咽頭炎

咽頭炎
咽頭炎とは、喉の奥、咽頭で炎症が起こっている状態です。咽頭は、鼻・口から入った空気が直接触れる部位ですので、感染・炎症を起こしやすく、注意が必要です。

急性咽頭炎
細菌・ウイルスが咽頭で感染を起こし、急性の炎症を起こしている状態です。喉の痛みや発熱、首のリンパ節の腫れなどの症状を伴います。

上咽頭炎
咽頭は、上咽頭、中咽頭、下咽頭に分けられます。口を開けたときに正面から見える壁が、おおよそ中咽頭にあたり、それより上を上咽頭と呼びます。上咽頭で炎症を起こした場合には、急性中耳炎、滲出性中耳炎、耳管狭窄症といった耳の病気の原因になることもあります。

咽頭炎の原因
細菌・ウイルスへの感染が主な原因です。そのため、“のど風邪”とも呼ばれます。特に、過労・寝不足などにより抵抗力が落ちているとき、季節の変わり目に発症しやすい病気です。

咽頭炎の症状
喉の痛み(特に物を飲み込むとき)、痰が出る、発熱、頭痛、関節痛、倦怠感、首のリンパ節の腫れ

咽頭炎の治療
抗菌薬、消炎鎮痛剤、去痰剤などによる薬物治療を行います。また、ネブライザー療法も有効です。炎症が強く現れている場合には、点滴治療が必要になることもあります。喉の炎症を悪化させないよう、食事では刺激物を避けましょう。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 帯状疱疹(ヘルペス)・帯状疱疹後神経痛の治療

  2. 歯周病(歯槽膿漏)の治療・予防

  3. フッ素塗布について

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP