虫刺され

虫刺され

虫刺されとは虫が血を吸ったり、身を守るために刺したり、噛んだりによっておこる皮膚の症状のことです。
最もよく知られているのが血を吸う蚊ですが、同じようにダニやノミ、トコジラミなどが血を吸う虫です。
これらの虫が血を吸う際には、吸った血が固まらないようにするために唾液のような物質を皮膚の中に注入します。この唾液のような物質を皮膚に入れることで血を吸いやすくなるのです。私たちの体にとってこの唾液のような物質は異物なので、その異物に対して免疫が反応してアレルギーの変化がおこり赤く腫れ、かゆくなってきます。ちなみに唾液のような物質は皮膚に対する刺激はほとんどないので、血を吸われている時の痛みはまずありません。
血を吸う以外でおこる虫刺されにはハチやムカデ、クモやアリがあります。身を守るために毒成分を皮膚に注入することでおこります。これらの毒成分も同じようにアレルギーの反応がおこって炎症が生じますが、それだけではなく皮膚には刺激がある成分なので、刺されたり、噛まれたりした際に痛みをともないます。

虫さされの原因とメカニズム

虫が皮膚を刺したり咬んだりしたときには、虫が持っている毒成分・唾液成分が抗原(アレルゲン)となってからだの中の抗体と反応し、ヒスタミンなどのかゆみの原因物質が分泌されてかゆみや炎症などの皮膚炎を引き起こします。
つまり多くの虫さされで見られる「かゆみ」は、虫の毒成分などに対するアレルギー反応の一つなのです。
また、毒成分が注入されるときの物理的な刺激や、皮膚に注入された物質の化学的刺激によって、炎症が生じます。これが虫さされの「痛み」の原因です。
このような症状は年齢や刺された頻度、体質による個人差が大きいものですが、一般的にアレルギー体質の人は症状が強く出るといわれています。

虫刺されの症状

かゆみ:皮膚に注入された毒成分や唾液成分に対するアレルギー反応によっておこる症状。搔き壊すと皮膚が傷つき、黒ずんでしまう(色素沈着といいます)こともあります。
赤み:刺激反応やアレルギー反応により、皮膚が炎症をおこして赤くなる症状。
痛み:虫が皮膚をさしたり咬んだりすることで生じる症状。虫が皮膚に注入する物質によっても痛みを感じる場合があります。
腫れ:刺激反応やアレルギー反応により、皮膚の一部がふくらむ症状。虫の種類によっては、激しい痛みをともなう場合もあります。
水ぶくれ:虫にさされてからしばらくして、皮膚のなかに透明な液体が溜まって盛り上がる症状。かゆみをともなうことが多いため、つい掻きたくなってしまうかもしれませんが、水ぶくれを掻くと皮膚が破れ、なかに溜まっていた液体が患部の周囲の皮膚に広がることでかぶれたり、ただれたりする場合もあります。
これらの症状が狭い範囲にみられる程度であれば「軽度の虫さされ」といえますが、ハチやムカデ、毛虫にさされた際のアナフィラキシーショックなど、さされた箇所だけでなく全身に及ぶ症状が出る可能性がある虫さされについては、とくに注意が必要です。さされてから30分~1時間で血圧低下や呼吸困難、意識消失などが生じ、命の危険につながることもあるからです。体調に異変を感じたり、呼吸困難、血圧低下といった全身症状が現われたら、すぐに医療機関を受診してください。

治療

虫刺されの治療は、軽症であれば市販のかゆみ止め外用薬でもよいですが、赤みや痒みが強い場合は副腎皮質ホルモン(ステロイド)の外用薬が必要です。虫刺されの多くは1~2週間以内に改善します。しかし症状が強い場合は抗ヒスタミン薬やステロイドの内服薬が必要になるので、皮膚科専門医を受診するのがよいでしょう。ただ、これらの治療はあくまで現在の皮膚症状を抑えるのが目的であり、原因となる虫が身近に生息している場合は次々と新たな皮疹が出現する可能性があります。その場合は原因となっている虫を確認して、その駆除対策を実施する必要があります。
なお、刺された虫によっては、対処法や治療法が異なる場合がありますので、可能であれば実物を保管して医療機関に持参するか、スマートホンなどで虫の写真を撮影して記録しておくとよいでしょう。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 虫歯の治療

  2. 帯状疱疹(ヘルペス)・帯状疱疹後神経痛の治療

  3. 髄膜炎

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP