ケロイド

ケロイド

ケロイドとは、創傷治癒過程が遷延して炎症が続くために、炎症細胞の集積、血管の増生、線維組織の蓄積が起こる病気です。簡単に言うと「【コラーゲンやそれを作る線維芽細胞】と【血管】のかたまりの中に、様々な【炎症を起こす細胞(炎症細胞)】が散らばっている腫瘍」です。コラーゲンの塊が硬いので腫瘍は硬く、血管が多いので赤く見える、という訳です。その一番の特徴としては、「元の傷を超えて広がる」ことで、放置しても軽快することがほとんど起こらず、成長し続けます。見た目も悪くなるし、患者さんが最も苦労するのは、【炎症細胞】が発する物質により痒さ・痛さが強い事です。
一言で瘢痕と言っても、専門的にはケロイド、肥厚性瘢痕、成熟瘢痕、瘢痕拘縮などがあり、瘢痕に似ている皮膚線維肉腫なども鑑別に上がります。ケロイドだと診断を受けて長期にわたり治療を受けていても、実は全く違う腫瘍だったという事は外来で時々経験することでもあります。
ケロイドは特に意識しないような小さな傷やにきびなどからもでき、まるで何もない場所に突然できたようにも思えることがあります。患者さんが「突然できた」とおっしゃるときは、ほとんどがニキビから発生したと思って良いでしょう。それ以外に手術や外傷、BCG接種痕やピアスなどが原因になることが多いです。
好発部位は、前胸部や肩まわり、上腕、下腹部、耳、下顎角部などです。それ以外には、臀部や大腿、上腹部、前腕などにも発生する場合がありますが、下腿、手足、頭、下顎角部以外の顔は非常にまれです。

原因

ケロイドはなぜ発生するのでしょうか。その詳しい原因は不明です。しかし、患者さんにはある程度共通した特徴があることが分かります。
まず、「ケロイド体質」という言葉の通り、個人の体質が関連していることが知られています。同じような怪我や手術を経験しても、肥厚性瘢痕やケロイドを生じる人、きれいに治癒する人がいます。この体質は遺伝することがありますが、遺伝しない場合もあります。また、同じ個人であっても、小学校高学年~思春期に生じやすく、高齢になると生じにくいという年齢的な要素もあります。肥厚性瘢痕・ケロイドも一種のアレルギーと考えられ、アトピー性皮膚炎や喘息などと同様に個人の免疫学的活動性が関連しているものと思われます。
次に、同じ個人でも身体の部位によって肥厚性瘢痕やケロイドを形成しやすい場所、しにくい場所があります。前胸部、背部、下腹部、耳などは生じやすく、手掌や足底、顔面、頭部、下腿などには発生しにくいと言われています。
さらに、皮膚にかかる力学的緊張や炎症の強弱との関連も指摘されています。外傷や手術後(特に1~2カ月のうちに)、活発な運動によって皮膚伸展が反復された場合や、きずあとが化膿して治癒するまでに時間がかかった場合などには肥厚性瘢痕やケロイドが生じやすいことが知られています。

治療方法

内服薬

トラニラストという内服薬が、現在唯一国内で保険適応があり処方されている肥厚性瘢痕、ケロイドに対する治療薬です。トラニラストは抗アレルギー薬でもあり、反応性に増える皮膚線維細胞の増殖を抑える効果があるとともに、傷の赤みやかゆみなどを軽減させる効果があります。

ステロイド軟膏、テープ

ステロイドには抗炎症効果がありますので、皮膚線維細胞の増殖を抑え、赤みやかゆみに効果が認められます。ステロイド含有テープは瘢痕を超えて貼ると正常部分の皮膚に赤みを生じ、赤みがなかなか取れないことがありますのでテープは瘢痕内に張るようにしていただいています。

圧迫療法

傷をシリコンシートなどで圧迫することでケロイドの血流を低下させ、皮膚線維細胞の増殖を抑えると言われています。また圧迫することで服や体の動きで傷がすれないため傷に対する刺激を軽減することができます。

ステロイド注射

副腎皮質ホルモン、いわゆるステロイドをケロイドの中へ注射します。塗り薬やテープのステロイド治療に比べて直接注射するため効果が高いです。しかし、注射の痛みが伴うことと、月に一度の治療を継続する必要があります。また、薬が効きすぎると皮膚がへこんでしまうことがあります。

手術療法

手術は病変を切りとって、回りの正常皮膚を内側からこまかく縫って再発を予防します。単純な手術方法だけでは高い確率で再発するので、併せて上記に書きました保存的治療方法を併用して再発予防を行います。手術をして再発すると、傷がより拡大することが考えられますので、手術の後も予防のために内服や外用治療をしっかり行うことが重要です。再発を予防するために放射線療法を併用する場合があります。放射線治療を併用するほうが再発を大幅に少なくすることができます。いわゆる電子線を、数回から十数回に分けて照射します。傷口の皮膚線維細胞の増殖を放射線で抑える効果があります。ケロイドのでき始めのときには比較的効果がありますが、古くなったケロイドにはあまりききません。後遺症としては皮膚障害や色素沈着などが起こる場合があります。

 

ケロイドのよくある質問

Q.ケロイドの種類とそれらはどのように違うのでしょうか?

A.ケロイドは2種類あり真性ケロイドと肥厚性瘢痕があります。真性ケロイドの臨床症状は境界明瞭な、扁平隆起性~半球状隆起で、鮮紅~紅褐~褐色で、徐々に側方に進行するとともに、中央部はしばしば退色扁平化し、餅を引き延ばしたような像をしめします。はじめの外傷部位の範囲を超えて大きくなり、押さえても痛く(圧痛)ありませんが横から強くつまむと痛みます。これを側圧痛といいます。

Q.できやすい部位はあるのですか?

A.真性ケロイドは下床に軟骨・骨のある部位にできやすく、前胸、顔面、上腕、背部、恥骨部に多いです。肥厚性瘢痕は傷を受けた部位にできますのでいずれの部位にもできます。

Q.ケロイドは遺伝しますか?

A.真性ケロイドは黒人や黄色人種に発生しやすく、白人ではなりにくいことが知られています。また同一人種でも皮膚の色素量の多い人に発生しやすいといわれています。家系内発生の報告も多いので遺伝素因(いわゆるケロイド体質)はあると思います。しかし肥厚性瘢痕には遺伝傾向はないと思います。臨床的に高血圧症の人には肥厚性瘢痕ができやすく、神経障害部位には肥厚性瘢痕が生じにくい傾向があります。

Q.できやすい年齢や男女差はありますか?

A.真性ケロイドは30歳未満の人に生じやすく、男女差はありませんが、妊娠は増悪因子といわれています。肥厚性瘢痕ではこのような傾向はみられず、すべての年齢で発症します。

Q.ケロイドは治るのでしょうか?

A.真性ケロイドは増殖傾向が強く、治療に抵抗します。中心部は萎縮性瘢痕(赤くなくぴかぴかした傷)で治癒しますが周辺へ広がり、前胸部で始まり背部まで拡大した患者さんも経験しています。一方肥厚性瘢痕は治療しなくても自然に良くなる傾向がみられ、時間とともに平らになり萎縮性瘢痕で傷は落ち着きます。

Q.生活で注意すべき点は何でしょう?

A.わずかな外傷でもケロイドは生じますので、にきびなどを作らないように心掛けてください。特に、ケロイド体質であれば、不必要な手術を受けないとかピアスの穴あけも避けるなど日常生活での注意が必要です。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 全身性強皮症

  2. 訪問歯科診療について

  3. インプラントについて

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP