インプラントについて

インプラントの治療法

 

ストローマン社  最新インプラントシステム
「Straumann®BLX」

これまでのインプラント治療は、手術のあとに、骨が治る期間を長めに待たねばなりませんでした。ちゃんと噛めるようになるまでに、半年以上も時間をかけなければならない……。

それを解決するのが、ストローマン社 最新インプラントシステム「Straumann®BLX」。

ストローマン社製ならではのSLActiveやRoxoridのほか、骨への馴染みを向上する特殊設計を施すことで、幅広い症例に対応出来るようになりました。個人差はありますが、抜歯と同時にインプラントを埋入し、更に仮歯まで装着して頂く場合もございます。

全体的にスリムな形状を採用しているため、手術時にやむなく生じる顎への負担も減らせます。また特殊な形態を付与することで、小さなインプラントでありながらも、従来のインプラントと同等以上の強度を持ちます。

一番の特徴は、世界最高峰のシェア率と安全性です。世界中の歯科医師がストローマン社製のインプラントを愛用し、その実績を確かなものにしています。

CTによる検査

たとえば虫歯治療は、エックス線画像で虫歯の有無と大まかな位置を確認し、染め出しを行うなどしながら、手探りで病変を取り除いていきます。

一方、インプラントはもうすでに決まった形のインプラント体(人工歯根)を限られたスペース(顎の骨)に埋め込む治療ですので、手探りで行うわけにはいきません。

いざ、インプラント手術を開始して、思ったよりも骨の深さが足りなかったり、骨密度が希薄だったりしたら、当然のことながら手術を継続することは困難となり、今後の治療方針を再度考えなければならなくなります。

ですから、インプラント手術を実施する前には、顎の骨の三次元情報の有無(CT検査)が非常に重要となります。インプラント治療においてCTは、必要不可欠な検査です。CTによる三次元的な情報が得られることで、治療結果は向上していきます。

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリーとは、CT撮影によって得たデータを元に、テンプレートを作成し、その通りに治療を行う方法です。

歯科用CTで撮影した3D画像を元に、専用のプランニング・ソフトを使ってシミュレーションを行い、シミュレーションデータをもとに手術の確実性を高めるテンプレートを作成します。手術においては、データを基にした理想的な位置へのインプラント埋入が可能になります。

3D画像で骨や神経の位置を確認しながら、インプラントを埋入する位置を決められるので、周囲を傷つける心配をせずに手術に専念することが出来るのが大きな特徴です。また、無切開手術(フラップレスサージェリー)が可能なため、手術後の痛みや腫れが少ないというメリットがあります。

費用

手術費用:¥275,000(税込)
専用アバットメント:¥55,000(税込)
クラウン:¥165,000(税込)

※ 別途、CT撮影/分析代などが生じるほか、状況に応じて、骨の再生を促す処置が追加となる場合があります。詳しくは、院内スタッフにお問い合わせ下さい

デンタルローンのご紹介

デンタルローンを利用するには、まずはお気軽に当クリニックにご相談ください。デンタルローンの詳細について知りたい方は、以下のリンクよりご確認ください。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
10:00-13:00
午後
14:30-20:10
※土13:00-17:00
 日14:00-18:00
高橋高橋
清水
福本
清水
福本
清水
福本福本
清水
高橋
服部※月に1回
高橋
清水
高橋高橋
福本
岡本
福本
清水
石通※月に1回矯正のみ
清水
石通※月に1回矯正のみ
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

歯科の疾患

   

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 気管支炎

  2. 乾燥肌の改善

  3. 虫歯の治療

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP