パーキンソン病

パーキンソン病
パーキンソン病は大脳の下にある中脳の黒質ドパミン神経細胞が減少して、体が動きにくくなったり、ふるえが起こる病気です。パーキンソン病の4徴とは、静止時振戦、筋肉が固くなる筋固縮、動作が鈍くなる無動または寡動、転びやすくなる姿勢保持障害を言います。これらの運動症状のほかには、便秘や頻尿、発汗、易疲労性(疲れやすいこと)、嗅覚の低下、起立性低血圧(立ちくらみ)、気分が晴れない(うつ)、興味が薄れたり意欲が低下する(アパシー)などの症状も起こることがあります。

【静止時振戦】
手、足、あごなどがふるえます。
このふるえは、静止時にふるえ、何aをするために手を動かすとふるえは止まります。
【筋固縮】
筋肉が固くなります。パーキンソン病患者の手足を曲げるとガクガクとした抵抗を感じます。
【無動】
全身の動作が鈍くなります。動き出すのに時間がかかり、ゆっくりとしか動けません。
【姿勢保持障害】
体のバランスが悪くなり、倒れやすくなります。座ったり、立ったり、姿勢を保ったりすることが困難になります。

ほとんどが遺伝歴のない孤発型です。加齢が重要な危険因子ですが、5-10%に認められる遺伝性パーキンソン病もあり、その一部は20歳よりも若くして発症するものもあります。中高年以上で発症すると思われがちですが、若年発症のパーキンソン病も存在します。10万人あたり100-150人前後ですが、60歳を越えるとその罹患率が増加します。症状や経過からパーキンソン病を疑ったら、MIBG心筋シンチやダットスキャンといった核医学検査や頭部MRI検査などを行い診断します。検査ができない場合は、ドパミン補充療法にて症状が改善するかどうかを確認する場合もあります。 治療の基本は薬物療法です。ドパミン神経細胞が減少するため少なくなったドパミンを補います。ドパミン自体を飲んでも脳へは移行しないため、ドパミン前駆物質のL-dopa(レボドパ)を服用します。他にもドパミン作動薬、MAO-B阻害剤、抗コリン剤、アデノシンA2a受容体拮抗剤、COMT阻害剤、ゾニサミド、塩酸アマンタジン、ドロキシドパがあります。早期は比較的反応も良好で十分コントロール出来ますが、進行期になるとウェアリングオフ(L-dopaが効いている時間が短くなる現象で、1日の中で症状がよくなる時間帯や悪くなる時間帯が出てきます)、ジスキネジア(薬が効きすぎて手足が勝手に動いてしまう現象です)が問題となります。また、内服で症状のコントロールが困難な場合や、副作用のため必要な量を飲むことができない場合には、手術(脳深部刺激療法)を行うことがあります。日常生活においては、運動療法、特にストレッチは姿勢の維持に役立ちます。パーキンソン病では前かがみや斜め横になる姿勢が起こりやすくなります。自分ではまっすぐと感じる姿勢が、実際には斜めになっていることが少なくありませんので、できるだけ鏡を見て姿勢を良くしましょう。自分では大丈夫と思っていても転倒が起こりやすいので、躓くようなものは片付け早めに手すりを付けます。 パーキンソン病は一般医より専門家がフォローする方が、生命予後が良いというデータもありますので、診断が疑われるときは早めに脳神経内科を受診しましょう。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 訪問歯科診療について

  2. 歯科自費診療料金表

  3. 脂質異常症

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP