胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)

胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)
ウイルスや細菌などの病原体に感染することで発症します。どのような症状か、またどの程度の強さかは、体内に入った微生物の種類と量によって異なり、感染した病原体によってウイルス性胃腸炎と細菌性胃腸炎に大別されます。通常、健康な成人で胃腸炎が重篤となることはなく、不快感と不便が生じるだけですが、重い病気にかかっていたり衰弱している人、小児や高齢の人では、脱水や電解質平衡異常が起こり、生命を脅かすことがあります。

・ウイルス性胃腸炎
ウイルス性胃腸炎の病原体としては主にノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルスが多いとされていますが、その他にもアストロウイルス、コロナウイルス、コクサッキーウイルスなどの胃腸炎もあります。

・細菌性胃腸炎
感染性胃腸炎の原因はウイルス性であることがほとんどですが、細菌への感染が原因となって発症する場合があります。症状は、腹痛、下痢、血便などの下腹部症状で、おう吐を伴うこともあります。
病原体は、病原性大腸菌、サルモネラ菌、カンピロバクター、エルシニアなどで、小児でも発症がみられます。

治療方法
おう吐・下痢をしているときは電解質や糖がバランスよく配合された経口補水液を口から補給し、脱水や低血糖を防ぐことが必要です。また、症状などに応じて抗生物質が投与されることもあります。下痢が激しい場合でも、必要以上の下痢止めの投与はウイルスが排泄されず、かえって病状が長引くことがあるので整腸薬を用いることが比較的有効です。おう吐・下痢がひどく脱水が強い場合は点滴、発熱や腹痛がある場合は解熱鎮痛剤といったように、症状を緩和する治療を行いながら、基本的には自然に回復するのを待ちます。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 慢性閉塞性肺疾患

  2. 徐脈性不整脈

  3. にきびの治療

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP