掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症とは、手のひらや足のうらに、うみをもった小さな水ぶくれがくり返しできる病気です。膿疱の中には細菌やウイルスなどの病原体は入っていないため、直接触れても人に感染することはありません。

掌蹠膿疱症の原因

原因は不明ですが、喫煙(約8割が喫煙者)、扁桃炎、虫歯などの病巣感染(慢性の感染症)や歯科金属アレルギーが関与していることもあります。
金属アレルギーが疑われる場合は、パッチテストを行います。

掌蹠膿疱症の症状

掌蹠膿疱症はウミが溜まった膿疱と呼ばれる皮疹が手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に数多くみられる病気で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。
重症な患者さんでは下腿(すね)や膝、稀ですが体にも出ることがあります。私たちは、これらをまとめて掌蹠外皮疹と呼んでいます。掌蹠外皮疹が認められる症例は比較的少なく、一般に、手や足より容易に治療することができるので、あまり心配しなくてよいと思います。
皮疹は小さな水ぶくれ(水疱)が生じ、次第に膿疱に変化します。この膿疱の中には細菌(ばい菌)や真菌(カビ)などの菌はいません。したがって、手足から体のほかの部位に感染することはありません。その後、かさぶた(痂皮)となり、角層(皮膚の最表層にある薄い層)がはげ落ちます。後にこれらの皮疹が混じった状態になります。
また、約10%の患者さんは関節や骨に炎症があり、痛むことがあります。この症状は胸骨と鎖骨、肋軟骨の結合部(胸鎖肋関節)に最も多く認められますが、その他、首や腰などにも生じることがあります。症状がひどい場合は、整形外科の先生と相談しながら治療する必要があります。

治療

塗り薬を中心に治療する場合が多く、関節症状を伴うときは消炎鎮痛剤の内服治療を併用することもありますが、症状が強くなるとなかなか効きにくいのが現状です。
このような場合、生物学的製剤であるグセルクマブ(トレムフィア)がしばしば奏効します。基本の投与は、8週間毎(初回のみ4週間毎)で、皮膚症状の他、関節症状にも高い効果が認められています。
このほか、およそ50%の患者さんで歯牙感染(歯の根の部分の細菌性炎症)の影響が指摘されており、歯科治療が奏効することがあります。扁桃摘出で炎症が治まる場合もあると指摘されています。
たばこは絶対的に悪いので、掌蹠膿疱症がある方は、禁煙は不可欠です。

 

掌蹠膿疱症のよくある質問

Q.ウミが溜まっていますが、ばい菌が入っているのですか?

A.この皮膚病のウミの中には細菌(ばい菌)や真菌(カビ)などの菌はいません。したがって、手足から体のほかの部位に感染することはありません。しかし、ウミを自分で出そうとして針や爪楊枝でつきますと、二次的に細菌が増え、腫れて痛くなることがありますので、注意して下さい。

Q.手や足だけでなく、体に出ることはありませんか?

A.重症な患者さんでは下腿(すね)や膝、稀ですが赤いぶつぶつが体にも出ることがあります。私たちは、これらをまとめて掌蹠外皮疹と呼んでいます。掌蹠外皮疹が認められる症例は比較的少なく、一般に、手や足より容易に治療することができるので、あまり心配しなくてよいと思います。

Q.内臓が悪くてこの皮膚病にかかるのですか?

A.外の環境と接する扁桃腺や歯、鼻などに細菌による慢性炎症があると掌蹠膿疱症が生じることがあります。私たちはこのような病変を病巣感染と呼んでいます。自覚できる症状がなくても、耳鼻科や歯科の専門の先生の診察で初めて病巣感染がみつかることもあります。

Q.金属が悪さをして出ることもあるようですが、ほんとうですか?

A.海外での報告は少ないのですが、日本では歯科金属(パラジウムなど)に対するアレルギーが引き金となり掌蹠膿疱症が発症した事例が報告されています。病巣感染がないのに治りにくい場合や、金属アレルギーが疑われる場合は、パッチテスト(疑われる金属を実際に皮膚に貼り皮膚反応があるかどうか調べる検査)を受けて下さい。もし、陽性であれば、歯科の先生に相談し、陽性を示した金属が歯科金属に含まれるかどうか調べた上で、歯科金属の交換を考慮します。

Q.ずっとステロイドを塗っても副作用は大丈夫ですか?

A.顔や陰部など角層(皮膚の最表層にある薄い層)が薄い部位では軟膏の吸収がよいため、強力なステロイド軟膏を外用しているとその皮膚が薄くなったり、皮膚が赤くなるなどの副作用があらわれることがあります。しかし、手足は角層が厚いので、副作用は出にくく、もし、副作用があらわれても、外用を中止したり、弱い軟膏に変更すれば心配ありません。また、手足の狭い範囲にステロイド軟膏を塗布したからといって、体のほかのところに副作用があらわれることはありません。

Q.この病気は一生治らないのですか?

A.患者さんのうち2~3割は病巣感染や金属アレルギーが関与していることがわかっていますので、積極的に検査して、治療すれば掌蹠膿疱症も治癒が期待できます。残念ながら、患者さんのうち7~8割は検査をおこなっても原因を突き止めることができず、対症療法を受けることになります。しかし、安心して下さい。長い間、患者さんの経過をみた研究によりますと、ほとんどの症例が自然に治ってしまうことがわかっています。治るまでの期間は報告者によって異なりますが、平均で3年から7年とされています。ですから、それまで対症療法により、症状を軽くして、生活する上で支障がないようにコントロールしていきましょう。

Q.胸の中央が痛むのですが、心臓や肺が悪いのでしょうか?

A.この病気に関係して肺や心臓に異常は生じませんが、掌蹠膿疱症の患者さんの約10%で関節や骨に炎症があり、痛むことがあります。この症状は胸骨と鎖骨、肋軟骨の結合部に最も多く認められますが、その他、くびや腰などにも痛みが生じることがあります。症状がひどい場合は、整形外科の先生と相談しながら治療する必要があります。

Q.タバコはやめた方がよいですか。

A.掌蹠膿疱症の患者さんのうち、約80%の人が喫煙者です。禁煙しても、多くの場合掌蹠膿疱症が治ることはありませんが、この際ですから、健康を考え禁煙してはどうでしょうか。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 疥癬

  2. 伝染性紅斑

  3. 徐脈性不整脈

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP