疥癬

疥癬

疥癬はダニの一種である「ヒゼンダニ」がヒトの皮膚に寄生しておこる皮膚の病気で、腹部、胸部、大腿内側などに激しいかゆみを伴う感染症です。直接的に肌から肌、また、衣類やリネン類を介して間接的にヒトからヒトへ感染します。疥癬には、通常疥癬と角化型疥癬の2つのタイプがあります。通常疥癬で寄生するヒゼンダニの数は数十匹以下ですが、角化型疥癬では100万~200万匹であり、その感染力に大きな違いがあります。

■通常疥癬

長い時間、肌と肌、手と手が直接触れることで、ダニが移動して感染します。少しの時間ではほとんど感染しません。まれに、患者さんが使用した寝具や衣類などを交換せずにすぐ他の人が使用することで感染することもあります。感染してから症状が出るまでの潜伏期間は1~2か月です。

■角化型疥癬(ノルウェー疥癬とも呼ばれることもあります)

ダニが多く、感染力が強いため、短時間の接触、衣類や寝具を介した間接的な接触などでも感染します。また、剥がれ落ちた角質にも多数の生きているダニが含まれていて、それが付着することでも感染します。角化型疥癬の患者さんから感染する場合、4~5日後に発症することもあります。なお、角化型疥癬患者から感染した場合でも、まずは、通常疥癬として発症します。

ヒゼンダニとは

ヒゼンダニは、たいへん小さなダニなので直接目で見ることはできません。卵からかえって幼虫になり、若虫、そして成虫(オス、メス)になります。卵は3~4日でかえり、そのライフサイクルは10~14日間です。
メス成虫はオス成虫と交尾をした後、手首や手のひら、指の間、肘、わきの下、足首や足の裏、外陰部などに疥癬トンネルと呼ばれる横穴を掘り、卵を産みつけます。
ヒゼンダニは人の体温がいちばん生活に適しており、人の肌から離れた場合、長くは生きられません。また、高熱や乾燥に弱く、50℃以上の環境に10分以上さらされると死ぬことがわかっています。

治療

治療にはヒゼンダニを殺すことを目的とした塗り薬または飲み薬が使われます。塗り薬が使われる場合には、塗り残しがないように通常疥癬では首から下の全身に、角化型疥癬ではかおも含めて全身にくまなく塗る必要があります。特に手や足、外陰部には念入りに塗ってください。かゆみに対してはかゆみ止めのお薬が使われます。
お薬の使い方ややめる時期については、必ず先生の指示にしたがってください。

予防/治療後の注意

疥癬はしっかり治療すれば2週間で症状は軽くなり、通常疥癬であれば1ヵ月程度、角化型疥癬であれば2ヵ月程度で快方へ向かいます。家族に疥癬の患者がいる場合、感染を予防するために手をしっかり洗い、感染力が強い角化型疥癬であれば患者と触れる時には手袋や感染を予防できる服を着たり、患者の洗濯物は50℃以上のお湯に10分以上浸した後に洗濯したり、乾燥機に入れるなどして対策してください。患者さんはできるだけ個室を利用して、部屋はモップや粘着シートなどでくずを回収後、掃除機でしっかり掃除するなどこまめな対応が大切です。ただ、感染力の弱い通常疥癬の場合は過剰な対応を取らないよう心がけることも忘れずに。

家族が疥癬と診断されたらどうすればいいですか

家族が疥癬にかかった場合、同居している家族の方が予防的な治療を行うことがあります。これについては主治医に相談しましょう。
普通の「疥癬」の場合、治療が終わるまで、以下のような対応をします。消毒・殺虫剤使用などは必要ありません。洗たく・食器の共有なども通常通りです。
1 手洗いの励行(本人・ご家族)
2 体を拭くタオル、スポンジ、バスマットなどを共有しない
3 部屋にこまめに掃除機をかける・換気

患者さんは痒みで眠れなかったり、不安定になることがあります。食事を十分にとり、つめを切り、体を清潔に保てるように配慮しましょう。
角化型疥癬の場合は、消毒・殺虫剤使用が必要となります。保健所までご相談ください。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 毛巣洞

  2. 単純性血管腫

  3. 乾癬性関節炎

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP