ほくろの除去

ほくろの除去

ほくろの除去は皮膚科または形成外科(美容皮膚科)を受診しましょう。ほくろの除去は、皮膚科でも美容皮膚科でも受けることが可能です。
今までほくろだと思っていたものが、ほくろに似た見た目である皮膚がんのメラノーマだったということもまれにあり、そういった皮膚病理を専門的にみるためには皮膚科の受診が適しています。皮膚科が重点を置くのは「再発しない徹底的な切除」であるため、まず再発させないことを優先します。
一方、美容皮膚科はケガや手術など体の表面における異常を機能的・審美的に正常な状態にする治療を行います。そのため、美容皮膚科での治療は傷跡を目立たなくすることはもちろん、いかにきれいに仕上げるかということまで含まれています。

医師と相談のうえで適切な施術法を決める

まずはほくろを医師に診察を受けて、施術法について相談のうえで決定していきます。
各施術法によってメリットやデメリット、施術後のケアなどが異なります。また、ほくろの部位・大きさ・形状によっても最適とされる施術法が変わってきます。これらを理解したうえでご自身のほくろの状態に合った施術法について自分で納得するまでしっかりと相談しましょう。

一般的なほくろの除去

ほくろの施術は一般的に「切除法」「炭酸(CO2)ガスレーザー法」「くり抜き法」があります。「切除法」はメスで切除したあと縫合します。皮膚の奥深くまで残さず取り除けるため再発しにくい方法です。

「炭酸(CO2)ガスレーザー法」はレーザーでほくろを除去します。切除法と違って切らないため傷跡が目立ちにくく、ターゲットのほくろ以外にはダメージを与えないので出血が少なく比較的治りも早いのが特徴です。

「くり抜き法」は円形のメスでほくろを円形にくり抜く方法です。施術後に皮膚に開いた穴は基本的に縫合せず、薬を塗り自然に穴がふさがるのを待ちます。そのため傷が治るのに数週間かかりますが、傷跡はにきびの痕程度まで小さくなります。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
9:00-12:00
※日曜午前は10:00-13:00
午後
平日13:00-16:00
村上
不定期
間中、渡邉、安田※不定期
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

 

 

皮膚科の疾患

 

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 歯の矯正について

  2. 扁桃炎

  3. 膿疱性乾癬

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP