皮膚そう痒症

皮膚そう痒症

皮膚そう痒症とは、かゆいのに皮膚の見た目は変わらず病変がなく痒みの症状だけある状態を皮膚そう痒症といいます。
皮膚科の外来を受診するひとの1割弱は皮膚掻痒症の患者であり、やや女性に多い疾患です。とくに、妊産婦やHIV患者、慢性C型肝炎や尿毒症(慢性腎機能障害)のひとに多いといわれています。
全身のあらゆるところで痒みがでてしまい、ずっと痒みが続くこともあれば波があることもあります。また、夜間に痒みにより寝られないということもあるかもしれません。

原因

原因として多いのは、ドライスキンによるものです。ドライスキンとは、角質層の水分が少なくなったり皮脂が少なくなることによって皮膚が乾燥した状態をいいます。ドライスキンでは、アレルゲンや微生物などが入り込み、皮膚炎が起こりやすくなっています。さらに、かゆみの神経が過敏になっていて、かゆみを感じやすい敏感肌になっています。
皮膚そう痒症の原因となる内臓疾患は、全身性の場合は肝疾患、慢性腎不全、糖尿病、甲状腺市疾患、血液疾患、悪性腫瘍(がん)、寄生虫疾患などです。局所性の場合は前立腺肥大症、尿管狭窄、膣カンジダ症、便秘、痔などがあります。これらが原因になっている場合は、基礎疾患の治療が大切です。

治療

乾燥肌が原因の場合
乾燥肌が原因のかゆみの場合は病気そのものに対する心配はそれほどありません。保湿剤を塗って保湿を心がけ、かゆみには、 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬の内服薬、尿素含有軟膏(外用薬)などで治療を行います。
乾燥肌以外による場合
保湿剤を塗ってもかゆみが続く場合は、まず皮膚科を受診しましょう。かゆみは病気が原因で生じる場合もあります。その場合は、病気の治療をおこなわなければ根本的な解決になりません。特に、長期にわたりかゆみが続く場合は、必ず皮膚科の専門医を受診してください。

皮膚そう痒症の予防

皮膚そう痒症を防ぐには、日々のスキンケアが大切です。
皮膚を清潔に保つこと、そのためには毎日の入浴やシャワーを行い、汗や汚れをおとします。洗うときには強くこすらずに適度な洗浄力の石けんをつかってやさしく。熱すぎるお湯は乾燥しやすくなるので好ましいのはぬるめのお湯、そして石けんが皮膚に残らないよう十分にすすぐようにします。
汗やよごれでかゆみが出やすくなるため、室内を生活にし、適温、適湿にすることや、肌着を洗濯する際に洗剤が残らないようにすることも気をつけます。
皮膚がかゆくなってしまった時の対策として爪をきっておくこと、手袋や包帯は皮膚を掻き壊してしまわないために有用です。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 歯周病(歯槽膿漏)の治療・予防

  2. 虫刺され

  3. 基底細胞がん

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP