頻脈性不整脈

頻脈性不整脈とは

頻脈性不整脈とは、心拍数が正常範囲を超え、不規則なリズムで鼓動する状態を指します。

本来、心臓は自律神経やホルモンなどの影響を受けながら、規則正しいリズムを刻んでいます。しかし、何らかの原因で異常な電気信号が発生すると、心拍数が異常に速くなったり、不規則な心拍を示したりすることがあります。

健康な人でも、一時的に頻脈性不整脈を経験することがありますが、慢性化すると心臓の機能に悪影響を及ぼす可能性があります。

頻脈性不整脈の原因

頻脈性不整脈の原因は多岐にわたり、心臓そのものに関わる問題だけでなく、体全体の健康状態や生活習慣も深く関係しています。

心疾患は、頻脈性不整脈の主要な原因の一つです。冠動脈疾患、心筋梗塞、心筋症、心不全などの心臓の異常は、電気信号の伝達に障害を与え、不整脈を引き起こす可能性があります。

また、甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患も、頻脈性不整脈の原因となります。甲状腺ホルモンの過剰分泌は、心拍数を増加させ、不整脈を誘発します。

さらに、カフェインやアルコールの過剰摂取、喫煙睡眠不足ストレスなどの生活習慣も、頻脈性不整脈の発生に関与することがあります。

そのほかにも、加齢高血圧肺疾患電解質異常などが、頻脈性不整脈の原因となる可能性があります。

狭心症・心筋梗塞

頻脈性不整脈の症状

頻脈性不整脈は、心臓の鼓動が乱れることで、様々な症状を引き起こします。主な症状は以下の通りです。

  • 動悸:心臓がドキドキと強く鼓動する感覚。
  • 息切れ:呼吸が苦しくなる。
  • めまい:立ちくらみやふらつきを感じる。
  • 失神:意識を失い倒れる。
  • 胸痛:胸部に痛みや圧迫感を感じる。
  • 疲労感:疲れやすくなる。
  • 不快感:胸部や喉に不快感を感じる。

なお、これらの症状は、必ずしも頻脈性不整脈によって起こるとは限りません。

他の病気によっても同様の症状が現れることがあるため、医師による診断が必要です。

頻脈性不整脈の治療

頻脈性不整脈の治療法には、以下のような方法があります。

  • 薬物療法
    抗不整脈薬などを使用し、心拍数をコントロールしたり、異常な電気信号を抑制したりすることで、不整脈を改善します。
  • カテーテルアブレーション
    カテーテルと呼ばれる細い管を血管から挿入し、不整脈の原因となる部位を電気的に焼灼することで、根本的な治療を目指します。
  • 植込み型除細動器(ICD)
    心臓に異常な電気信号を感知し、電気ショックで正常なリズムに戻す装置を体内に埋め込む治療法です。重症な頻脈性不整脈や、突然死のリスクが高い患者さんに適応されます。
  • 手術
    カテーテルアブレーションやICD植込みが難しい場合、不整脈の原因が心臓の構造異常にある場合は、外科手術によって治療を行うこともあります。

頻脈性不整脈の治療は、医師と相談しながら、患者にとって最適な方法を選択することが重要です。

まとめ

頻脈性不整脈は、心臓の鼓動が乱れることで様々な症状を引き起こす病気です。

動悸や息切れなどの症状を引き起こし、重症化すると心臓の機能に悪影響を及ぼす可能性があります。

頻脈性不整脈の治療法は、薬物治療、カテーテルアブレーション、手術などがあり、患者にとって最適な方法を選択することが重要です。

また、日頃から生活習慣を見直し、ストレスを軽減するなど、心臓の健康を意識することも大切です。

定期的に健康診断を受け、頻脈性不整脈の早期発見・早期治療に努めましょう。

徐脈性不整脈

Q&A

Q.頻脈性不整脈とは何ですか?

頻脈性不整脈は、心拍数が通常より速く、または不規則になる心臓の異常です。これは、心臓の正常な動きを妨げることがあり、重篤な症状を引き起こす可能性があります。

Q.原因は何ですか?

原因は、多岐にわたります。主な原因は、心臓病、肺疾患、甲状腺疾患、ストレス、薬物、および運動不足などです。

Q.症状は何ですか?

頻脈性不整脈の症状には、息切れ、めまい、倦怠感、胸痛、心臓の動悸などがあります。場合によっては、意識が失われることもあります。

Q.治療方法は何ですか?

治療方法には、薬物療法、カテーテルアブレーション、手術などがあります。治療方法は、症状の重症度、原因、および患者の状態によって異なります。

Q.診断にはどのような検査が必要ですか?

診断には、心電図、ホルター心電図、ストレステスト、血液検査、および心臓超音波検査などの検査が必要です。これらの検査は、病気の原因を特定するのに役立ちます。

Q.頻脈性不整脈になるリスクはありますか?

頻脈性不整脈になるリスクは、高齢、心臓病、肺疾患、甲状腺疾患、過剰なストレス、運動不足、および遺伝的要因などによって異なります。

Q.予防するためには何をすればよいですか?

予防するためには、健康的な生活習慣を維持することが重要です。適度な運動、バランスの取れた食事、十分な睡眠、ストレスの管理などが重要です。また、タバコやアルコールの過剰摂取は避ける必要があります。

Q.頻脈性不整脈は危険ですか?

その原因や症状によって異なりますが、一部の症例では非常に危険であることがあります。例えば、重度の不整脈や心臓機能低下を引き起こす可能性があり、場合によっては死亡に至ることもあります。

Q.頻脈性不整脈を治療しない場合、どのような合併症が起こる可能性がありますか?

治療しない場合、心臓機能低下、血栓症、心筋梗塞、心不全、または心臓突然死などの合併症が起こる可能性があります。これらの合併症は、重篤な症状を引き起こし、命にかかわる可能性があるため、早期の治療が必要です。

Q.治療しても完治するのでしょうか?

治療によって症状が改善する場合がありますが、完全に治癒することはありません。治療を行っても、再発する可能性があるため、定期的な検査や治療を継続する必要があります。また、適切な生活習慣を維持することも重要です。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
9:00-12:00
※月曜日のみ10:00-14:00
午後
13:00-18:00
※木曜日のみ13:30-18:00
中村
新福猪瀬
猪瀬猪瀬
稲垣三宅
猪瀬福井
猪瀬
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

 

内科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 治療が必要な歯の症状

  2. 更年期障害

  3. たこ・魚の目の治療

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP