有棘細胞がん

有棘細胞癌は、皮膚の最上層にある有棘細胞から発生する悪性腫瘍です。有棘細胞は、表皮に存在する細胞の一種であり、皮膚の角質化や水分保持などの機能を担っています。有棘細胞癌は、皮膚がんの中でも比較的まれな病気で、全体の1%未満とされています。しかし、近年では有棘細胞癌の発症率が増加しており、注意が必要です。

有棘細胞癌の原因は、紫外線の影響が大きいと考えられています。紫外線によってDNAが損傷することで、有棘細胞ががん化する可能性があります。また、日焼けによる肌の損傷や、遺伝的要因なども関係しているとされています。

有棘細胞癌は、通常は皮膚の表面に現れる扁平なしこりや斑点として現れます。しばしば、赤色やピンク色、茶色など、色が変わっていることが特徴です。また、痒みや出血がある場合もあります。有棘細胞癌は、早期に発見される場合は治療が比較的容易であり、予後も良好ですが、進行した場合は重篤な合併症を引き起こすことがあります。

有棘細胞癌の診断には、主に皮膚生検が用いられます。皮膚生検は、患部から少量の組織を採取して顕微鏡下で検査することによって、がんの有無を確認する方法です。また、超音波検査やX線検査などの画像診断も行われる場合があります。

有棘細胞癌の治療法には、手術、放射線療法、化学療法などがあります。手術は、がんを摘出する方法で、早期に発見された場合は十分な治療効果が期待できます。放射線療法は、放射線を照射することによってがん細胞を破壊する方法です。化学療法は、がん細胞を攻撃する薬を使用する方法です。これらの治療法は、患者の状態やがんの進行度合いによって適用されます。また、治療後には定期的な検査やフォローアップが必要です。

予防には、紫外線対策が重要です。紫外線を浴びることが避けられない場合には、帽子や長袖・長ズボンなどで肌を覆い、日焼け止めを使用することが推奨されています。また、皮膚の健康管理や、定期的な皮膚検診も大切です。

有棘細胞癌は、皮膚がんの中でも比較的まれな病気ですが、紫外線の影響などによって発生する可能性があります。早期発見・治療が重要であり、予防にも紫外線対策が欠かせません。健康な皮膚を保ち、定期的な検診を受けることで、有棘細胞癌のリスクを低減することができます。

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
9:00-12:00
※日曜午前は10:00-13:00
午後
平日13:00-16:00
村上
不定期
間中、渡邉、安田※不定期
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

 

 

皮膚科の疾患

 

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 胃腸炎

  2. 歯の矯正について

  3. 皮膚そう痒症

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP