受け口(下顎前突、反対咬合)の治療・矯正

受け口は、歯並びの不正や歯と歯の噛み合わせが正しくない場合に起こる口の状態のことを指します。この状態が続くと、歯ぎしりや歯ぎしりと同様に、歯の摩耗や歯茎の炎症などの口のトラブルを引き起こす可能性があります。

受け口は、歯科医院で治療することができます。治療の方法は、患者さんの状態によって異なりますが、大まかには以下の3つの方法があります。

1.矯正治療
受け口が原因となっている場合、歯並びを調整することで、受け口を改善することができます。矯正治療には、歯列矯正器、マウスピース矯正器、インビザラインなどの方法があります。治療期間は、状態によって異なりますが、通常は1年半〜2年程度が必要です。

2.義歯治療
受け口が重度の場合や、矯正治療が不可能な場合には、義歯を使用することで受け口を改善することができます。義歯治療には、部分入れ歯、全入れ歯などの方法があります。治療期間は、状態によって異なりますが、通常は1か月〜3か月程度が必要です。

3.手術治療
受け口が重度の場合や、矯正治療や義歯治療が不可能な場合には、手術による治療が必要になる場合があります。手術治療には、歯科口腔外科的手術、口腔内科的手術などがあります。治療期間は、状態によって異なりますが、通常は1か月〜3か月程度が必要です。

受け口を改善するためには、歯科医院での治療だけでなく、自宅でのケアも重要です。以下に、受け口改善のための自宅でのケア方法をご紹介します。

1.顎の運動
顎の筋肉を鍛えることで、受け口を改善することができます。例えば、口を大きく開けたり、閉じたり、左右に動かすことで顎の運動を行うことで、顎の筋肉を強化することができます。また、歯をかむ習慣をつけることで、顎の筋肉を鍛えることもできます。

2.食生活の改善
硬い食べ物や粘り気のある食べ物を避け、柔らかい食べ物を食べるようにすることで、受け口の症状を改善することができます。また、歯をかむことで顎の筋肉が鍛えられるため、食べ物をしっかりと噛むように心がけることも大切です。

3.マッサージ
顎の筋肉をほぐすことで、受け口の症状を改善することができます。例えば、指先で顎の筋肉を優しくマッサージすることで、筋肉をほぐすことができます。

4.ストレッチ
顎の筋肉をストレッチすることで、受け口の症状を改善することができます。例えば、口を大きく開けたり、左右に引っ張るようにして顎の筋肉をストレッチすることができます。

5.ストレスの軽減
ストレスが受け口の原因になっている場合、ストレスを軽減することで受け口の症状を改善することができます。例えば、ストレス解消法として、趣味を持つ、運動をする、リラックスする時間を作るなどがあります。

以上が、受け口の治療方法や自宅でのケア方法です。受け口は、状態によっては深刻な口のトラブルを引き起こすことがありますので、早めに歯科医院を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
10:00-13:00
午後
14:30-20:10
※土13:00-17:00
 日14:00-18:00
高橋高橋
清水
福本
清水
福本
清水
福本福本
清水
高橋
服部※月に1回
高橋
清水
高橋高橋
福本
岡本
福本
清水
石通※月に1回矯正のみ
清水
石通※月に1回矯正のみ
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

歯科の疾患

   

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 舌下免疫療法

  2. 帯状疱疹(ヘルペス)・帯状疱疹後神経痛の治療

  3. 脱毛症

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP