扁桃炎

扁桃炎
扁桃は、鼻や口から体内に細菌が侵入することを防ぐ役割を果たすリンパ組織です。口蓋垂(いわゆる“のどちんこ”)の両脇、左右の舌の付け根あたりにある口蓋扁桃は、6~7歳で大きさが最大になりますが、その後は徐々に小さくなり、大人ではほとんど分からなくなります。扁桃炎とは、ここでウイルスや細菌が原因となって炎症を起こし、さまざまな症状を引き起こす病気です。

症状
症状は発熱や全身倦怠感など、風邪の諸症状に伴い、喉の痛み・物を飲み込むときに痛みを感じるようになります。扁桃炎は、両側性のことも片側性のこともあります。原因が溶連菌感染の場合は、急性糸球体腎炎やリウマチ熱などの合併症を起こしやすいとされているので、注意が必要です。急性扁桃炎が進行すると、口蓋扁桃の周囲に炎症が及び、扁桃周囲炎を生じることがあります。そこに膿がたまり、膿瘍を形成することで、扁桃周囲膿瘍となります。通常は左右どちらか一方がなり、症状としては食事ができない、あるいは水も飲めないほどの痛みがあり、 高熱などの症状が現れます。さらに、膿瘍が進展すると頚部(首)が腫れてきて、口も開けにくくなります。このような扁桃炎を何度も繰り返すと、慢性化し習慣性扁桃炎となります。

扁桃炎の治療法
ウイルス性の場合は対症療法、細菌性の場合は主に抗菌薬が用いられます。食事が取れるのであれば、抗菌薬等の内服でも治療可能ですが、食事が取れない場合は、入院の上、抗菌薬の点滴をします。扁桃周囲膿瘍まで進行してしまうと、抗菌薬投与とともに、膿がたまった口蓋扁桃の周囲を穿刺(せんし)や切開することで、排膿を試みます。扁桃炎の再発頻度が高い(年に3~4回以上)場合は、扁桃摘出術が最適な治療法です。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. にきびの治療

  2. かぶれ(接触性皮膚炎)の治療

  3. 狭心症・心筋梗塞

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP