心臓弁膜症

心臓弁膜症

心臓弁膜症とは心臓にある弁に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を「心臓弁膜症」といいます。心臓弁膜症には大まかに2つのタイプがあります。「狭窄」は弁の開きが悪くなって血液の流れが妨げられる状態です。「閉鎖不全」は弁の閉じ方が不完全なために、血流が逆流してしまう状態です。

心臓弁の仕組みと働き

心臓は、拡張と収縮を繰り返すことで、体中に血液を循環させる、ポンプのような役割をしています。全身に酸素を届けたあとの血液(静脈血)は右心房から右心室へ戻り、肺動脈から肺に送られます。肺で酸素を受け取った血液(動脈血)は左心房から左心室へ送られ、大動脈を通って全身をめぐり、酸素を届けます。この一連の動きは休むことなく、1日におよそ10万回も繰り返されています。血液の流れを一方向に維持し、逆流を防止するために右心室と左心室の入り口と出口にはそれぞれ“弁”があります。右心室の入り口(右心房と右心室の間)の弁が「三尖弁」、右心室の出口(肺動脈の間)の弁が「肺動脈弁」です。また、左心室の入り口(左心房と左心室の間)にあるのが「僧帽弁」、左心室の出口(左心室と全身をめぐる大動脈の間)にあるのが「大動脈弁」です。心臓弁は、血液が常に一方向に流れるように維持し、逆流を防止します。

代表的な心臓弁膜症の種類

心臓弁膜症はどの弁でも起こりますが、海外では「大動脈弁」と「僧帽弁」が97%を占めていると報告されています。
大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)
大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)
僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう)
僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)
三尖弁狭窄症(さんせんべんきょうさくしょう)
三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)

心臓弁膜症の治療

自覚症状が出現して手術療法が必要となった患者さんにおいて、高齢である場合、既往に心臓の開心手術を施行している場合、あるいは心不全の状態が悪く、手術の危険性が利益を上回る場合、さらに手術への体力が落ちてしまっており手術には耐えられないと判断された場合等、心臓外科手術による治療が不可能であることも多くあります。現在、大動脈弁狭窄症に対する標準的な治療としては開胸を伴う外科的手術療法が原則ですが、このような心臓外科手術が困難な患者さんに対して、欧米では2002年より経皮的大動脈弁植え込み術(Transcatheter Aortic Valve Implantation; TAVI)が施行されるようになり、良好な成績が得られています。この治療は、大きな開胸を必要としないカテーテルという管を用いた新しい大動脈弁の治療方法で、心臓外科手術に比べ体の負担が少ないというのが特長です。日本でも2013年10月から日本でも治療可能なりました。

 

心臓弁膜症のよくある質問

Q.息切れはありますが胸の痛みはありません。弁膜症でしょうか?

A.胸の痛みがなくても、動悸や息切れなどの症状があれば、心臓弁膜症の疑いがあります。胸痛や失神などの症状が出る頃には、心臓弁膜症が進行している場合もあります。心臓弁膜症は自然に治ることはないので、気になる症状があれば、早めに専門の医師にご相談ください。

Q.健康診断で心雑音があるといわれました。心臓弁膜症の可能性はありますか?

A.心臓弁膜症は、健康診断などの聴診で心雑音として発見されることが少なくありません。一度、専門の医師に相談し、心エコー図検査を受けましょう。

Q.心臓弁膜症は急に発症することもありますか?

A.心臓弁膜症は通常、急にかかるものではありませんが、稀に急に発症することもあります。自覚症状がないまま進行し、重い症状が出てから急速に進行することもあるため、早めの発見と治療が大切です。

Q.高血圧の治療中に心臓弁膜症と診断されました。心臓弁膜症と高血圧は関係があるのでしょうか?

A.心臓弁膜症の発症と高血圧に直接的な因果関係はないと考えられます。一般的に、心臓弁膜症を合併した高血圧では、心機能を守るためにも高血圧治療は継続が必要です。

Q.心臓弁膜症と腎機能は関係があるのでしょうか?

A.心臓弁膜症と腎機能は関係することがあります。病院では、心臓弁膜症の診断のほか、他の臓器への影響や合併症の有無も調べます。 気になる症状があれば、まずは専門の医師にご相談ください。

Q.人工弁の手術とはどのようなものですか?

A.人工弁は修復不能に陥った自分の弁の代替として使われる人工的につくられた代用品です。電気仕掛けでもなんでもなく、自分の弁とおなじように血液の流れにあわせて開いたり閉じたりするような構造に作られています。機械弁と生体弁の2種類あり、それぞれ長所と短所があります。機械弁は、硬質プラスチック(弁の開閉部分:弁葉)と金属(弁葉を支える輪の部分:弁輪)でつくられた弁です。弁輪表面の心臓組織に縫いつける部分には化学繊維でつくられた布が着けてあります。機械弁の長所は耐久性です。今の技術でつくられている弁は、植え込まれたらまず一生の間持つでしょう。じょうぶで長持ちするのですが、生体適合性が低いという欠点が有ります。つまり、何もせず心内に植え込むと血液が機械弁という異物にふれると凝固しようとして血液の固まり(血栓)ができてしまい、弁の機能不全や脳梗塞を起こしてしまいます。これを防ぐために、機械弁を植え込まれた患者さんは生涯にわたり抗凝固剤(ワーファリン)を服用し、厳密な凝固機能の管理を受けなければなりません。一方、生体弁は動物の組織(弁膜組織、心膜組織)を用いてつくられた弁です。生体材料がヒトの体内に入っても拒絶反応が起こらないよう特殊な薬品で処理されたうえで人間の弁に似た形態に作られています。この弁の長所は生体適合性のよさです。植え込みご数ヶ月で縫合部が体になじんでしまえば、機械弁のように煩雑な抗凝固療法を受ける必要がなく、自分の弁があるのと同じ生活ができます。しかし、耐久性に乏しいという欠点があります。現在つかわれている生体弁では15年くらいまでの耐久性は期待できるとされています。中年以下の年齢の患者さんに植え込まれた場合、将来再手術を考慮する必要が出てくる可能性が高いのです。

 

内科の疾患

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 乳房外パジェット病

  2. Mesona-J施術

  3. 虫歯の治療

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP