髄膜炎

髄膜炎

髄膜(ずいまく)とは、頭蓋骨と脳の間に存在し、脳を包み込んで保護している膜です。髄膜は3枚の膜(脳に近い方から軟膜、くも膜、硬膜の3層)から成り立っています。軟膜とくも膜との間にはくも膜下腔というスペースがあり、中には脳脊髄液(のうせきずいえき)という栄養豊富な液体が存在しています。この髄膜に、細菌やウイルスが感染して炎症が起こると髄膜炎になります。髄膜炎は大きく分けて、「ウイルス性髄膜炎」と「細菌性髄膜炎」の2つがあります。細菌性髄膜炎は、ウイルス性髄膜炎よりも非常に重い病気です。ウイルス性髄膜炎は通常1週間ぐらいで治癒し、後遺症もほとんどみられません。一方、細菌性髄膜炎は現在の最善の治療を行なっても、死亡率は数%~十数%と高く、後遺症も患者さん全体の20~30%程度にみられます。

髄膜炎の治療法

ウイルス性髄膜炎の場合は安静にし、嘔吐や頭痛で水分がとれない場合には点滴を行ないます。また、細菌培養の結果が判明するまで(細菌性髄膜炎でないと確定されるまで)抗生剤を使用することがあります。細菌性髄膜炎の場合は、抗生剤の点滴を中心に集中的な治療が必要となります。

ウイルス性髄膜炎

ウイルス性髄膜炎は、髄膜(脳と脊髄を覆う組織層)とくも膜下腔(髄膜と髄膜の間の空間)に炎症が起きる病気のうち、ウイルスによるものです。 ウイルス性髄膜炎は、発熱、全身のけん怠感、頭痛、筋肉痛といったウイルス感染症の症状で始まるのが普通です。

細菌性髄膜炎

細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん)とは、ヒブ[インフルエンザ菌b型:Hib]や肺炎球菌(はいえんきゅうきん)などの細菌が、脳や脊髄(せきずい)を包む髄膜(ずいまく)の奥まで入り込んで起こる病気です。ときに命にかかわったり、重い後遺症が残ったりすることもあります。
細菌性髄膜炎を予防するワクチン[ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン]の普及前の日本では、毎年約1,000人の子どもが細菌性髄膜炎にかかっていました。原因となる細菌は、ふだんから多くの子どもたちのノドや鼻の奥にすみついている身近な菌のため、いつ、だれが、かかるかわかりません。

 

髄膜炎のよくある質問

Q.どのくらいの人が髄膜炎になりますか?

A.細菌性髄膜炎は日本全国で1500人程度と推計されていますが、それ以外の髄膜炎については正確な統計はありません。

Q.髄膜炎は脳炎とは違いますか?

A.髄膜だけでなく脳実質にも炎症が及べば脳炎と呼びます。実際には両者の区別を厳密につけることが出来ない場合もあり、髄膜脳炎という言い方をすることもあります。

Q.髄膜炎は重症化するとどういった症状が出ますか?

A.症状が進んでくると、意識障害やけいれんといった症状がみられるようになってきます。申し上げるまでも無いですが、こういった症状がみられるようになれば迷わず病院を受診して下さい。

Q.髄膜炎の検査方法「腰椎穿刺」は痛みがありますか?

A.背中にある程度の太さのある長い針を刺すので、怖がる方が多いのですが、実際はしっかり局所麻酔薬(痛み止め)を使ってから刺すので痛みはそれほど大したものではありません。背中という自分の目の見えない所に針を刺されるので、その恐怖心が大きいと思いますが、実際は「意外と大したことがなかった」とおっしゃる方が多いです。

Q.髄膜炎と似たような症状の病気はありますか?

A.急性の細菌感染症では高熱や意識障害が出ることがあるので、髄膜炎と似たような症状になります。その他、急性の脳症(インフルエンザ脳症)も髄膜炎のような症状をきたします。脳実質に病変がおよぶと脳炎と呼び、症状だけからは髄膜炎と区別することはできず、MRIなどの画像検査が必要になります。

Q.髄膜炎の治療は入院が必要ですか?

A.原因によって詳細は異なりますが、基本的には入院による治療が必要になることが多いです。

Q.髄膜炎は再発しますか?

A.原因によりますが、一部のウイルス性髄膜炎では再発しやすいことが知られています。自己免疫性疾患が原因の髄膜炎でも繰り返すことがあります。

 

内科の疾患

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. こんな歯や口の中の症状はありませんか?

  2. 乾燥肌の改善

  3. 虫歯の治療

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP