心臓弁膜症

心臓弁膜症とは、心臓の弁膜に問題がある状態を指します。心臓は、酸素や栄養素を体全体に送り出すために、血液を送り出すためのポンプのような働きをしています。このポンプのような働きをするためには、心臓内の弁膜が正常に動作する必要があります。しかし、心臓弁膜症がある場合は、弁膜が正常に働かないため、血液の流れが悪くなり、身体に様々な影響を与えます。

原因としては、先天性異常や加齢などが挙げられます。先天性異常による心臓弁膜症は、出生時に既に存在する場合があります。加齢による心臓弁膜症は、心臓弁膜の組織が硬くなることによって発症することがあります。また、リウマチ性心臓病や狭心症などの病気が心臓弁膜症を引き起こすこともあります。

症状は、軽度から重度まで様々なものがあります。軽度の場合は、症状が出ないこともありますが、重度の場合は、息切れ、疲れやすさ、めまい、胸の痛み、心拍数の異常などが現れます。これらの症状がある場合は、専門の医師に相談する必要があります。

診断には、身体検査や心電図、超音波検査などが行われます。身体検査では、医師が胸部を聴診し、弁膜の異常を確認します。心電図は、心臓の電気活動を計測することで、心臓の機能について調べます。超音波検査は、音波を使って心臓の様子を撮影することができます。これらの検査を行うことで、心臓弁膜症の診断がつきます。

治療法には、薬物療法や手術療法があります。薬物療法では、症状を軽減するために利尿剤や血管拡張薬、抗不整脈薬などを用いることがあります。手術療法では、弁膜を修復するための手術や、弁膜を交換する手術があります。

手術療法は、弁膜の状態や患者の状態によって、適切な手術法を選択する必要があります。手術療法のリスクはあるため、患者と医師との間でしっかりと説明を受け、リスクと利益を検討した上で決定する必要があります。

最近ではTAVIと言われるカテーテル治療が盛んに行われるようになりました。

心臓弁膜症は、治療を受けることで、症状を改善することができますが、放置すると合併症を引き起こす可能性があります。合併症には、心不全や脳卒中などがあります。また、心臓弁膜症は、治療を受けた後も経過観察が必要です。定期的な健康診断や、医師の指導のもと、適切な生活習慣を維持することが大切です。

 

Q&A

Q.心臓弁膜症とは何ですか?
心臓弁膜症は、心臓の弁が正常に機能しない状態を指します。この病気は、心臓の弁が硬くなり、うまく開閉しなくなったり、逆流したりすることで発生します。

Q.原因は何ですか?
原因は、感染症や先天性の欠陥など、様々な要因が考えられます。また、年齢や生活習慣も関係していることがあります。症状は何ですか? 心臓弁膜症の症状には、息切れ、めまい、動悸、胸の痛みなどがあります。また、重症の場合は、心不全や呼吸困難などの合併症が発生することがあります。

Q.診断はどのように行われますか?
診断は、身体検査や心電図、胸部X線、超音波検査などを行うことで行われます。また、心臓カテーテル検査やMRIなどの検査も必要な場合があります。

Q.治療はどのように行われますか?
心臓弁膜症の治療は、症状の程度や原因に応じて、薬物療法、手術、または経過観察などの方法があります。手術は、心臓弁膜症の重症度や進行度合いに応じて、弁の修復または交換が行われます。最近ではTAVIと言われるカテーテル治療が盛んに行われています。

Q.予防できますか?
予防には、心臓の健康を維持することが重要です。健康的な食生活、適度な運動、喫煙の禁止などが有効です。

Q.遺伝するのですか?
遺伝的な要因が関係している場合があります。しかし、多くの場合、病気は環境要因や生活習慣によって引き起こされることが多いとされています。

Q.重症化することがありますか?
放置すると重症化することがあります。しかし、早期発見・治療によって、症状の進行を遅らせることができます。

Q.手術は安全なのですか?
心臓弁膜症の手術は、一般的に安全な手術であり、成功率も高いとされています。ただし、手術にはリスクがあり、患者の状態に応じて、手術の有無を判断する必要があります。

Q.心臓弁膜症を持っている人はどのような注意が必要ですか?
心臓弁膜症を持っている人は、定期的な健康診断を受けることが重要です。また、運動制限や薬物療法などの治療方針に従うことも必要です。日常生活においても、体調管理に留意することが大切です。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
9:00-12:00
午後
13:00-18:00
※木曜日のみ13:30-18:00
新福猪瀬
猪瀬猪瀬
稲垣
猪瀬
猪瀬
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

 

内科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 多汗症

  2. 脳梗塞

  3. 稗粒腫

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP