小児歯科

小児歯科とは

小児歯科は、子供の歯の健康を守る専門の歯科診療科です。虫歯治療だけでなく、歯磨き指導やフッ素塗布、歯並びの矯正など、子供の成長に合わせて様々なケアを行います。

子供の歯は、大人の歯とは構造や成長過程が異なるため、大人とは異なるケアが必要です。小児歯科では、子供の歯の成長段階に合わせた専門的な治療と予防を提供することで、虫歯や歯周病などの病気を未然に防ぎ、健康な歯の成長をサポートします。

小児歯科の重要性

小児歯科には、以下のような重要な役割があります。

  • 虫歯や歯周病などの早期発見・早期治療
    子供の歯を隅々までチェックし、虫歯や歯周病などの病気を早期に発見します。子供の虫歯は進行が早いため、早期に発見して治療することが重要です。
  • 正しい歯磨きの習慣の指導
    子供の歯磨きは、大人の歯磨きとは方法が異なります。小児歯科では、子供の年齢や成長段階に合わせた正しい歯磨きの方法を指導します。
  • 歯並びや噛み合わせの異常の早期発見・治療
    子供の歯並びや噛み合わせは、成長とともに変化していきます。小児歯科では、歯並びや噛み合わせの異常を早期に発見し、適切な治療を行います。
  • フッ素塗布やシーラントなどの予防処置
    子供の歯に定期的にフッ素を塗布したり、シーラントと呼ばれる虫歯になりやすい溝をふさぐ処置を行ったりすることで、虫歯の発生を抑制します。
  • 食生活や生活習慣に関するアドバイス
    子供の歯の健康は、食生活や生活習慣とも密接に関係しています。小児歯科では、虫歯になりにくい食生活や生活習慣に関するアドバイスも行います。

小児歯科の最大の利点は、子供たちが成長する段階で歯科医療に慣れることです。歯科医師による診療や予防によって、子供たちは歯科医療の必要性を理解することができます。

また、子供の頃から定期的に小児歯科に通うことで、将来的な歯の健康を守ることができます。

小児歯科で行う治療

小児歯科で行う治療には、以下のようなものがあります。

  • 虫歯治療
    虫歯の部分を削り、詰め物や被せ物で修復します。虫歯の進行度や子供の年齢に合わせて、適切な治療法を選択します。小児歯科では、治療中に子供が痛がらないよう、様々な工夫をしています。
  • 歯の詰め物・被せ物
    虫歯が大きくなった場合や、歯の一部が欠損した場合に行う治療法で、虫歯の部分を削った後、詰め物や被せ物で修復します。
  • 歯の抜歯
    虫歯が重症化したり、歯並びの問題がある場合に行います。抜歯が必要な場合は、できるだけ歯を残せるように治療を行います。
  • 矯正治療
    歯並びや噛み合わせの異常を治すために、矯正装置を用いて歯を矯正します。目立たない矯正装置など、様々な種類の矯正装置を用意しています。
  • 歯周病治療
     歯茎の炎症である歯周病の治療を行います。歯周病は、放置すると歯を失う原因にもなるため、進行度に合わせて適切な治療を行います。

虫歯の治療

小児歯科治療を受ける前に

小児歯科治療を受ける前に、以下の点に注意しましょう。

  • 事前に歯科医院に相談する
    子供の年齢や性格、症状などを伝えて、適切な治療を受けられるか確認しましょう。多くの小児歯科医院では、無料相談やカウンセリングを行っています。子供と一緒に歯科医院を訪れ、雰囲気を確認するのも良いでしょう。
  • 子供に治療内容を説明する
    子供に治療内容を説明し、不安を軽減しましょう。治療内容を絵や写真を使って説明すると、子供も理解しやすくなります。治療中にどのようなことをすれば良いか、事前に子供と話し合っておきましょう。
  • 虫歯や歯周病などの予防処置を行う
    定期的な検診や歯磨き指導、フッ素塗布などを行い、虫歯や歯周病の予防をしっかりと行うことが大切です。

まとめ

子供の歯は、大人の歯とは異なり、虫歯になりやすいという特徴があります。虫歯は放置すると痛みが増したり、歯を失ったりする原因にもなります。

そのため、子供の頃から定期的に小児歯科に通い、虫歯や歯周病の予防、正しい歯磨きの習慣、歯並びや噛み合わせの異常の早期発見・治療などを受けることが大切です。

小児歯科は、子供の歯の健康を守るために重要な役割を果たしています。子供たちの健やかな成長のために、ぜひ小児歯科を上手に利用してください。

小児歯科に関するよくある質問

 

Q: 子供の歯が生え揃ったら、定期的な歯科検診はどのくらいの頻度で受けるべきですか?

A: 歯科医師によって異なりますが、通常は半年に一度の検診が推奨されています。定期的な歯科検診によって、虫歯や歯周病の早期発見や治療ができ、歯の健康維持につながります。

Q: 子供の虫歯の原因は何ですか?

A: 子供の虫歯の原因は、口内の酸性度が高くなることによって、歯を包むエナメル質が溶け出し、細菌が感染することによって起こります。酸性度が高くなる原因には、砂糖や炭酸飲料の摂取、不適切な歯磨き、歯垢の蓄積などが挙げられます。

Q: 子供の矯正治療は何歳から受けることができますか?

A: 歯並びの問題は、乳歯が生え変わる前から治療を開始することができますが、一般的には、乳歯が抜け始めた7〜8歳頃から治療を行うことが多いです。

Q: 歯並びが悪いと将来的にどのような問題が起こるのでしょうか?

A: 歯並びが悪いと、歯を磨きにくくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高まります。また、咀嚼機能が低下するため、食べ物を十分に噛み砕けず、消化器官に負担がかかることもあります。さらに、顎関節症や口呼吸症候群などの問題も起こる可能性があります。

Q: 子供が歯科治療に不安を感じる場合、どうすれば良いですか?

A: 子供が歯科治療に不安を感じる場合、まずは歯科医師に相談しましょう。小児歯科の医師は子供たちと接することが得意で、子供が安心して治療を受けられるように配慮してくれます。

また、治療前に事前に説明をしてくれたり、リラックスできる環境を提供してくれるクリニックもあります。不安が強い場合は、鎮静剤や麻酔を使用することもできますが、これらの使用にはリスクが伴うため、歯科医師と相談して決定することが重要です。

Q: 子供の歯磨きのコツは何ですか?

A: 子供の歯磨きのコツは、以下の通りです。

  1. 歯ブラシの選び方:子供の口に合った小さめの歯ブラシを選びましょう。
  2. 歯磨きのタイミング:朝と寝る前に歯磨きをしましょう。
  3. 正しい磨き方:縦方向にブラッシングし、歯と歯茎の境目を丁寧に磨きましょう。また、歯ブラシの硬さに合わせた力で磨くようにしましょう。
  4. 歯磨き粉の使用:小さじ1杯程度の歯磨き粉を使用しましょう。
  5. 楽しく歯磨きをする:歯磨きの時間を楽しいものにしましょう。お気に入りの歯ブラシや歯磨き粉を使うなど、子供の好きなものを取り入れてみるとよいでしょう。

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
10:00-13:00
午後
14:30-20:10
※土13:00-17:00
 日14:00-18:00
高橋高橋
清水
福本
清水
福本
清水
福本福本
清水
高橋
服部※月に1回
高橋
清水
高橋高橋
福本
岡本
福本
清水
石通※月に1回矯正のみ
清水
石通※月に1回矯正のみ
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

 

歯科の疾患

   

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 伝染性紅斑

  2. Mesona-J施術

  3. 肺炎

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP