虫歯の治療

虫歯とは

虫歯は、口の中に存在する細菌が作り出す酸によって歯が溶けてしまう病気です。虫歯菌と呼ばれる細菌は、糖質を餌にして酸を生成し、これが歯の表面のミネラルを溶かしてしまいます。

初期段階では自覚症状がなくても、進行するにつれて、歯の痛み、しみる、冷たいものがしみやすいなどの症状が現れます。さらに進行すると、神経が露出して強い痛みを感じたり、歯が抜け落ちることもあります。

虫歯の進行と治療法

虫歯の治療法は、進行の程度によって異なります。

初期段階

  • フッ素塗布:歯の表面にフッ素を塗布することで、歯を酸から守ります。
  • シーラント:歯の溝に特殊な樹脂を流し込んで、虫歯菌の侵入を防ぎます。

進行段階

  • 充填治療:虫歯部分を削り取って、詰め物をする治療法です。
  • 根管治療:虫歯が神経に達してしまった場合に行う治療法です。神経を取り除き、歯の根の部分を清掃・消毒してから詰め物をします。

重度の場合

  • 被せ物治療:虫歯が大きく進行して、歯の構造が大きく損なわれた場合に行う治療法です。歯冠と呼ばれる被せ物をかぶせて、歯の機能と外観を回復します。
  • 抜歯:虫歯が歯の根まで達してしまったり、歯周病が進行している場合などは、抜歯が必要になることもあります。抜歯後は、ブリッジやインプラントなどの義歯で補う治療を行います。

根管治療について

虫歯を防ぐための予防策

虫歯は、毎日の歯磨き定期的な歯科検診で予防することができます。

  • 歯磨き
    1日2回、2分以上かけて丁寧に歯を磨き、歯垢をしっかりと落としましょう。
  • フロス
    歯ブラシでは届かない歯間部の汚れを、フロスを使って落としましょう。
  • 歯科検診
    半年に1回程度、歯科医院で検診を受け、虫歯の早期発見・早期治療に努めましょう。
  • 食生活
    糖分の摂取を控え、バランスの良い食生活を心がけましょう。

虫歯は予防できる病気です。日々の歯磨きと定期的な歯科検診を心がけ、虫歯のない健康な歯を守りましょう。

まとめ

虫歯は、私たちの生活に密接に関わる、非常に身近な病気です。しかし、放置すると歯を失うことにもなりかねない、決して軽視できない病気でもあります。

虫歯は放置すればするほど進行し、治療も困難になります。少しでも異変を感じたら、早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

また、現代の歯科医療では、痛みの少ない治療法や、患者さんの負担を軽減する様々な工夫がされています。受診に不安のある方も、ぜひ歯科医師に相談してください。

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
10:00-13:00
午後
14:30-20:10
※土13:00-17:00
 日14:00-18:00
高橋高橋
清水
福本
清水
福本
清水
福本福本
清水
高橋
服部※月に1回
高橋
清水
高橋高橋
福本
岡本
福本
清水
石通※月に1回矯正のみ
清水
石通※月に1回矯正のみ
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

歯科の疾患

   

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. デンタルローン

  2. 伝染性紅斑

  3. 脳炎

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP