慢性腎臓病

慢性腎臓病
慢性腎臓病(CKD)は、chronic kidney diseaseの頭文字をとったもので、慢性に経過するすべての腎臓病を指します。尿や血液、腹部超音波やCTなど病院や健康診断で行う検査で腎臓の機能に異常が見られ、その状態が3カ月以上続いている場合に診断される病気です。世界でもトップレベルの長寿国となった日本ですが、その一方でCKDは増え続け、成人の8人に1人が該当するといわれています。さらにメタボリックシンドロームとの関連が深く、誰にでもかかる身近な病気になっています。

CKDってどんな病気なの?
⇒腎障害や腎機能の低下が3カ月以上続いている状態です
CKDは慢性に経過する全ての腎臓病のことです。日本国内の患者数は1,330万人と推測され、新たな国民病とまで言われています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や慢性腎炎、加齢などさまざまな原因で腎臓の機能が低下してしまった状態がCKDです。例えば糖尿病になると、腎臓の中の血流バランスが崩れ、繊細な糸球体に過度な圧力がかかり、ダメージを受けます。尿にタンパク質が混じるようになり、この状態が長く続くと、糸球体が少しずつ壊れていき、十分に尿をつくることができなくなってしまいます。その結果、余分な水分や塩分、老廃物が体内に蓄積されてしまうのです。

CKDが進行するとどんな症状がでるの?
⇒進行するにつれ、夜間の尿が増えたり、疲労感、貧血、むくんだりする症状が出てきます
CKDの初期には自覚症状が全くないことがほとんどです。それが患者を増加させている原因とも指摘されています。腎臓は一定のレベルまで悪くなってしまうと、自然に治ることはありません。自覚症状がないだけに知らないうちにどんどん進行してしまうのです。進行すると現れる症状としては、夜間の尿が増えたり、立ちくらみや貧血を起こしたり、手足のむくみや疲労感、息切れなどがあります。ただ、こうした症状を自覚するようなら、すでにCKDがかなり進行して重度腎不全になっている可能性が考えられます。

糖尿病が原因でCKDになるの?
⇒糖尿病が長く続くと腎臓が傷つき、CKDになることがあります
血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなった“高血糖状態”が続く糖尿病を長く患っていると、全身の血管だけでなく腎臓もダメージを受けてしまいます。糖尿病が10年近く続くと、尿の中に普段は出てこないアルブミンが混じってしまうことがあります。アルブミンは血液中にあるたんぱく質の主成分で、これが尿に漏れ出すとたんぱく尿となります。初めはアルブミンもごく微量な濃度で出ているので特殊な検査で調べます。しかし、微量のまま長く放置しているとアルブミンの量が増えて、そのうち普通のたんぱく尿になります。それ以降はたんぱく尿が短期間に増加し、大量のアルブミンが尿の中に失われるために血液中のアルブミンが不足することになります。むくみや息切れなどの自覚症状が出るようになります。たんぱく尿が大量に出ると、腎機能も低下し、初めて血清クレアチニンが高くなります。この状態を糖尿病性腎症といいます。ただし、すべての患者さんが必ずしもこのように進行するわけではありません。糖尿病性腎症は血糖や血圧をしっかりコントロールすることで、進行を遅らせることができます。早期に治療を行えば、改善も期待できるのです。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. たこ・ウオノメの治療

  2. 虫歯の治療

  3. パーキンソン病

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP