睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。医学的には、10秒以上息が止まる状態を無呼吸といい、平均して1時間に5回以上、睡眠中に無呼吸が見られる場合はこの疾患と診断されます。睡眠中に何度も息が止まると眠りの質が悪くなり、日中の眠気やからだの怠さなどの症状を引き起こし、社会生活に影響を及ぼすことがあります。また、血液中の酸素が欠乏することによって心臓、脳、血管に負担がかかり、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などの重篤な合併症を来たす危険が高まります。そのほか糖尿病、高血圧症などさまざまな持病への悪影響も報告されています。日本における睡眠時無呼吸症候群患者は約500万人とされていますが、そのうち適切に治療を受けているのはせいぜい1割程度と言われています。この病気は治療によって劇的に改善することが多く、周りの人にいびきや無呼吸を指摘されたら早めに専門医療機関を受診することをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群の原因・症状

睡眠時無呼吸症候群は、空気の通り道(上気道)が狭くなることによって生じる閉塞性睡眠時無呼吸症候群と、脳から呼吸をする指令が来なくなってしまうせいで生じる中枢性睡眠時無呼吸症候群の2種類に分類されます。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の主な原因

肥満や小さい顎、舌の根元が落ち込む舌根沈下、飲酒、睡眠薬の使用などが挙げられます。また鼻炎などによって鼻づまりがある方も無呼吸になりやすいと言われています。小児の場合はアデノイド・扁桃が大きいせいで無呼吸を来すことがあります。

中枢性無呼吸症候群の主な原因

脳卒中や心機能低下において比較的よく見られますが、発症のメカニズムはまだ完全には解明されていません。いびきや無呼吸以外の症状がない場合もありますが、多くは日中の眠気や倦怠感を伴います。また夜間に息苦しさで何度も目が覚めたり、起床時に頭痛がしたり、憂鬱な気分が続いたりと、日常生活に支障をきたす場合もあります。

治療

閉塞性睡眠時無呼吸症候群

まずは生活習慣の改善を促します。ダイエットや飲酒の制限、睡眠薬を使用している場合は減薬や中止を検討します。軽・中等症の場合はマウスピースなどの口腔内装置(OA)を用いて治療を行う場合がありますが、重症の場合は持続陽圧呼吸療法(CPAP)を行うことが多くなります。CPAPは人工呼吸器のような装置で、マスクを装着して持続的に空気圧をかけることによって上気道の閉塞を解除します。
また、空気の通り道を広くするために、鼻やのどの手術を行う場合があります。特に小児においては、睡眠時無呼吸症候群が成長の大きな妨げとなることが分かってきたため、アデノイド・扁桃の手術を積極的に勧めます。

中枢性睡眠時無呼吸症候群

心機能低下などがあればまずその治療を優先します。それでも無呼吸が残る場合は酸素投与やCPAP、またはより高度な陽圧呼吸療法を行うことがあります。

 

睡眠時無呼吸症候群のよくある質問

Q.いびきが人より大きいと言われます。何か病気なのでしょうか。

A.いびきは「睡眠時に起こる異常な呼吸音」と定義され、発生源は口蓋垂(喉ちんこ)が、睡眠中の呼吸に伴い過剰に振動することです。いびきのすべてがSASと考えるのは安易ですが、いびきをかく方の多くは、無呼吸・低呼吸を伴っています。そのため、いびきをかく方は睡眠時無呼吸症候群の傾向にあります。

Q.睡眠の検査で痛みは伴いますか?

A.簡易検査も精密検査も専用のセンサーを装着し、おやすみ頂く検査です。特に精密検査は、たくさんセンサーを付けますので、不自由に感じることはあると思いますが、痛みは伴いませんので、ご安心ください。

Q.SASの治療として、どのような治療方法があるのでしょうか?

A.SASになった原因にもよりますが、まずは生活習慣の改善(減量、禁煙、禁酒など)が大切です。また、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)がSASの治療の第一選択とされています。軽度の場合は、マウスピースの作成をオススメしています。

Q.保険適用ですか?

A.簡易検査、精密検査はもちろんすべて保険適用です。さらにその後の治療に関しても保険適用でおこなえますので、ご安心ください。

Q.日中の眠気がひどいのですが、原因は何でしょうか?

A.睡眠時間を確保しているにもかかわらず、日中眠気を感じる原因は、睡眠時無呼吸症候群やその他の睡眠障害が考えられます。一度、専門施設で検査することをおすすめします。

Q.そもそも「いびき」の原因はなんですか?

A.簡単に言えば「軽い窒息」です。もともとのどが狭い人で、睡眠時にのどが更に狭くなる、あるいは塞がる為におこります。のどの筋肉の緊張がゆるくなることが主な原因です。

Q.いびきは「ぐっすり眠っている健康的な証拠」ではないのですか?

A.くある誤解です。鼻と口をふさがれて眠っていられる人がいないように、「軽い窒息」であるいびきが続いている間は、なかなか深く眠ることができません。

Q.窒息しかかっているのになぜ目覚めないのですか?

A.いびきで窒息しかかって眠りが浅くなると、のどの筋肉の緊張が戻って、のどが再び開き息ができるようになるからです。(深く眠りそうになると窒息で起こされ、目覚めそうになると完全に目覚める直前に呼吸が再開し、また楽になって眠りに落ちる、しかし深く眠りそうになると・・・)という繰り返しで、よく考えるとかなり残酷な状態です。

Q.睡眠時無呼吸症候群によってどんな問題が起こりますか?

A.自覚症状
最も問題なのは、慢性的な睡眠不足のため、日中の眠気や集中力の低下につながることです。会議中に居眠りを繰り返したり、居眠り運転などで交通事故をよく起こしたりなどがあります。眠気のために仕事などで本来の力を発揮できず、治療してみて初めてそのことがわかったということもしばしばあります。車の運転や集中力を要する仕事の最中に眠くなって、重大な事故を起こしてからでは遅いのです。

早死
中等症以上の睡眠時無呼吸症候群になっている方は、一般の方と比べて寿命が短いことがわかっています。その原因は、慢性的な改善できない睡眠不足のために、高血圧・糖尿病・心不全・不整脈・脳卒中など色々な成人病にかかりやすくなることが原因と考えられています。呼吸が止まることによって起こる著しい酸欠状態も問題です。睡眠時無呼吸症候群は、働き盛りの大黒柱に多い病気ですので、家族にとっては、いびき以上に深刻な問題といえます。

 

内科の疾患

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 訪問歯科診療について

  2. とびひ

  3. 好酸球性筋膜炎

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP