乾癬

乾癬

乾癬とは、皮膚が赤くなり、盛り上がったところにフケのようなカサカサした白いかさぶたができることをいいます白いかさぶたは古い皮膚の細胞が角化してもりあがっている垢で鱗屑(りんせつ)と言います。鱗屑を無理にはがすと点状の出血がみられるアウスピッツ現象(Auspitz phenomenon)が見られます。通常、皮膚が生まれ変わるまでの時間(ターンオーバー)は45日ほどですが、乾癬では4~7日間と新陳代謝の速度が約10倍となり表皮が異常に増殖します。
皮膚のどこでもおきる可能性がありますが、髪の生え際や頭皮、膝や肘など外からの刺激が多い場所に多いといわれます。かゆみで悩むひとも多く、掻いてしまうと乾癬が悪化してしまいます。日本人の300人に1人程度、中年の男性に多いのも特徴で、乾癬の患者さんの約65%が男性です。
乾癬にはいくつかタイプがありますが尋常性乾癬が大半を占め、皮膚の赤い部分に白く角化した垢がもりあがる状態になります。乾癬がある方のうち2割で爪にはがれる、変形などの異常や関節炎を併発するといわれています。

乾癬の種類

尋常性乾癬 (局面型乾癬)

尋常性は“最も普通の”という意味で、乾癬患者さんの約90%がこのタイプの乾癬です。
1つ1つの皮疹が大きくなって互いにくっつくと、局面(プラーク)を形成するので、欧米では「局面型乾癬」と呼ばれています。
関節症性乾癬(乾癬性関節炎)
皮膚症状に加え、関節に痛みや変形などがあらわれます。少し関節が腫れているだけの軽い人から、手足の指、背骨、腰などの関節が変形し、日常生活に支障のある人まで個人差があります。関節リウマチに似ていますが、血液検査でリウマチ反応が陰性の場合がほとんどです。
関節炎を生じた関節では強い炎症によって腫れや強い痛みが起きるばかりでなく、骨が少しずつ壊され、やがて変形してしまいます。このような関節の変化を「関節破壊」と呼んでいます。
膿疱性乾癬
カサカサした部分だけでなく、少しジクジクして真っ赤な部分が生じ、その中に膿疱(白または黄色い膿をもつ小さな発疹)ができます。高熱、全身のむくみ、関節痛、倦怠感などがみられ、多くの場合、入院による治療が必要となります。
乾癬性紅皮症
皮膚症状が広がった状態で、全身の90%以上が真っ赤になります。皮膚の働きが損なわれるため体温調節ができなくなり、発熱や倦怠感を生じます。ときに入院が必要となることもあります。
急性滴状乾癬
風邪や扁桃炎などに引き続いて、全身に滴状(水滴くらいに小さい:米粒大~大豆大くらい)の落屑を伴う紅斑が急速にあらわれます。
乾癬の原因
乾癬の原因についてはいろいろな研究が進んでいますが、まだ完全には解明されていません。
乾癬になりやすい体質があり、そこに感染症や精神的ストレス、薬剤などのさまざまな要因が加わって発症すると考えられています。糖尿病や脂質異常症(高脂血症)、肥満なども影響するといわれています。

乾癬の治療法

乾癬は専門医による診断と治療が必要です。「乾癬かな?」と思う症状が現れた場合や、乾癬の症状が悪化した場合は、専門医を受診しましょう。
乾癬に対する根本的な治療法はまだ確立されていませんが、専門医が適切な治療を行うことによって、症状が出ないようにコントロールします。
主な治療法は、「外用療法」「光線療法」「内服療法」「生物学的製剤」の4つです。

外用療法

皮膚の炎症を抑える「ステロイド外用剤」や皮膚の異常な増殖を抑える「活性型ビタミンD3外用剤」などの塗り薬を用いた治療法です。

光線療法

治療用の紫外線を患部または全身にあてて、免疫系の過剰な働きを抑える治療法です。紫外線に反応する特殊な薬剤を内服あるいは塗布した上で、治療用紫外線を照射する方法もあります。十分な効果をえるためには、治療期間中は定期的に通院して照射を受ける必要があります。

内服療法

乾癬の症状を抑えるレチノイドやシクロスポリン、メトトレキサートなどの飲み薬による治療です。かゆみ症状が強い場合はかゆみを抑える抗ヒスタミン薬を、関節痛などの痛みがある場合は消炎鎮痛剤を併用して症状を緩和します。

生物学的製剤

生物学的製剤は化学的に合成した薬ではなく、生体の中で抗体ができる仕組みを利用して作った新しいタイプの薬です。注射もしくは点滴によって炎症や免疫異常に関係する物質に働きかけることができます。
生物学的製剤による治療は、外用療法・光線療法・内服療法が効かない患者に対して行われます。この治療を開始できるのは、日本皮膚科学会から生物学的製剤使用を許可された施設のみです。

専門医は患者の状態やライフスタイルに合わせて、これらの4つの治療法を単独で、もしくは併用して治療を進めます。
乾癬の発症・悪化には、日常的なストレスや食生活の乱れも関係していることがあります。乾癬の治療では、医師の指導のもと、日々の生活習慣を見直すことも大切です。
皮膚が乾燥すると乾癬が悪化しやすくなるため、乾燥しやすい季節には、保湿剤によるスキンケアを心がけましょう。
乾癬は、何かのきっかけで発症を繰り返しやすい病気です。一度よくなったと思っても、自己判断で治療を中断せず、専門医の指導に従って適切な治療を受けましょう。

 

乾癬のよくある質問

Q.うつりませんか?

A.決してうつりません。乾癬の患者さんは、発疹を見られるという意味で、周囲からの視線を意識して生活しています。その意味で乾癬は極めて社会的な病気で患者さんの生活の質が低下しています。この病気がうつらないという情報は極めて重要です。日本皮膚科学会は、一般社会に対して、乾癬が決してうつらない病気であることを常に啓発しています。

Q.どんな時に発疹が出やすいですか?

A.上気道感染(かぜ、扁桃炎)などの感染症、擦ったりする機械的刺激、特殊な薬剤、仕事や家庭でのストレスなどがあげられます。逆に日光(紫外線)は乾癬に対し良い効果があります。顔は発疹があまり出ませんが、これは紫外線のためと考えられています。乾癬の場合、発疹の存在そのものにより精神的、社会的に生活の質(QOL)が障害されていることに加え、慢性であるがゆえの治療(特に外用療法)の煩わしさが存在します。治療に対する不満は、それ自体がストレスとなりますから納得がいくまで治療方針の説明を受けたらいいでしょう。

Q.どういう場所に発疹が出やすいですか?

A.乾癬の発疹は、全身のどこにでも出ますが、こすれる場所に出やすいという特徴があります。具体的には肘、膝、腰まわりなどです。頭も毛髪が伸びる時、毛が皮膚をこするため好発部位となります。ですから、たとえば入浴時にもあまり硬いタオルでこすることはよくありません。細いジーパンも好ましくありません。かゆみのため、引っ掻くことも皮疹の悪化につながります。

Q.乾癬を発症すると、一生治療が必要ですか?

A.乾癬は糖尿病や高血圧のように治療しながら上手に付き合っていく病気です。乾癬そのものを完治させることは難しいのですが、最近はさまざまな治療方法が開発され、症状がほとんどない状態を長期間保つこともできるようになりました。また、治療だけでなく、食生活を見直す、体重を少し落としてみる、たばこをやめる、などの生活習慣の改善も、乾癬の症状を良くするためのポイントです。気になることは、どんどん主治医に相談しましょう。

Q.日常生活上の注意は何ですか?

A.食べ物はバランスよく、また規則正しい生活を勧めます。カロリーのとりすぎは乾癬を悪化させます。またストレスも皮疹を悪化させますのでできるだけ避ける工夫を考えてください。日光浴を勧めます。ただし紫外線照射で逆に悪化する患者さんもいますから過度な日光浴は避けて下さい。乾癬は慢性に経過することが多いので、経過中ふだんと異なる発疹や症状が出た場合は遠慮なく医師(皮膚科専門医)に相談したらいいでしょう。

Q.一度かかると、患部は広がり続けるのでしょうか?

A.患部は広がり続けることはなく、治療を続けることで縮小させることができます。

Q.乾癬はメタボと関係があると聞きましたが?

A.メタボとはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の略です。
内臓に脂肪が蓄積した内臓型肥満に加えて、高血糖・高血圧・脂質異常のうち、2つ以上をあわせ持った状態をいいます。
内臓の脂肪からは生理活性物質*が分泌されます。生理活性物質には悪玉と善玉があり、悪玉は皮膚に炎症を起こしたり角化を促進したりするように働くため、乾癬を悪化させます。一方、善玉は、炎症を抑制するように働いて症状を抑えます。
メタボで内臓脂肪が増加すると悪玉が増加し、善玉が減少するので乾癬が悪化すると考えられています。
したがって、患者さんの状態によりますが、乾癬の治療と同時に体重の管理を含めたメタボの治療を行うことがあります。

Q.爪が正常とは違うように思うのですが、乾癬と関係がありますか?

A.爪乾癬の可能性がありますので主治医に相談してみてください。爪乾癬では、爪の表面が白く濁る、爪が厚くなる、点状のくぼみがみられる、爪全体が変形するなどの症状を伴うのが特徴です。爪乾癬は治療により改善する可能性があります。
また、爪乾癬がある患者さんは乾癬性関節炎を伴いやすいことが知られています。手や足の指が腫れたり、首から背骨、アキレス腱や足の裏などに痛みを感じたりすることがあれば、主治医に相談してください。

Q.乾癬が原因でがんになることはあるのでしょうか?

A.乾癬とがんの関係性は明確ではありません。過度な日光浴は逆に乾癬を悪化させたり、皮膚がんの原因となったりするなど負の作用もありますので、日焼けのし過ぎは禁物です。また重症な乾癬患者に多いと言われる肥満や喫煙が発がんの危険因子でもあります。

Q.症状を悪化させる原因があれば教えてください。

A.皮疹をかきむしったり、かさぶたをはがしたり、入浴時にゴシゴシ洗い過ぎると悪化の原因になります。シャンプーや石鹸の刺激でも悪化することがありますので低刺激のものを選びましょう。また感染症や薬剤、精神的ストレスも悪化因子として知られています。

Q.外用薬はいつまで塗ればいいですか?

A.患者さんの症状に応じて外用薬の種類や使用量、使用期間が選択されていますので、一様に使用期間を示すことはできません。ご自身の判断で治療を中止したり、塗りすぎたりしないように医師の指示どおりに正しく使いましょう。

Q.かゆみを我慢できません。かゆみを抑える方法はありますか?

A.タオルを巻いた保冷剤などで患部を冷やすことで、かゆみをある程度抑えることができます。なお、引っかくことによって症状が悪化したり、症状が出ていない部分にも新たな症状が出てきたりすることがあるので、かゆみが我慢できないときは皮膚科医に相談し、かゆみ止めの飲み薬などを処方してもらいましょう。また相談する際、どこが、いつ、どの程度かゆいのかを具体的に伝えることが大切です。

Q.頭髪が抜け、薄毛につながったりするのでしょうか?

A.頭皮は乾癬の症状が出やすい部位ですが、膿疱性乾癬の一部を除き、乾癬が直接の原因で頭髪が抜けるということはありません。ただし、かゆみがある場合に、頭皮を引っかくことが抜け毛につながる可能性がありますので、かゆみが我慢できない場合は皮膚科医に相談しましょう。

Q.ヘアカラー(髪染め)をしても大丈夫でしょうか?

A.症状が出ていない皮膚に刺激を与えると、その刺激をきっかけに新たな発疹が現れることがあり、症状を悪化させてしまう恐れがあります。また頭皮に皮疹や炎症がある場合、刺激し悪化する恐れもあります。詳しくは皮膚科医にご相談ください。

Q.症状のある部位に化粧、日焼け止めをしても大丈夫でしょうか?

A.日常生活での日焼け止めや化粧品の使用は問題ありませんが、低刺激のものを選びましょう。過度の日焼けは悪化因子となりますので、山や海などの強い紫外線を浴びる場所に行く場合は必ず低刺激の日焼け止めを使用しましょう。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 脂肪腫

  2. アテローム

  3. 膿疱性乾癬

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP