根管治療について

はじめに

歯科医療において、虫歯によって歯髄に炎症や感染が起こることがあります。この場合、歯髄を取り除いて根管治療を行うことで、歯を残すことができます。

根管治療とは?

根管治療とは、歯髄に炎症や感染が起こった場合、その歯髄を取り除き、根管内を清掃・消毒し、充填材で埋める治療法です。歯髄は、歯の中心部にあり、神経や血管、リンパ管などが含まれています。

歯髄に炎症や感染が起こると、歯の神経が刺激され、痛みを感じることがあります。また、炎症が進行すると、膿がたまり、歯周病や骨の破壊を引き起こすことがあります。

根管治療は、このような歯髄の問題を解決するために行われます。治療の目的は、歯を残すことです。歯を抜かなくても、歯髄の問題を解決することで、その歯を機能的に維持することができます。

根管治療の流れ

根管治療は、以下のような流れで行われます。

  1. 麻酔
    まず、治療をする歯に麻酔をします。麻酔をすることで、治療中に痛みを感じないようにします。
  2. 歯髄の取り除き
    歯を削り、歯髄にアクセスします。歯髄を取り除いた後、根管内を清掃します。根管内の菌を完全に除去することが治療成功の鍵となります。
  3. 薬剤の投与
    根管内に薬剤を投与し、炎症を鎮めます。薬剤を投与することで、再発を防ぐことができます。
  4. 充填材の充填
    根管内に充填材を詰め、歯を閉じます。充填材は、根管内の菌が再び侵入しないようにする役割があります。
  5. 虫歯の治療
  1. 再診
    治療後、数週間から数か月後に再診を受ける必要があります。再診では、治療が成功したかどうかを確認します。また、再発の可能性があるため、定期的な歯科検診を受けることが大切です。

根管治療の注意点

根管治療は、治療期間費用がかかることがあるため、患者さんにとって負担になることがあります。また、根管治療ができない場合は、歯を抜かなければならない場合があります。

さらに、治療後に痛みや腫れ、感染などの副作用が起こる場合もあります。これらの症状が出た場合は、すぐに歯科医師に相談し、適切な処置を行う必要があります。

まとめ

根管治療は、虫歯や歯髄炎によって生じる症状を解消し、歯を残すための治療法です。治療は、麻酔をして歯髄を取り除き、根管内を清掃・消毒し、充填材で埋めるという流れで行われます。

治療後は、再診を受けることが必要です。治療期間や費用がかかる場合があり、患者さんにとって負担になることもありますが、歯を残すためには重要な治療法です。

また、定期的に歯科検診を受けることで、虫歯や歯髄炎の問題を早期に発見し、根管治療を必要とする場合でも、適切なタイミングで治療を受けることができます。根管治療は、歯の健康管理には欠かせない治療法だと言えます。

虫歯の治療

 

【web予約】

【外来医師担当表】
午前
10:00-13:00
午後
14:30-20:10
※土13:00-17:00
 日14:00-18:00
高橋高橋
清水
福本
清水
福本
清水
福本福本
清水
高橋
服部※月に1回
高橋
清水
高橋高橋
福本
岡本
福本
清水
石通※月に1回矯正のみ
清水
石通※月に1回矯正のみ
※医科は急な事情で休診や受付時間、担当医が変更になる可能性があります。

【アクセス】

歯科の疾患

   

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 抜け毛・薄毛の治療(AGA)

  2. 脂腺母斑

  3. 口腔連携強化加算における連携歯科医療機関

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP