突発性発疹症

突発性発疹症

突発性発疹症は、突然の高熱と解熱前後の発疹(ほっしん)が特徴で、特に治療をすることなく改善するウイルス感染症の一つです。原因となるウイルスは、「ヒトヘルペスウイルス6(=HHV-6)」あるいは「ヒトヘルペスウイルス7(HHV-7)」です。99%の人は、3歳までにこれらのウイルスに感染すると言われています。
HHV-7はHHV-6よりも遅れて感染する傾向があり、HHV-7による突発性発疹は臨床的には2度目の突発性発疹として発症することがあります。つまり、突発性発疹症に2回かかることがあります。
しかし、不顕性感染(ふけんせいかんせん)といって、そのようなウイルスに感染しても症状が出ずに終わってしまうことが20〜40%あると報告されています。

突発性発疹の原因

生後6カ月前後は、お母さんのお腹にいる時に臍帯(へそ)からもらっていた免疫力(抗体)が減少し、免疫力が最も低い時期。この頃から風邪をひきやすくなり、最初に発熱する時期になります。この時期に多く見られるのが突発性発疹。生後6カ月頃から2歳までに発症する病気で、水疱瘡などのウイルスと親戚関係にあるヘルペスウイルス6型(HHV-6)と7型(HHV-7)が原因で起こります。突発性発疹の原因がHHV-6ウイルスであることは、日本人の山西先生が発見されました。
感染経路は、唾液などを介してうつる飛沫感染、気道感染と言われていますが、はっきりとはわかっていません。感染から発症するまでの潜伏期間は10日程度。しかし、発疹が出た時にはウイルスはかなり減少しているので、感染力が低下しています。また、「不顕性感染」と言って、感染しても症状が出ないケースが20~40%程度あると言われています。

突発性発疹の症状

解熱後にこのような小さな赤いブツブツが出てきます名前の通り、突然、発熱して38℃以上高熱が3日程度続き、解熱後に突然発疹が出現します。発疹も3日程度で消え、多くはこの症状で終わります。突発性発疹が出ても子供は比較的機嫌の良いことが多いですが、機嫌が悪い時もあります。
発疹は、細かい赤い発疹で、少し盛り上がっているのが特徴。時々ブツブツがくっついて大きな赤い発疹になることもあります。他の症状として、頭の骨の無い部分である大泉門の張りや、下痢、リンパ節の腫れが確認できることもあります。

治療

ウイルスが原因なので、特効薬はなく、自然に治るのを待ちます。
高熱で赤ちゃんが辛そうな時、寝ない時は、やさしい解熱剤を使用することもあります。熱のある間は、気持ちよく過ごせるように部屋の温度調節をしたり、冷やすなどしましょう。脱水に陥らないようにこまめに水分を補給しましょう。熱や発疹があっても入浴してかまいません。暑い季節なら少しぬるめの温度でさっとシャワーを浴びる程度にして、寒い季節なら浴槽で温まると良いでしょう。

予防/治療後の注意

この疾患は高熱でも意外に元気なのが特徴ですが、安静にさせることが大切です。また、熱が上がる際に熱性けいれんを起こすこともあるため、注意して観察する必要があります。予防で気をつけることは特になく、移植患者など免疫抑制状態化(体の免疫機能が低下している状態)にある患者が発症した場合は、抗ウイルス剤の使用を検討する価値もあると考えられています。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 突発性発疹症

  2. 混合性結合組織病

  3. 魚鱗癬

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP