咽頭炎

咽頭炎

咽頭炎とは、喉の奥、咽頭で炎症が起こっている状態です。咽頭は、鼻・口から入った空気が直接触れる部位ですので、感染・炎症を起こしやすく、注意が必要です。

急性咽頭炎

細菌・ウイルスが咽頭で感染を起こし、急性の炎症を起こしている状態です。喉の痛みや発熱、首のリンパ節の腫れなどの症状を伴います。

上咽頭炎

咽頭は、上咽頭、中咽頭、下咽頭に分けられます。口を開けたときに正面から見える壁が、おおよそ中咽頭にあたり、それより上を上咽頭と呼びます。上咽頭で炎症を起こした場合には、急性中耳炎、滲出性中耳炎、耳管狭窄症といった耳の病気の原因になることもあります。

咽頭炎の原因

細菌・ウイルスへの感染が主な原因です。そのため、“のど風邪”とも呼ばれます。特に、過労・寝不足などにより抵抗力が落ちているとき、季節の変わり目に発症しやすい病気です。

咽頭炎の症状

喉の痛み(特に物を飲み込むとき)、痰が出る、発熱、頭痛、関節痛、倦怠感、首のリンパ節の腫れ

咽頭炎の治療

抗菌薬、消炎鎮痛剤、去痰剤などによる薬物治療を行います。また、ネブライザー療法も有効です。炎症が強く現れている場合には、点滴治療が必要になることもあります。喉の炎症を悪化させないよう、食事では刺激物を避けましょう。

 

咽頭炎のよくある質問

Q.喉がすごくかゆくて激しくせきこみます。咽頭炎でしょうか?

A.風邪のウイルスが原因の急性咽頭炎の可能性が高いと思います。 喉の奥の赤いものは、リンパ濾胞か粘膜が強く炎症を起こしたものと思われます。
タバコなど刺激物は避け、うがいやトローチで様子をみられて、症状が強いようでしたら鎮咳剤や鎮痛剤、時に抗生剤を処方してもらった方がよいでしょう。
たまにアレルギーでも強い咽頭炎を起こすこともありますが。
とにかく喉を乾燥させないことが肝要で、水分も多く摂ってください。

Q.喉の痛みにつながる日常生活上の原因としては、何が考えられますか??

A.以下のようなことが原因で喉に慢性的な炎症が生じて、喉の軽い痛みや違和感が出ることがあります。
声の出しすぎ
乾燥
喫煙
飲酒や熱い飲食物の摂取

Q.喉の痛みに発熱が伴わない場合、原因となる病気には何がありますか?

A.喉の炎症が慢性化した状態を「慢性咽喉頭炎」と呼びます。
慢性咽喉頭炎では、喉の軽い痛みや違和感を生じますが、発熱は起こりません。
喫煙
飲酒
後鼻漏(鼻水が喉に降りてくること)
逆流性食道炎
などが原因となることが多いです。
また、神経痛では、発熱や喉の腫れがなくても電撃的な強い痛みが生じます。
その他、がんや心臓の病気などでも、発熱を伴わない喉の痛みが生じることがあります。
心配であれば一度医療機関を受診してみてください。

Q.食事や運動など、日常生活の中でできる対策はありますか?

A.以下の対策をすることで、症状が改善することがあります。
喉の安静
空気の保湿
禁煙
禁酒
刺激物を避ける

Q.喉の痛みにのど飴は有効ですか?

A.喉の痛みの原因が声の出しすぎや喉の乾燥などである場合には、のど飴による症状の軽減が期待できることがあります。
のど飴を舐めることで唾液が分泌され、傷んだ喉の粘膜が保護されて修復が促進します。

Q.喉の痛みにはちみつは有効ですか?

A.はちみつは、喉の痛みや咳などの気道の症状の緩和のために、古くから民間療法で用いられています。
実際に、気道の症状に対するはちみつの効果を示した研究もあります。
ただし、1歳未満の子供には、乳児ボツリヌス症を引き起こす危険性があるため、はちみつを与えないでください。

Q.喉の痛みにロキソニンは有効ですか?

A.ロキソニンは、痛みや発熱、炎症を起こす物質が体内で作られるのを防ぐことで、鎮痛・解熱・抗炎症作用をもたらします。
発熱や生理痛、頭痛、喉の痛み、歯の痛みなどさまざまな症状に使用できます。
ただし、子どもの使用に関しては安全性が確立しておらず、使用すべきでないとされています。

 

内科の疾患

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. あざ

  2. 中毒性表皮壊死症

  3. HIFUウルトラフォーマーⅢ

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP