手足口病

手足口病

手足口病は毎年、夏を中心に流行し、手・足・口に水ぶくれ様の発疹が現れるウイルス感染症です。コクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型などエンテロウイルス属に含まれるウイルスが原因です。乳幼児に多い感染症ですが、学童など年長の子どもでも流行がみられることがあります。感染症法では小児科定点対象疾患5類感染症に定められています。

病原体

CA16、EV71、さらにCA6などのエンテロウイルス(A群エンテロウイルス, Enterovirus A)が病因となります。ヒト-ヒト伝播は主として咽頭から排泄されるウイルスによる飛沫感染で起こりますが、便中に排泄されたウイルスによる経口感染、水疱内容物からの感染などもあります。便中へのウイルスの排泄は長期間にわたり、症状が消失した患者も2~4週間にわたり感染源になります。腸管で増殖したウイルスがウイルス血症後中枢神経系(特にEV71)に到達すると、中枢神経症状を起こす場合もあります。いちど手足口病を発病すると、その病因ウイルスに対しての免疫は成立しますが、他のウイルスによる手足口病を起こすこともあります。

治療

特別な治療はありません。発熱や口の痛みを抑えるために、解熱鎮痛剤が使われることがあります。口の中の痛みによって十分な水分・食事が摂れなくなった場合には、点滴による水分補給が必要な場合があります。

予防

予防のためには、患者もその周囲の人たちも、手をよく洗うことです。患者の便には1か月ほど病原体のウイルスが出ている可能性があるので、特に患児のおしめを替えた後などは、よく手を洗いましょう。患者はトイレの後に、周囲の人たちは食事や鼻をほじくる前に、特に注意して手を洗いましょう。おしりをふいたときなどにウイルスが付着する可能性があるので、患者のタオルは別にしましょう。

 

手足口病のよくある質問

Q.手足口病の潜伏期間は?

A.感染してから、手足口病の症状がでるまでの期間は、一般的に3日から6日と報告されています。

Q.手足口病の感染経路は?

A.感染者の鼻やのどからの分泌物や便に排出されるウイルスが、経口・飛沫・接触などの経路により人から人に感染します。

Q.手足口病はどのような人がかかる?

A.通常は、10歳以下の乳幼児・小児に発生しますが、大人もかかることがあります。一度かかると免疫が成立し(防御の仕組みができあがる)ますが、手足口病は、複数のウイルスによって引き起こされますので、免疫の成立しているウイルスとは別のウイルスによって再び引き起こされることがあります。

Q.手足口病の治療法は?

A.手足口病に対する特異的な治療法はありません。発熱、頭痛、口腔内の潰瘍の痛み等のそれぞれの症状に対する対処療法が中心です。

Q.どのような症状の変化に注意したらよい?

A.手足口病の発熱は、通常は軽度で一時的です。突然の高熱或いは微熱でも持続するもの、嘔吐を繰り返すもの、意識状態に変化が見られるものは注意信号です。

Q.手足口病の予防方法は?

A.手足口病には、有効なワクチンがありません。従って
手洗いの励行(これは特におしめ等を交換した時重要です)
汚れた衣服は洗濯する
といった一般的な注意が必要です。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. イボの治療

  2. 受け口(下顎前突、反対咬合)の治療・矯正

  3. 抜け毛・薄毛の治療(AGA)

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP