脂肪腫

脂肪腫

脂肪腫は、皮下に発生する軟部組織の腫瘍の中では最も多くみられる良性の腫瘍( できもの)です。脂肪腫には、皮下組織に見られる浅在性脂肪腫と、筋膜下、筋肉内、筋肉間に見られる深在性脂肪腫があります。普通は、成熟脂肪組織で構成される柔らかい単発性腫瘍ですが、稀に多発性することがあります。
発生時期は幼少時と考えられていますが、緩徐に発育するため発見は遅く、20歳以下には稀で、40~50歳代に多く見られます。男女比は報告により一定しませんが、女性に多いとされ、また、肥満者に多いとも言われています。
身体の各部に発生しますが、背部、肩、頸部などに多く、次いで上腕、臀部、大腿などのからだに近い方の四肢に多くみられます。顔面、頭皮、下腿、足などは比較的まれです。大きさは数mm径の小さなものから、直径が10センチ以上に及ぶものまでいろいろです。通常、痛みなどの症状は無く、皮膚がドーム状に盛り上がり、柔らかいしこりとして触れます。
診断は、臨床症状と、画像検査で行います。画像検査にはエコー検査、CT検査、MRI検査があります。区別を要する疾患として、皮膚由来の嚢腫や軟部組織の肉腫(悪性腫瘍)などがあります。画像上、悪性の分化型脂肪肉腫と鑑別が困難なこともあり、摘出し、病理組織学的検査を行った方が良いこともあります。
脂肪腫自体は肉眼的には周囲との境界ははっきりとして、薄い被膜をかぶり割面は淡黄ないし、橙黄色を示し、多脂性です。ある程度以上に大きいものは不規則な小葉構造をとります。
病理組織学的には成熟した脂肪細胞からなり、一見正常脂肪組織と区別がつきにくいですが、細胞は多少大きさ、形状に不同があり、正常よりやや大きいとされます。薄い結合組織性の被膜があり、結合組織性の隔壁により小葉に分かれています。血管成分が多いものは、血管脂肪腫と称され、最大径が1~2センチと小ぶりで、しばしば多発します。

特徴と原因

脂肪腫は皮膚の下にできた「脂肪のかたまりによる良性の腫瘍」です。ドーム状に盛り上がる皮膚に変色などの異常は認められず、指で押すと柔らかいしこりで痛みはありません。通常は個発(一つ)の腫瘍ですが、まれに多発性の脂肪腫が発生するケースも見られます。脂肪腫が発生する原因は、はっきりとは解明されていません。しかし、糖尿病や肥満、高脂血症の方は脂肪腫ができやすいとされるため、食生活などには注意が必要です。なお多発性の脂肪腫(家族性多発性脂肪腫症)の場合、遺伝が原因といわれています。

発症する部位

脂肪腫は脂肪細胞のある部位であれば、身体のどこにでも発生する腫瘍です。脂肪腫は皮膚の下に生じる「浅在性脂肪腫」と、筋膜の下や筋肉内・筋肉間に生じる「深在性脂肪腫」のふたつがあります。
脂肪腫は、おもに後頚部(首の後ろ)・肩・背中・みぞおち・臀部・太ももに発症します。頭皮や顔、足に生じることはまれで、その場合は他の皮膚疾患が疑われます。
最初は小さい脂肪腫が、10センチ径以上に成長することも多く見られます。痛みはないものの部位によっては他人の目が気になり、ストレスを感じる方もいらっしゃいます。脂肪腫は内服薬や外用薬で改善することはありません。手術によって脂肪のかたまりを摘出する治療法となるため、脂肪腫が大きくなるほど、手術跡も大きくなってしまいます。また皮膚の下に生じるしこりは、脂肪腫以外の悪性腫瘍のケースも少なくありません。痛みがなくても皮膚のしこりに気づいた際は、すみやかに診察を受けることが大切です。

脂肪腫の分類

脂肪腫は臨床的にではなく、病理学的に以下のように分類する方法もあります。
通常の脂肪腫は皮膜の中に成熟した脂肪組織が満たされています。
血管脂肪腫:成熟した脂肪細胞の中に血管成分が多い脂肪腫で多発しやすく、やや固く小型のことも多いです。
線維脂肪腫:成熟した脂肪細胞の中に膠原線維が多く見られるもので、後頚部、上背部などの圧がかかりやすい部位によく見られます。癒着傾向にあり、切除がやや困難となります。
紡錘細胞脂肪腫:脂肪腫内に線維芽細胞に似た紡錘型の形の細胞の増殖を伴うもので、その細胞に異形成はなくあくまで良性腫瘍です。中高年の男性の後首部や肩甲部によく見られます。
多型性脂肪腫:脂肪腫内に様々な細胞を含む脂肪腫で、まれです。

脂肪腫と症候群

複数の脂肪腫が存在する場合、家族性脂肪腫症または以下の遺伝性疾患に関連する可能性があります。
①家族性多発性脂肪腫症:周囲の組織と癒着のない脂肪腫が数百個できます。
②プロテウス症候群:脂肪腫の他、表皮母斑、血管腫、掌蹠脳結合組織母斑、表皮母斑および頭蓋骨の過骨症、および脊柱側弯症を呈します。
③ドロローサ脂肪症:体幹と四肢に痛みを伴う脂肪腫が複数でき、皮膚の知覚異常を伴うことがあります。精神疾患を有する閉経後の女性に多く見られます。
④対称性脂肪腫症(マデルング病):頭、首、および肩にびまん性、浸潤性、対称性の無痛性脂肪腫性増殖を来します。中年のアルコール依存症の男性に多く見られます。
⑤ガードナー症候群:ほとんどすべての患者が胃腸管の腺癌を発症します。脂肪腫の他、線維腫、網膜の色素上皮の先天性肥大、頭蓋骨の骨腫、上顎および下顎、過剰歯、および乳頭状甲状腺癌、副腎腺腫、および肝芽細胞腫を含むさまざまな悪性腫瘍が発生します。
⑥多発性内分泌腫瘍症(MEN)1型:副甲状腺の過形成または腺腫、膵島細胞・下垂体の腫瘍を特徴とします。皮膚には複数の脂肪腫の他、コラーゲン腫、血管線維腫、カフェオレ斑ができます。また脂肪腫は内臓部位でも発生する可能性があります。
⑦カウデン症候群:口腔乳頭腫、顔面毛細血管腫、点状掌蹠角化症、および乳房腺癌、甲状腺濾胞癌(TFC)、子宮内膜癌、消化管の過誤腫性ポリープなどの悪性腫瘍にも関連しています。
⑧Bannayan-Riley-Ruvalcaba症候群(BRRS)

治療

治療は完全切除が原則です。脂肪腫は液体ではないので注射器などで抜き取ることはできません。大きいものや深部にある場合は全身麻酔下に手術をおこないますが、大きさや深さ、患者さんの全身状態や性格、社会的状況などを加味して、麻酔方法、入院の有無を検討して手術を予定します。通常、直上を切開して被膜を損傷しないように一塊に切除します。術後に切除したスペースに血がたまらないように、柔らかいストロー様の血抜きの管を創部に挿入する場合がほとんどです。その管は通常1週間以内には抜けますが、排液量をみて決めています。切除したものは病理組織学的検査で悪性所見の有無などを確認しています。抜糸は術後8日目から2週間以内に外来でおこなうのが一般的で、その後は通常の生活を送っていただきます。単発の場合は抜糸が終われば受診の必要もありませんが、体質的に脂肪腫が生じやすく多発する人の場合はまた新たな脂肪腫が生じることも多く再度手術が必要になることがあります。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 生活習慣病について

  2. 限局性強皮症

  3. 気管支喘息

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP