更年期障害

更年期障害とは

更年期障害は、主に女性が閉経前後の時期に経験する身体的・精神的な症状の総称です。通常、40代後半から50代にかけて始まることが多いですが、個人差が大きく、早い人では30代後半から、遅い人では60代に入ってから始まることもあります。更年期における最大の特徴は、卵巣機能の低下によるエストロゲンという女性ホルモンの分泌量の変化です。これにより、体内のホルモンバランスが崩れ、様々な症状が引き起こされます。

更年期障害の症状

更年期障害の症状は多岐にわたり、身体的なものから精神的なものまでさまざまです。以下に代表的な症状を挙げます:

  • ホットフラッシュ(のぼせ):突然の顔や体のほてり、発汗を伴うことが多い。
  • 発汗:特に夜間に発汗することが多く、睡眠の質を低下させる要因となります。
  • 睡眠障害:不眠や、夜中に何度も目が覚めるといった症状が見られます。
  • 気分の変動:イライラ、抑うつ、感情の不安定さが増すことがあります。
  • 疲労感:常に疲れている感じがし、エネルギーの低下を感じることがあります。
  • 関節や筋肉の痛み:特に朝方に関節がこわばったり、痛みを感じることが多いです。
  • 頭痛:頻繁に頭痛が起こることがあります。
  • 記憶力や集中力の低下:集中力が続かず、物忘れが多くなることがあります。
  • 動悸や息切れ:心拍数の変動や、息苦しさを感じることがあります。

これらの症状は個人差が大きく、症状の重さや組み合わせも人それぞれです。そのため、総合的なアプローチが必要とされます。

診断と治療

更年期障害の治療には、ホルモン補充療法(HRT)、生活習慣の改善、心理的サポート、代替療法など、様々なアプローチがあります。

  1. ホルモン補充療法(HRT):エストロゲンやプロゲステロンといったホルモンを補充することで、症状を緩和します。HRTは特にホットフラッシュや睡眠障害に効果的です。ただし、HRTにはリスクも伴うため、医師と十分に相談した上での使用が推奨されます。
  2. 生活習慣の改善:バランスの取れた食事、適度な運動、ストレス管理が重要です。特にカルシウムやビタミンDの摂取は骨密度を保つために役立ちます。また、アルコールやカフェインの摂取を控え、規則正しい生活リズムを保つことも大切です。
  3. 心理的サポート:更年期障害に伴う心理的な問題には、カウンセリングや認知行動療法(CBT)が有効です。専門のカウンセラーや精神科医によるサポートを受けることで、ストレスや不安を軽減することができます。
  4. 代替療法:アロマセラピー、鍼灸、漢方薬など、代替療法も更年期障害の症状緩和に役立つことがあります。これらの療法は、個人の症状や体質に合わせて選択されます。

牛込パーククリニックの特徴

牛込パーククリニックでは、患者様一人ひとりの症状やニーズに合わせた診療を提供しています。当クリニックの特徴は以下の通りです:

  • 専門医による診療:豊富な経験を持つ医師が、最新の医学知見を基に診療を行います。
  • 総合的なアプローチ:身体だけでなく、心の健康もサポートする総合的な治療を提供します。症状の総合評価に基づき、最適な治療プランを提案します。
  • 個別対応:一人ひとりの症状や生活環境に応じたオーダーメイドの治療計画を作成します。患者様とのコミュニケーションを大切にし、安心して治療を受けていただける環境を整えています。
  • アフターケア:治療後の経過観察やフォローアップも充実しています。定期的なカウンセリングや検診を通じて、症状の再発防止や健康維持をサポートします。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
9:00-12:00
※月曜日のみ10:00-14:00
午後
13:00-18:00
※木曜日のみ13:30-18:00
中村
新福猪瀬
猪瀬猪瀬
稲垣三宅
猪瀬福井
猪瀬
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

 

内科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 全身性エリテマトーデス

  2. 伝染性紅斑

  3. 表皮嚢腫

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP