石灰化上皮腫

石灰化上皮腫とは、皮膚や皮下組織に生じる腫瘍の一種です。良性の腫瘍であり、通常は悪性腫瘍に変化することはありません。しかしながら、悪性腫瘍に変化することもあるため、適切な治療が必要です。

症状は、一般的には小さな丸いしこりの形で現れます。腫瘍はしばしば石灰化しており、硬く、触ると痛みを感じることがあります。顔、頭皮、首、胸部、腹部、脚の表面など、身体のさまざまな部位に発生することがあります。一般的には健康な成人に発生することが多く、男女ともに発生する可能性があります。

原因は、まだはっきりとは分かっていません。しかしながら、紫外線や化学物質、放射線などの環境因子、遺伝的要因が関与している可能性があります。また、免疫力が低下している場合にも発生することがあります。

診断は、一般的には皮膚科医による身体検査によって行われます。皮膚科医は、石灰化上皮腫を診断するために、腫瘍の見た目、石灰化の程度、腫瘍の大きさ、痛みの有無などを調べます。さらに、皮膚組織の検査(生検)を行うこともあります。

治療法は、一般的には手術による摘出が行われます。手術は、石灰化上皮腫を完全に摘出することができ、再発のリスクを減らすことができます。また、手術後には、石灰化上皮腫を完全に除去するために、放射線療法が必要になる場合があります。治療の結果、多くの患者は完全に治癒し、再発することは稀です。

予防策は、まだ十分に研究されていません。しかしながら、紫外線の被曝を減らすこと、健康的な生活習慣を維持することが有効な予防策として考えられています。また、定期的な皮膚検査を受けることで、早期発見・早期治療が可能となります。

石灰化上皮腫は、良性腫瘍であるため、一般的には死亡率は非常に低く、予後は良好です。しかしながら、悪性腫瘍に変化する可能性があるため、適切な治療を受けることが重要です。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
9:00-12:00
※日曜午前は10:00-13:00
午後
平日13:00-16:00
村上
不定期
間中、渡邉、安田※不定期
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

 

皮膚科の疾患

 

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 根管治療について

  2. 髄膜炎

  3. 褥瘡

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP