食品の製造等に従事する者、飲食店における調理従事者、家庭で調理を行う者などが含まれます。)が感染しており、その者を介して汚染した食品を食べた場合
(4)汚染されていた二枚貝を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
(5)ノロウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合

Q.ノロウイルスに感染するとどんな症状になるのですか?

A.潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これらの症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。

Q.ノロウイルスが発症した場合の治療法はありますか?

A.現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。このため、通常、対症療法が行われます。特に、体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を充分に行いましょう。脱水症状がひどい場合には病院で輸液を行うなどの治療が必要になります。止しゃ薬(いわゆる下痢止め薬)は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しないことが望ましいでしょう。

 

内科の疾患

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. かぶれ(接触性皮膚炎)の治療

  2. アルツハイマー病

  3. ケロイド

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP