虫歯の治療

虫歯は、口腔内に存在する細菌が食べカスや砂糖を利用して作り出す酸によって、歯の表面が溶かされることで引き起こされる病気です。虫歯が進行すると、神経が露出して強い痛みを感じるようになったり、歯が抜け落ちることもあります。虫歯の治療は、進行の程度や痛みの程度によって異なりますが、早期発見・早期治療が大切です。

虫歯の初期段階では、フッ素の塗布やシーラントなどの予防処置が行われることがあります。フッ素の塗布は、歯の表面にフッ素を塗ることで、歯を酸から守ることができます。シーラントは、歯の溝に特殊な樹脂を流し込んで、歯垢や食べカスがたまるのを防ぐものです。

虫歯が進行している場合には、歯の穴を掃除して、詰め物をする「充填治療」が行われます。充填治療は、虫歯が進行していない程度であれば、麻酔をする必要もなく、痛みもほとんど感じません。ただし、虫歯が進行して神経が傷ついている場合には、神経を取り除く「根管治療」が必要になります。根管治療では、歯の神経を取り除いて、歯の根の部分を清掃し、詰め物をします。

また、虫歯が進行して歯が痛みやすくなったり、歯の表面が崩れた場合には、歯冠(歯の被せ物)を作って被せる「被せ物治療」が行われます。歯冠は、歯の形を整え、強度を保つために、金属、セラミックス、レジンなどの素材から作られます。また、歯が抜けた場合には、ブリッジやインプラントなどの人工歯を使って治療を行うこともあります。

虫歯の治療において、歯科医院での治療だけでなく、日常生活での歯のケアも重要です。定期的な歯磨きや、歯石の除去で虫歯や歯周病の発生を予防することができます。また、食事にも注意が必要で、砂糖や酸味の強い食品を過剰に摂取しないようにすることも重要です。

虫歯の治療には、痛みや不快感を伴うことがありますが、現代の歯科医療技術では、麻酔や痛みの軽減に効果的な薬剤が多数存在しています。痛みに敏感な方や、虫歯が進行している場合でも、歯科医師に相談することで、より快適な治療が可能になるでしょう。

虫歯は、放置すると重篤な歯のトラブルを引き起こす可能性があるため、早期発見・早期治療が重要です。歯科医院での定期的な検診や、適切な歯のケアを心がけることで、虫歯やその他の歯のトラブルを予防し、健康な歯を維持することができます。

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
10:00-13:00
午後
14:30-20:10
※土13:00-17:00
 日14:00-18:00
高橋高橋
清水
福本
清水
福本
清水
福本福本
清水
高橋
服部※月に1回
高橋
清水
高橋高橋
福本
岡本
福本
清水
石通※月に1回矯正のみ
清水
石通※月に1回矯正のみ
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

歯科の疾患

   

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 全身性強皮症

  2. 各種ワクチン

  3. 痛風

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP