光線過敏症

光線過敏症

光線過敏症は、普通な方では何でもないような光線曝露で、異常な皮膚症状が生じます。たとえていえば、発熱という症状には、かぜや細菌感染、膠原病など多くの原因があるように、光線過敏症も一つの病気ではなく、多くの原因、機序があります。光線過敏症には光線に当たらない限りその状態が起こらない狭い意味の光線過敏症と、別の原因の病気が光線に当たることで、誘発されたり悪化したりする広い意味での光線過敏症があります。

光線過敏症の原因

日光過敏症には、大きく分けて外因性と、内因性の2つのタイプがあります。

外因性

外因性…口にした、あるいは肌に触れることによって体内に取り込んだ薬剤や食品などに含まれる物質が皮膚に運ばれ、そこに光線があたることで物質が変化し、皮膚の炎症を引き起こします(例:肌に触れた化粧品・植物成分・貼り薬や、口にした食品・薬剤など)。
外因性の日光過敏症には、これらの物質に対する免疫反応を介して発症するもの(光アレルギー性)と、特殊な物質に日光が当たることによって直接肌にダメージを与えるもの(光毒性)があります。

内因性

内因性…特定の遺伝子疾患や代謝疾患を持つ人が、光線を浴びることで発症します。
日光過敏症が疑われるときは、医療機関を受診してできるだけ原因を特定し、適切に対処する必要があります。
日光過敏症は原因不明で起きることもありますが、原因がはっきりしているものにはそれぞれ疾患名がつけられています。
日光過敏症を発症する主な疾患
日光蕁麻疹…日光に当たった直後にかゆみを伴う赤みが出ます。皮膚の中に存在する何かしらのアレルゲンに日光の刺激が加わることで、即時型アレルギー反応を引き起こします。可視光線が発症のきっかけになることが多いと考えられていますが、紫外線によって発症するものもあります。
多形日光疹…若い女性に多くみられ、日光が当たった部位にかゆみを伴う赤みやブツブツ、小さな水ぶくれができます。原因は不明ですが、夏場に多い傾向があります。ほとんどは次第に症状が軽くなり、自然に治ることがあります。
薬剤性光線過敏症・光接触皮膚炎…外因性の化学物質によって引き起こされる光線過敏症です。薬剤性光線過敏症では、内服薬の服用後に日光が当たった皮膚の広い範囲に赤い発疹が出ます。一方、光接触皮膚炎では湿布薬や塗り薬を付けた部位に日光が当たることで、境界線のはっきりとしたかぶれ症状が現れます。いずれも、薬品に含まれる成分が紫外線によって変化し、光毒性を持つ、あるいはアレルギー反応を引き起こすことで発症します。医薬品の他、化粧品やサンスクリーン剤の成分や、果汁、植物エキスによっても発症します。
その他の疾患…色素性乾皮症やポルフィリン症などがあります。

光線過敏症の治療

日光アレルギーは発疹や赤みなどの病変が発現してから、数分~数時間ほどで症状が次第に治まっていきます。有効性の高い治療方法はこれといってなく、まずは日光を浴びる機会を極力減らすことが肝心です。
化学物質による光線過敏症を生じている患者の場合は、まず該当する薬剤の使用をやめ、1週間前後は直射日光を避けて生活します。ガラスを通過した日光も危険ですので注意してください。まだ、ステロイド外用薬を塗布したりヒスタミン剤を使ったりして症状を緩和し、日光を極力浴びないようにしている期間中に、過剰な反応を起きにくい体質にしていきます。
多形日光疹の患者や全身性エリテマトーデスによる光線過敏症のある患者の場合は、コルチコステロイドを塗布するか内服、またはヒドロキシクロロキンを内服したりといった治療が有効です。この場合、紫外線を浴びる量を少しずつ増やしていくことで、日光に対する過敏な反応を軽減していくことができる可能性が期待されています。

日光アレルギーの予防法

日光アレルギーには多様な病気があります。内因性の日光アレルギーは発症自体を予防することは難しいのですが、衣服や帽子、日傘などで遮光対策をすることで悪化を予防することはできます。
外因性の日光アレルギーの場合は、薬や化粧品などを使用する前に注意事項を確認し、正しく対処することが予防につながります。たとえば、日光の当たる部位には日光アレルギーのリスクが高い外用薬や湿布剤などは使わないほうが安心です。どうしても使う必要がある場合には、衣服や帽子、日傘などを使って、紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。また、露出部に湿布剤を使用する場合は、サポーターなどで覆うのもおすすめです。
さらに、日焼け止めを塗ることも有効です。ただし、一部の紫外線吸収剤にはアレルギーの原因物質が含まれていることがあるため、肌が敏感な人は紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めを使うほうが安心でしょう。
なお、薬などは使用をやめてからも1週間ほどは成分が体内に残存していることがありますので、使用後もしばらくは紫外線対策を徹底するようにしましょう。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. ジアノッティ病

  2. いちご状血管腫

  3. てんかん

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP