水ぼうそう

水ぼうそうとは、水痘とも呼ばれ、主に乳幼児期に感染するウイルス性の感染症です。一般的には、発疹、発熱、かゆみなどの症状が現れます。水ぼうそうは、水痘ウイルスに感染することで引き起こされます。このウイルスは、感染者の咳やくしゃみによって広がるため、非常に感染しやすい病気です。ここでは、水ぼうそうについて詳しく説明します。

症状
水ぼうそうの症状には、以下が含まれます。
発疹:水ぼうそうは、体中に赤い発疹が現れる病気です。発疹は、初めは小さな赤い斑点から始まり、その後水疱になります。水疱は、痒みが強く、破れるとかさぶたになります。発疹は、通常1週間から10日程度で治まります。
発熱:水ぼうそうの患者は、通常発熱を発します。発熱は、体温が38度以上に上がることがあります。
その他の症状:水ぼうそうには、以下のような症状も現れることがあります。
・頭痛
・疲労感
・喉の痛み
・眼のかゆみ

治療
治療には、以下のような方法があります。
症状の緩和:水ぼうそうの発疹は、痒みが強いため、かゆみを緩和する薬が処方されることがあります。また、発熱がある場合は、解熱剤が処方されます。
感染の予防:水ぼうそうは、高い感染力を持つため、患者の隔離が必要となります。また、予防接種が行われています。予防接種は、水痘ウイルスの弱毒株を使って行われるため、感染のリスクを大幅に低減することができます。
合併症の治療:水ぼうそうには、合併症が発生するこることがあります。合併症には、以下が含まれます
菌状息肉症:水疱が化膿して、菌が感染することによって引き起こされます。
脳炎:脳が炎症を起こすことによって引き起こされます。
肺炎:肺が炎症を起こすことによって引き起こされます。

合併症が発生した場合は、専門医の治療を受ける必要があります。

予防
水ぼうそうの予防には、以下のような方法があります。
予防接種:水ぼうそうの予防接種は、水痘ウイルスの弱毒株を使って行われます。2回の接種が必要で、1回目は12〜15か月齢、2回目は4〜6歳の間に接種されます。接種によって、水ぼうそうにかかるリスクを大幅に減らすことができます。
感染予防策:水ぼうそうは、感染力が非常に強いため、患者の隔離が必要です。また、手洗いや咳エチケットなどの感染予防策を実践することが重要です。
早期の発見と治療:水ぼうそうの症状が現れた場合は、早期に医療機関を受診し、治療を受けることが重要です。また、合併症が発生した場合は、専門医の治療を受ける必要があります。

まとめ
水ぼうそうは、主に乳幼児期に感染するウイルス性の感染症です。発疹、発熱、かゆみなどの症状が現れます。感染予防策としては、予防接種、感染予防策の実践、早期の発見と治療が重要です。合併症が発生した場合は、専門医の治療を受ける必要があります。

 

Q&A

  • 水ぼうそうはどのような病気ですか?
    水ぼうそうは、ウイルス感染症で、病原体は水痘・帯状疱疹ウイルス(Varicella-Zoster Virus:VZV)です。水ぼうそうの主な症状には、皮膚に発疹、発熱、頭痛、筋肉痛、そして、かゆみがあります。
  • どのように感染しますか?
    感染した人からの接触、または、感染した人がくしゃみや咳をすることによって飛沫感染することがあります。また、病原体が付着した物品からの接触感染もあります。
  • 治療方法は何ですか?
    症状を軽減する薬の処方、特に高リスクの人々には抗ウイルス薬の処方が含まれます。また、皮膚に発生した水疱を清潔に保ち、炎症を抑えるために湿布を使用することもあります。
  • どの程度の期間で治りますか?
    通常、2週間程度で治癒します。ただし、重症の場合や合併症がある場合は、治療期間が長くなる場合があります。
  • 水ぼうそうに罹った場合、どのような注意事項がありますか?
    十分な休養と適切な食事が必要です。また、水疱をかいたり、擦ったりしないように注意することも重要です。水疱を清潔に保つことが必要です。
  • 予防できますか?
    水疱瘡ワクチンによって予防することができます。ワクチンは、一般的には1回の接種で効果があるとされています。予防接種を受けることによって、水ぼうそうに罹患するリスクを大幅に減らすことができます。
  • 水ぼうそうによる合併症とは何ですか?
    合併症には以下のようなものがあります。
    ・細菌感染症:水ぼうそうにかかることで、皮膚にある水疱が破裂し、細菌が入り込んで感染することがあります。
    ・肺炎:水ぼうそうに罹った場合、呼吸器系に感染することがあり、肺炎を発症する可能性があります。
    ・脳炎:水ぼうそうに罹患した場合、脳炎を発症するリスクがあります。脳炎は、脳の炎症によって引き起こされる病気で、重症化すると死に至ることもあります。
  • 水ぼうそうワクチンはどのような人に勧められますか?
    通常、1歳から12歳までの子供に勧められます。また、水ぼうそうにかかったことがない成人も、ワクチンを接種することができます。水ぼうそうにかかったことがある人には、再度の感染リスクが低いため、ワクチン接種は必要ありません。
  • 水ぼうそうにかかった場合、学校や職場に出勤することはできますか?
    発疹が治まるまで家で休むことが推奨されます。また、周りの人への感染リスクを考慮し、学校や職場への出勤は避けるべきです。
  • 水ぼうそうと帯状疱疹は関係があるのでしょうか?
    水ぼうそうと帯状疱疹は、同じウイルスによって引き起こされる疾患です。水痘ウイルスが体内に侵入すると、最初に水ぼうそうを引き起こし、それが治癒した後にウイルスは神経組織に潜伏して、帯状疱疹を引き起こすことがあります。したがって、水ぼうそうにかかった人は、将来的に帯状疱疹にかかる可能性があります。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
9:00-12:00
※日曜午前は10:00-13:00
午後
平日13:00-16:00
村上
不定期
間中、渡邉、安田※不定期
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

 

皮膚科の疾患

 

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. とびひ

  2. 帯状疱疹(ヘルペス)・帯状疱疹後神経痛の治療

  3. 治療が必要な歯の症状

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP