弁膜症

弁膜症
心臓にある弁に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を「心臓弁膜症」といいます。心臓弁膜症には大まかに2つのタイプがあります。「狭窄」は弁の開きが悪くなって血液の流れが妨げられる状態です。「閉鎖不全」は弁の閉じ方が不完全なために、血流が逆流してしまう状態です。

心臓弁の仕組みと働き
心臓は、拡張と収縮を繰り返すことで、体中に血液を循環させる、ポンプのような役割をしています。全身に酸素を届けたあとの血液(静脈血)は右心房から右心室へ戻り、肺動脈から肺に送られます。肺で酸素を受け取った血液(動脈血)は左心房から左心室へ送られ、大動脈を通って全身をめぐり、酸素を届けます。この一連の動きは休むことなく、1日におよそ10万回も繰り返されています。血液の流れを一方向に維持し、逆流を防止するために右心室と左心室の入り口と出口にはそれぞれ“弁”があります。右心室の入り口(右心房と右心室の間)の弁が「三尖弁」、右心室の出口(肺動脈の間)の弁が「肺動脈弁」です。また、左心室の入り口(左心房と左心室の間)にあるのが「僧帽弁」、左心室の出口(左心室と全身をめぐる大動脈の間)にあるのが「大動脈弁」です。心臓弁は、血液が常に一方向に流れるように維持し、逆流を防止します。

代表的な心臓弁膜症の種類
心臓弁膜症はどの弁でも起こりますが、海外では「大動脈弁」と「僧帽弁」が97%を占めていると報告されています。
大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)
大動脈弁閉鎖不全症(だいどうみゃくべんへいさふぜんしょう)
僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう)
僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)
三尖弁狭窄症(さんせんべんきょうさくしょう)
三尖弁閉鎖不全症(さんせんべんへいさふぜんしょう)

治療
自覚症状が出現して手術療法が必要となった患者さんにおいて、高齢である場合、既往に心臓の開心手術を施行している場合、あるいは心不全の状態が悪く、手術の危険性が利益を上回る場合、さらに手術への体力が落ちてしまっており手術には耐えられないと判断された場合等、心臓外科手術による治療が不可能であることも多くあります。現在、大動脈弁狭窄症に対する標準的な治療としては開胸を伴う外科的手術療法が原則ですが、このような心臓外科手術が困難な患者さんに対して、欧米では2002年より経皮的大動脈弁植え込み術(Transcatheter Aortic Valve Implantation; TAVI)が施行されるようになり、良好な成績が得られています。この治療は、大きな開胸を必要としないカテーテルという管を用いた新しい大動脈弁の治療方法で、心臓外科手術に比べ体の負担が少ないというのが特長です。日本でも2013年10月から日本でも治療可能なりました。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 水ぶくれの治療

  2. ケミカルピーリング

  3. インプラントについて

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP