基底細胞がん

基底細胞がんとは、皮膚の中でも最も表層に位置する基底細胞層から発生するがんの一種です。基底細胞がんは、一般的には皮膚の紫外線被曝が原因で発生することが多く、老人や白人、光線過敏症などのリスクファクターを有する人々に発症しやすいとされています。本稿では、基底細胞がんの症状、原因、診断、治療について詳しく説明します。

【症状】
基底細胞がんの初期症状は、しばしば小さな塊やしこり、腫れ、または赤みのある斑点の形で現れます。これらの症状は通常、皮膚の露出部位に発生します。 このがんは、一般的には成長が遅く、痛みを伴わないため、患者は発見が遅れがちです。症状が進行すると、患部にかさぶたができたり、出血が生じることがあります。

【原因】
基底細胞がんの主な原因は紫外線被曝であるとされています。日焼け、長時間の外出、または室内の日光浴もこのがんの原因となります。その他のリスクファクターには、白人であること、年齢、光線過敏症、放射線暴露、遺伝的要因などが挙げられます。

【診断】
基底細胞がんを診断するためには、皮膚科医が病変を調べる必要があります。皮膚科医は、顕微鏡や生検を使用して、病変ががんであるかどうかを確認します。 一般的には、皮膚科医は見た目で判断することができますが、生検が必要な場合もあります。

【治療】
基底細胞がんの治療法は、がんの進行度合いによって異なります。治療法には、手術、放射線療法、化学療法、免疫療法などがあります。手術は、がん細胞を切り取るために行われます。手術けて、患部の再建が必要な場合は、皮膚移植や組織拡張器を使用することがあります。放射線療法は、高エネルギーの放射線を使用してがん細胞を破壊する治療法です。放射線療法は、手術後にがん細胞が残っている場合や、がんが再発した場合に使用されます。化学療法は、がん細胞を殺すために薬剤を使用する治療法です。基底細胞がんでは、化学療法はあまり効果がないとされていますが、進行した場合には選択肢として検討されることがあります。免疫療法は、患者の免疫システムを活性化させ、がん細胞を攻撃する治療法です。最近では、基底細胞がんの治療にも免疫療法が使われることがあります。

【予防】
基底細胞がんの予防には、日焼け止めの使用や遮光服の着用、長時間の日光浴の避け方などが重要です。特に、白人である場合、光線過敏症である場合、または遺伝的要因がある場合には、日焼け止めや帽子、長袖の服を着用して、日焼けを予防することが重要です。また、皮膚検査を受けることで、早期発見・治療ができるようにすることも大切です。

【まとめ】
基底細胞がんは、皮膚の表層に位置する基底細胞層から発生するがんで、紫外線被曝が主な原因とされています。症状は小さな塊やしこり、腫れ、赤みなどで現れます。診断には、生検が必要な場合もあります。治療法は、手術、放射線療法、化学療法、免疫療法などがあります。予防には、日焼け止めの使用や遮光服の着用、長時間の日光浴の避け方などが重要です。早期発見・治療が大切であるため、定期的な皮膚検査を受けることがけて、基底細胞がんを早期に発見し、治療することが重要です。定期的な皮膚検査を受けること、紫外線を浴びた後には皮膚を保護すること、日焼け止めの使用、遮光服の着用など、予防にも取り組むことが大切です。
基底細胞がんは、一般的には進行が遅いため、早期発見・治療すれば治癒率は高く、予後も良好とされています。しかし、放置すると周囲の組織に侵入し、手術で切除しきれない場合には、再発や転移を起こす可能性もあるため、早期に治療を受けることが重要です。
基底細胞がんは、発生頻度が高く、治癒率が高いがんの一つです。しかし、放置すると深刻な合併症を引き起こすこともあるため、注意が必要です。皮膚の異常を感じたら、早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
9:00-12:00
※日曜午前は10:00-13:00
午後
平日13:00-16:00
村上
不定期
間中、渡邉、安田※不定期
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

 

 

皮膚科の疾患

 

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 生活習慣病について

  2. アルツハイマー病

  3. 狭心症・心筋梗塞

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP