徐脈性不整脈

徐脈性不整脈
徐脈性不整脈は脈が遅くなる不整脈です。通常1分間の脈拍は60~100回程度ですが、60回未満になることを徐脈性不整脈と言います。徐脈性不整脈を引き起こすと、脈拍は少なくなり、日常生活や運動に必要な酸素を体中に行き渡らせることができなくなるため、さまざまな症状が出てきます。

原因・症状
分類としては、主に心臓の電気信号を作る「洞結節」という部位の機能が正常に機能しなくなった「洞機能不全」と、電気刺激の伝導が障害されている「房室ブロック」があります。原因としては、加齢や心筋梗塞といった「心臓病」、または「薬剤の副作用」などが挙げられますが、多くの場合、原因は明らかではありません。症状としては、一過性に脈拍が下がると失神、眼前暗黒感(がんぜんあんこくかん:目の前が急に暗くなること)やめまいをきたし、徐脈が続くと息切れや倦怠感を生じることもあります。

検査
通常は心電図検査を行いますが、それでもわからない場合は「運動負荷心電図検査」や「長時間ホルター心電図検査」を行います。また、「心臓超音波検査」を行い、心臓の機能・構造に異常があるかどうかについても調べます。

治療
徐脈性不整脈の原因がわからない場合や原因を取り除いてもよくならない場合は、症状改善のために「ペースメーカ植込み治療」が必要です。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 水虫・爪白癬の治療

  2. ホワイトニング

  3. インフルエンザ

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP