動脈硬化症

動脈硬化症
血管には大きくわけて動脈、静脈、細小動脈、毛細血管の4つがあります。このうち動脈は、心臓から血液を全身に送り届け、酸素や栄養分を運搬する役割を担っています。動脈は、内膜、中膜、外膜の3層からなるパイプのような構造で、心臓から送り出された血液は、約20秒で全身に届けられます。心臓から勢いよく押し出される血液を滞りなく全身に届けるために、動脈は強く、柔軟性があります。動脈の柔軟性を保つうえで重要な働きをしているのが、動脈の内膜の表面にある血管内皮細胞です。血管内皮細胞は、血管が収縮したり拡張したりする機能を維持する物質を作り出しています。

動脈硬化とは?
動脈硬化とは、文字どおり動脈が硬くなる状態のことです。この過程は加齢によるところもありますが、個人差が大きく、とくに血液中のコレステロールが強く影響しています。なかでもLDL−コレステロール(悪玉コレステロール)が多く、HDL-コレステロール(善玉コレステロール)が少ないと動脈硬化が進みやすいことがわかっています。動脈硬化になると、血管や心臓に大きな負担がかかって心臓の機能が低下したり、血管が破れて生命にもかかわる大きな病気を発症するリスクが高くなります。動脈硬化には、粥状動脈硬化(アテローム性動脈硬化)、中膜硬化(メンケベルク型動脈硬化)、細動脈硬化がありますが、一般的に動脈硬化といえば、粥状動脈硬化のことを指します。
生活習慣病や肥満などにより、血液中のコレステロールが増加したり、高血圧や高血糖の状態が続くことで、血管壁に負担がかかります。この状態が長く続くと、血管内にLDL-コレステロールや細胞が蓄積していきます。これを粥腫(じゅくしゅ)といいます。粥腫が蓄積することで血管が狭くなったり、粥腫が剥がれたりすることで血液の流れを塞いでしまうことにもなります。動脈硬化を起こした血管は、ちょうど古い水道管が汚れて詰まったり、さびが剥がれやすくなるのと同じと考えるとわかりやすいでしょう。血管が狭くなると必要な酸素、栄養が全身に行き渡りにくくなり、さまざまな臓器や組織に影響が及びます。さらに血管が詰まってしまうと、臓器や組織に血液が流れず、その場所が壊死して狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの心臓や血管の病気を発症しやすくなります。また、硬くなった血管はもろく、破れやすいため、脳出血やクモ膜下出血の発症リスクが高まります。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 水ぶくれの治療

  2. 抜け毛・薄毛の治療(AGA)

  3. たこ・ウオノメの治療

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP