徐脈性不整脈

徐脈性不整脈とは

徐脈性不整脈は、心拍数が通常よりも遅くなる不整脈の一種です。通常、成人の安静時の心拍数は60~100回/分ですが、徐脈性不整脈では50回/分未満になります。

徐脈性不整脈は、健康な人にも見られることがありますが、心臓病や薬の副作用など、さまざまな病気が原因で起こることもあります。

徐脈性不整脈が継続する場合、めまいや失神、心不全などの重篤な症状や合併症を引き起こす可能性があります。

徐脈性不整脈の原因

徐脈性不整脈は、心臓の拍動数を制御する電気信号伝達異常心臓病、加齢など、様々な原因によって引き起こされます。

心臓の拍動は、洞結節と呼ばれる組織から発生する電気信号によって制御されています。この電気信号が何らかの原因で阻害されると、徐脈性不整脈が発生する可能性があります。

具体的には以下のような状態です。

  • 洞結節機能不全:洞結節自体が機能低下を起こし、電気信号を正常に発生できなくなる。
  • 房室ブロック:洞結節から発生した電気信号が、心房から心室へ伝達される際に障害を受ける。
  • 心室ブロック:心室内の電気信号伝達に障害が起こる。

このほかにも、薬の副作用、甲状腺機能低下症、睡眠時無呼吸症候群などの原因でも、徐脈性不整脈が発生する可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群

徐脈性不整脈の症状

徐脈性不整脈の症状は、心拍数の低下によって引き起こされます。具体的には、以下の症状が現れる可能性があります。

  • めまい・失神:脳への血流量が減少すると、めまいや失神が起こります。特に、立ち上がったときや運動中に症状が現れやすいです。
  • 疲労感:全身への酸素供給が不足すると、疲労感を感じやすくなります。
  • 息切れ:運動や活動時に、息切れがしやすくなります。
  • 胸痛:心筋への血流量が減少すると、胸痛が起こることがあります。
  • 意識障害:重度の徐脈性不整脈では、意識障害や心停止に至る可能性もあります。

上記のような症状が現れた場合は、速やかに医療機関を受診することが重要です。

特に、失神や意識障害などの重篤な症状がある場合は、緊急性の高い状態と考えられますので、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。

徐脈性不整脈の診断

徐脈性不整脈の診断は、医師による問診や診察に加えて、以下の検査によって行われます。

  • 心電図検査
    心臓の電気活動を記録する検査です。心拍数や心拍リズムだけでなく、P波、QRS波、T波などの波形異常も観察することで、徐脈性不整脈の原因を推測することができます。
  • ホルター心電図検査
    24時間連続で心電図を記録する検査です。日常生活における心拍数の変動や、不整脈の発生頻度などを調べることができます。
  • 心臓超音波検査
    心臓の構造や機能を画像で観察する検査です。心臓の形態異常や壁運動異常を評価することで、徐脈性不整脈の原因となる心臓病を診断することができます。

そのほかにも、心臓カテーテル検査や電気生理検査などの検査が行われることもあります。

徐脈性不整脈の治療

徐脈性不整脈の治療は、原因と症状によって異なります。徐脈性不整脈の原因となる病気があれば、その病気を治療することで徐脈性不整脈を改善することができます。

症状がある場合は、以下の治療法が検討されます。

  • 薬物療法
    心拍数を上げる薬(β遮断薬、カルシウム拮抗薬など)や、心臓の電気信号伝達を改善する薬(アデノシン、アトロピンなど)が使用されます。
  • ペースメーカー植え込み術
    薬物療法で効果がない場合や、重篤な症状がある場合は、ペースメーカーを植え込むことがあります。ペースメーカーは、心臓に電気刺激を与えて心拍数を一定に保つ人工心臓です。

治療方針は、医師と相談しながら、個々の患者さんの状況に合わせて決定されます。原因、症状、年齢、全身状態などを総合的に判断し、最適な治療法を選択することが重要です。

徐脈性不整脈の予防

心筋梗塞、心筋症、高血圧、糖尿病などの基礎疾患がある場合は、適切な治療を行い、病状をコントロールすることが重要です。基礎疾患の悪化は、徐脈性不整脈のリスクを高める可能性があります。

また、徐脈性不整脈のリスクが高い場合は、医師の指示に従って、予防的に薬を服用することもあります。β遮断薬やカルシウム拮抗薬などの薬は、心拍数をコントロールし、徐脈性不整脈の発生を抑制する効果があります。

このほかにも、適度な運動バランスの良い食事など、生活習慣を改善することも徐脈性不整脈のリスク軽減に役立ちます。

狭心症・心筋梗塞

まとめ

徐脈性不整脈は、心臓の拍動数が正常よりも遅くなる病気です。原因は様々ですが、心筋梗塞や心筋症などの心臓病、加齢、薬の副作用などが挙げられます。

徐脈性不整脈を予防するためには、基礎疾患の管理、生活習慣の改善、定期的な健康診断などが重要です。

もし、徐脈性不整脈について不安な点があれば、医師に相談することをおすすめします。早期発見・早期治療が、徐脈性不整脈を克服するための第一歩となります。

Q&A

Q.徐脈性不整脈とは何ですか?

心拍数が遅くなり、規則的なリズムが乱れる心臓の異常です。心臓は、通常、1分間に60〜100回拍動しますが、徐脈性不整脈では、心拍数が60未満になります。

Q.どのように診断されますか?

心電図検査やホルター心電図検査、心臓超音波検査によって診断されます。必要に応じて、心臓カテーテル検査や電気生理検査などの検査が行われることもあります。

Q.原因は何ですか?

心臓の拍動数を制御する電気信号伝達異常や心臓病、加齢、薬の副作用など、様々な原因によって引き起こされます。

Q.症状は何ですか?

症状には、めまい、失神、息切れ、胸痛、疲労感、心拍数の低下などが挙げられます。

Q.治療する方法は何ですか?

徐脈性不整脈の治療方法には、薬物療法やペースメーカー植え込み術、生活習慣の改善などがあります。

Q.徐脈性不整脈は危険ですか?

徐脈性不整脈が危険かどうかは、原因や症状によって異なります。一般的に、脈拍数が50回/分以下である場合や、めまい、失神、息切れなどの症状がある場合は、危険性が高くなります。

Q.どのように予防できますか?

予防するためには、健康的な生活習慣を維持し、心臓に負担をかけることを避けることが重要です。また、医師の指示に従い、薬剤を正しく使用することも重要です。

Q.徐脈性不整脈とスポーツの関係について教えてください。

徐脈性不整脈は、競技スポーツをする人にとって問題となることがあります。スポーツ中に心拍数が低下することがあり、徐脈性不整脈を引き起こすことがあります。

特に、耐久系のスポーツ、例えば長距離走、自転車競技、トライアスロンなどをする人に影響を与えることが多いとされています。

Q.徐脈性不整脈と食事の関係について教えてください。

徐脈性不整脈を引き起こすことがある食品には、カフェイン、アルコール、大量の砂糖や脂肪が含まれる食品などがあります。これらの食品を避けることで、徐脈性不整脈を予防することができます。

Q.徐脈性不整脈と睡眠の関係について教えてください。

徐脈性不整脈と睡眠の関係は、人によって異なりますが、睡眠中に心拍数が低下することがあり、徐脈性不整脈を引き起こすことがあります。

特に、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害を抱えている人は、徐脈性不整脈を発症する可能性が高くなります。適切な睡眠環境を整え、睡眠障害を治療することで、徐脈性不整脈を予防することができます。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
9:00-12:00
※月曜日のみ10:00-14:00
午後
13:00-18:00
※木曜日のみ13:30-18:00
中村
新福猪瀬
猪瀬猪瀬
稲垣三宅
猪瀬福井
猪瀬
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

 

内科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 肺炎

  2. 脂腺母斑

  3. 糖尿病

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP