おでき

おでき

「おでき(正式名:せつ)」とは、毛穴の内部や皮脂腺、またはその周囲から黄色ブドウ球菌という細菌が感染することで発生します。また、治るまでに時間がかかり、症状が進行すると、膿みの量や腫れが増大し、痛みが強くなっていくことが主な特徴です。初期段階から腫れに厚みがあり、ボコッとしこりのようになります。また、一般的な炎症ニキビなどよりも治るまでに時間がかかります。

原因

せつの場合は皮膚の常在細菌であるブドウ球菌が毛穴とその周囲に細菌感染を起こすことによって起こります。一方、粉瘤は皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥がれ落ちるはずだった角質や皮脂が袋の中に溜まることによって粉瘤になります。また、粉瘤の中に溜まった垢が細菌感染してせつに移行する場合もあります。

症状

基本的には炎症がない粉瘤であれば、痛みを感じることは少ないのですが、鼻や耳、手の指といった下部構造が密着している部分では痛みを伴うことがあります。また、粉瘤もせつも細菌感染してしまうと炎症を起こし、痛みやかゆみが出現します。破裂してしまうと膿が出てくることもあります。

おできの種類

毛包炎:毛包の浅いところに限局した細菌感染症です。毛穴の部分に、軽い痛みを伴って、赤み、小さい膿ができます。
進行して深いところまで炎症が及ぶと、癤(せつ)になります。
癤(せつ):毛包炎が進行したものです。痛みや赤みが強くなり、硬く、中心部に膿の栓ができます。数日~数週で中心がぶよぶよと軟化し、やがて破裂して膿が出てきます。膿がでると、急速に痛みや腫れが引いて治っていきます。
癰(よう):癤が進行して複数の毛穴に炎症が及んだものです。
粉瘤との違い:粉瘤は類表皮嚢腫といい、皮膚の中にできた袋の中に、垢や皮脂が溜まって徐々に大きくなったものです。痛みのないしこりは、粉瘤であることが多いです。粉瘤も、袋が破けると炎症を起こし、痛みが出てきます。

治療方法

細菌感染をして炎症を起こしている場合には抗生剤を使用して炎症を抑える必要があります。またおできが小さい、日常生活において支障が無い、細菌感染を起こしていないという場合には経過観察とすることもあります。
おできの治療薬として基本的には抗生剤の成分が含まれる外用薬や内服薬を使用します。また、切開した場合、化膿予防に抗生剤の成分を含む外用薬を使用することもあります。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ほくろの除去

  2. 天疱瘡

  3. 訪問歯科診療について

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP