表皮嚢腫

表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)は、皮膚の表層にできる良性の腫瘤(しゅりゅう)であり、一般的には痛みや不快感を引き起こすことはありません。表皮嚢腫は一般的な皮膚腫瘍の中でも最もよく見られるものの一つであり、一般的には簡単な手術で治療することができます。

原因と症状
表皮嚢腫は、皮膚の表層にある毛包や汗腺の腺管の口の近くで発生するため、その発生原因は毛包や汗腺の腺管の閉塞によるものとされています。具体的には、皮膚表面の細胞や皮脂が蓄積し、毛包や汗腺の腺管を塞いでしまうことで、表皮嚢腫が形成されます。
表皮嚢腫は通常、小さなしこりとして現れ、直径が1〜5センチ程度のものが多いです。表皮嚢腫はしばしば中央に黄色い点がある円錐形の突起物(コメド)を持ち、表面は滑らかで、色は通常は肌色または黄色味がかった白色です。多くの場合、表皮嚢腫は痛みや不快感を引き起こすことはありませんが、炎症を起こすこともあります。炎症が起こると、腫瘤の周囲が赤く腫れ上がり、触れると痛みを感じることがあります。

診断と治療
皮膚科医が身体検査で診断することができます。検査には、表皮嚢腫の外観を観察するだけでなく、腫瘤を切開して内部を確認することもあります。腫瘤の中には、酸化した脂肪、角質、毛髪、汗腺の細胞、または皮膚細胞が含まれることがあります。一般的に、表皮嚢腫は外科的に手術によって治療されます。手術には、表皮嚢腫の周囲の局所麻酔を行い、腫瘤を切開して内部の内容物を取り除く方法が一般的です。切開する際には、切り口が小さく、縫合する必要がないようにすることが望ましいです。手術後、患部は清潔に保ち、定期的に包帯を交換することが必要です。手術後の合併症として、感染症、瘢痕(はんこん)形成、再発などがありますが、これらは比較的稀な症状です。表皮嚢腫を放置することは、稀に合併症を引き起こすことがあるため、早期に治療することが重要です。例えば、表皮嚢腫が大きくなりすぎた場合、炎症を引き起こして腫瘍が破裂することがあります。また、腫瘤が悪性化する可能性は極めて低いですが、まれに悪性の腫瘍と間違われることもあります。そのため、症状が現れた場合には、専門医に相談し、適切な治療を受けることが必要です。

まとめ
表皮嚢腫は、皮膚表面の毛包や汗腺の腺管が閉塞されることによって生じる良性の腫瘍であり、一般的には痛みや不快感を引き起こすことはありません。診断は身体検査によって行われ、治療は手術によって行われます。手術後は、患部を清潔に保ち、定期的な包帯交換を行うことが必要です。表皮嚢腫は稀に合併症を引き起こすことがあるため、早期の治療が重要です。症状が現れた場合には、専門医に相談し、適切な治療を受けることが必要です。

 

Q&A

Q.表皮嚢腫とは何ですか?
表皮嚢腫とは、皮膚の表面にできる良性の嚢腫で、皮膚上に膨らみを形成します。

Q.どのようにできるのですか?
皮膚の表面にある毛包の周りにある皮脂腺が詰まってできることが多いです。

Q.どのような症状がありますか?
皮膚上に膨らみができることが一般的です。膨らみはしばしば黄色っぽい色をしており、中に白い膿が含まれていることがあります。

Q.治療が必要ですか?
表皮嚢腫は一般的に良性の病気であり、治療が必要な場合は稀です。しかし、症状が悪化したり、感染した場合は医師の診察を受ける必要があります。

Q.自宅で治療する方法はありますか?
自宅で治療することはお勧めできません。切開やドレナージといった専門的な処置が必要となる場合があるため、医師の診察を受ける必要があります。

Q.切開すると痛みはありますか?
表皮嚢腫を切開する際には、麻酔を使用しているため一般的に痛みはありません。ただし、治療後に軽度の痛みや腫れがあることがあります。

Q.再発する可能性はありますか?
再発する可能性はありますが、再発率は非常に低いとされています。

Q.予防方法はありますか?
予防する方法はありませんが、適切な皮膚ケアを行い、皮膚の清潔を保つことで、発症のリスクを減らすことができます。

Q.表皮嚢腫はがん化する可能性があるのですか?
表皮嚢腫は基本的には良性の腫瘍であり、がん化することは非常にまれです。しかし、極稀に悪性腫瘍となることがありますので、病気の進行については医師の診察が必要です。

Q.治療するにはどのような方法がありますか?
治療するには、切開・ドレナージ、レーザー治療、凍結療法などがあります。ただし、嚢腫の大きさや症状に応じて適切な治療法を選択する必要があります。医師による診断・治療が必要です。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
9:00-12:00
※日曜午前は10:00-13:00
午後
平日13:00-16:00
村上
不定期
間中、渡邉、安田※不定期
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

皮膚科の疾患

 

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. Mesona-J施術

  2. 皮膚筋炎

  3. アルツハイマー病

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP