アテローム

アテローム

袋状の組織が皮膚の下にでき、そこに垢や皮脂といった老廃物がたまったもので、アテロームや表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)と呼ばれることもある良性の腫瘍です。はじめはあまり目立たず、触れると小さなしこりがあるように感じます。この状態では特に問題はありませんが、粉瘤はサイズが大きくなったり、独特の臭いを生じるようになったり、細菌感染などにより炎症を起こすことがあります。炎症を起こして熱を持ち、化膿して強い痛みや腫れを生じた場合には、できるだけ早く膿を出す処置を行う必要があります。
ニキビだと勘違いされることがありますが、粉瘤はニキビと異なり自然治癒することはありません。ニキビは毛穴が詰まったものですが、粉瘤は袋状になった腫瘍で袋状になった組織を完全に除去しない限り治すことができません。

アテロームの原因

本来であれば剥がれ落ちていくはずだった皮膚が、皮膚の内部にめり込んで袋状の腫瘍を形成し、そこへ皮脂や角質が溜まって腫瘍が形成されます。
毛穴があるところに生じるケースがよく見られますが、毛穴がない部位でも起こります。そのため、小さな傷などをきっかけとして皮膚が内側へめり込むことが原因ではないかと言われています。ですので、虫刺され、ピアス穴、ニキビ跡が原因の一つになることも考えられます。
なぜ正常に剥がれ落ちていかずに内側にめり込んでいくのか、という根本的な原因は未だはっきり分かっておりません。

アテロームとまちがわれやすいできもの

脂肪腫:皮膚の下にある脂肪細胞が増えた良性腫瘍。見た目はほぼ粉瘤と同じ。体幹や腕などに比較的よくみられます。通常、数cm(時に数10cmになることあり)のサイズで、切除やもみだし法によって治療します。
発生率はおよそ1000人に1人で、年齢にかかわらず発生しますが、通常は成人にみられます。脂肪組織の下にある筋肉の層の間まで広がっている場合もあります。
石灰化上皮腫:幼少児の顔面、首、四肢にみられる数ミリから数センチほどの硬い腫瘍。見た目は粉瘤に似ている場合や少し黄色みを帯びており、触るとごつごつして硬いことが多いです。治療は小さく切開して腫瘍本体を摘出します。毛根組織が由来の良性腫瘍と考えられています。
稗粒腫:稗粒腫は”はいりゅうしゅ”と読みます。産毛に角質がたまって袋状になった良性のできものです。まぶたに生じることが多く、サイズが1-3mmぐらいのものが多く、クリーム色~黄色でつるんとした外観です。治療は局所麻酔化で小さな切開を加え、内容を圧出します。
外毛根鞘嚢腫:約90%が頭部に生じます。見た目は粉瘤と同じですが、毛組織が腫瘍化したものです。外観は粉瘤と同じようですが、病理検査を行うことで診断されます。大型のものは、まれに悪性化することがあります。
神経線維腫:末梢神経が腫瘍化したものです。小さなものは粉瘤と見間違うことがありますが、触るとやわらかいのが特徴です。一つだけ発生したり、多数の腫瘍が連なって生じる場合や遺伝的に神経線維腫が多数できる方もあります。
皮様嚢腫:眉毛の付近に発生することが多く、大きさ10-20mmほどで、見た目は粉瘤とほぼ同じように見える腫瘍です。皮脂腺や毛の組織が袋を作っており、中には毛髪が含まれることもあります。腫瘍が骨膜とくっついて深くまで広がっていることもあります。
せつ:毛穴が化膿したもので、周りの毛穴も巻き込んで大きくなることがあります。化膿して腫れている粉瘤と見分けが難しいことがあります。治療は抗生剤の内服、症状によっては切開して膿を出すこともします。

アテロームの治療

粉瘤は悪性ではないので、必ず治療しなければいけないというものではありません。ただし、自然に消滅することはなく、放置しておくと大きくなったり炎症を起こす場合もあります。こうなると治るまでに時間がかかり、傷跡も残りやすくなるため、できるだけ小さいうちに処置してもらうのがおすすめです。粉瘤の袋がなくならない限り再発する恐れがあるため、手術によって袋をキレイに取り除くことがポイントになります。

炎症を起こした粉瘤の場合

炎症を起こした粉瘤は、すぐに手術をすることはできません。強い炎症を伴っている状態で手術を行うと、腫瘍自体が大きいので傷跡が大きくなってしまったり、また、再発が起こりやすくなるといったリスクがあるのです。そのため、まずは皮膚を切開し粉瘤の内容物だけを出します。内容物を取り出しておくだけでも痛みは少なくなり、破裂する危険性もなくなります。しかし、粉瘤の袋が残っている状態だと再び炎症を起こす可能性があるので、数か月おき、あらためて摘出手術を行います。

炎症を起こしていない粉瘤の場合

手術によって、溜まった内容物を袋(嚢胞)ごと取り除きます。その際、袋を取り残すと再発するので、完全に除去することが大切になります。

 

アテロームのよくある質問

Q.足の裏や手のひらのアテロームの特徴は?

A.一般的に表皮嚢腫は毛穴の上方部分の皮膚が陥入して発生すると説明しましたが、毛のない足の裏や手のひらにも表皮嚢腫ができることがあります。これは外傷性表皮嚢腫と呼ばれ、皮膚の一部が小さな外傷や手術の傷により皮膚の内側に陥入してできるといわれています。このタイプの表皮嚢腫の発生にはヒューマンパピローマウイルスというイボウイルスが関与していることがわかっています。足の裏の表皮嚢腫はつねに自分の体重で皮膚の内側へ押し付けられているので、ほかの部位にできたアテロームと異なり、皮膚の外側に盛り上がってくることはありません。そのため皮膚の内部のしこりとして触れることが多く、タコやウオノメと勘違いされていることがあります。

Q.脂肪腫とは違うのですか?

A.脂肪腫とは皮膚の内側に脂肪細胞が増殖してできた本当の脂肪の塊で、アテロームとは全く異なるものです。脂肪腫よりアテロームのほうがよくみられるので、俗に“しぼうのかたまり”というと、正しく表現すれば“皮膚から出る皮脂や角質のかたまり”であるアテロームのほうを指してしまうことがあるようです。脂肪種も身体のどこにでもできます。基本的に痛みなどの自覚症状はありませんが、血管成分を含む血管脂肪種はつまむと痛いことがあります。治療は外科的に切除しますが、サイズの大きなものはMRI検査などで局在を確認してから手術を行うことがあります。

Q.悪性化することはないのですか?

A.アテロームは基本的に良性の腫瘍ですが、非常に経過が長く、サイズの大きなものや炎症を繰り返したものは、ごくまれに悪性化(がん化)したという報告があります。具体的には、中高年齢層の男性の頭部、顔面、臀部の大きなアテロームでは注意が必要で、「急速に大きくなる」「表面の皮膚に傷ができる」などの特徴があるようです。

Q.化膿することがあると聞きましたが?

A.アテロームに何らかの原因で炎症が生じると、表面が赤くなり、痛みを伴うようになります。これを炎症性アテロームと呼びます。炎症がさらに進むと、表面の赤みは拡大し、痛みも強くなり、嚢腫の内容物がドロドロになって膿みとなり、ブヨブヨしてきます。腫れが限界に達すると、嚢腫は破裂して非常に臭いドロドロの膿性内容物が排出されることがあります。
炎症が起きる原因については、外的刺激によって袋状構造物が壊れてしまい、皮膚の内部に角質や皮脂などが排出され、これに対して異物反応が起きるためだといわれています。これに細菌感染が二次的に加わると、さらに炎症症状は増悪します。軽症例では副腎皮質ステロイドの嚢腫内注射が行われることがありますが、強い痛みや腫れがあるときや表面がブヨブヨしている場合は、抗生物質の効果も限定的で、早急に表面を切開して膿みをだしたほうがよいとされてます。

Q.ひとつしかできないのですか?それともたくさんできることがありますか?

A.表皮嚢腫の場合、多くは1個から数個までですが、ときに多発することがあります。多発性毛包嚢腫はわきのした、胸、首、背中、腕に数個からときに20~30個できることがあります。また、中高年の男性の陰嚢にあずきの大きさぐらいのアテロームが無数にできることがあります。これは多発性陰嚢粉瘤症といい、白く石灰化しやすいといわれています。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 疥癬

  2. 光線過敏症

  3. インプラントについて

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP