とびひ

とびひ

とびひの正式名称は「伝染性膿痂疹」といい、細菌を原因とする皮膚の感染症です。うつりやすい膿をもった発疹が特徴です。​すり傷・虫刺され・湿疹・汗疹などで皮膚をかきむしり、そこにできた浅い傷にバイ菌が入ることで、赤く腫れ、水ぶくれやじゅくじゅくした状態(膿痂疹)を形成して起こります。
また、アトピー性皮膚炎の患者さんのように、皮膚のバリア機能が低下している場合にも起こりやすいです。とびひの原因は主に、「黄色ブドウ球菌」と「レンサ球菌」という細菌です。

とびひの原因

虫刺されやあせも、湿疹を掻きこわしてキズができたり、乾燥肌やアトピー性皮膚炎などで皮膚のバリア機能が低下した部位に細菌が感染することで発症します。とびひの原因菌となるのは主に、黄色ブドウ球菌や溶血性レンサ球菌という種類の細菌です。これらの細菌はめずらしい存在ではなく、健康な人の皮膚上や鼻の中、のどなどによくいる「常在菌」と呼ばれる菌です。皮膚にできた小さなキズから入り込んだとき、とびひを起こす原因となります。

とびひの症状

とびひにはみずぶくれができるもの(水疱性膿痂疹)とかさぶたができるもの(痂疲性膿痂疹)の2種類があります。
水ぶくれができるもの:水疱性膿痂疹
皮膚にできた水ぶくれが、だんだん膿(うみ)をもつようになり、やがて破れると皮膚がめくれてただれてしまいます。かゆみがあり、そこを掻いた手で体の他の部分を触ると、症状が体のあちこちにに広がってしまいます。とびひの多くはこのタイプで、黄色ブドウ球菌が原因です。
かさぶたができるもの:痂疲性膿痂疹
皮膚の一部に膿をもった水ぶくれ(膿疱)ができ、厚いかさぶたになります。炎症が強く、リンパ節が腫れたり、発熱やのどの痛みを伴うこともあります。主に化膿レンサ球菌が原因となりますが、黄色ブドウ球菌も同時に感染していることが多いです。

とびひの治療法

とびひには、抗菌薬を含んだ塗り薬などを使用し、原因となる細菌を退治するための治療を行います。とびひの症状がひどい場合には、痒みを抑える抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬(飲み薬)や、患部を保護して炎症を抑える亜鉛華軟膏(あえんかなんこう)を処方することもあります。
とびひの拡大が広い範囲に広がってしまっている場合には、抗菌薬の内服が必要です。セフェム系の薬剤を5~7日間ほど内服することで完治するのが普通ですが、薬剤抵抗性のブドウ球菌(MRSAなど)が原因となった場合には、病変部から原因菌を採取、培養し、薬剤感受性試験を行って、その結果を参照しながら適切な抗菌剤を慎重に検討する必要があります。
かゆみが強い場合や無意識にかいてしまう場合には、包帯やガーゼなどで患部を覆い、症状が広がるのを防ぐようにしましょう。掻きむしったり、滲出液のついた手で他の所を触ったりしないようにすることが大切です。

 

とびひのよくある質問

Q.とびひに種類があるといわれますが、どのような種類ですか?

A.とびひはだいたい2種類に分けられます。1つは水疱(みずぶくれ)ができて、びらん(ペロッと皮膚がむける)をつくることが多い水疱性膿痂疹、もう1つは炎症が強く、痂皮(かさぶた)が厚く付いた非水疱性(みずぶくれができない)、これを痂皮性膿痂疹と言います。

Q.とびひの予防はどうしたらよいですか?

A.特に夏は入浴し、皮膚を清潔にしましょう。とびひを発症させてしまった場合も、発熱などの全身症状がない限り、入浴させ、泡だてたせっけんで病変部をそっと丁寧に洗い流します。ただし、兄弟姉妹がいる場合は、ほかの子ども達のあとで入浴させるほうがよいでしょう。入浴後は、滲出液などが周囲に接触しないように、患部に軟膏の外用、ガーゼなどの保護処置が必要です。
鼻の下から発症する膿痂疹をしばしば見ますが、鼻前庭(鼻孔からはいってすぐのところ)はブドウ球菌などの細菌の温床で、常在菌としてもブドウ球菌が証明されることもあります。小児には鼻孔に指を突っ込まないように指導します。手洗いの励行、爪を短く切り、かきむしって皮膚に傷つけたりしないようにさせることが大切です。

Q.洗ってもいいのですか? せっけんを使ってもいいですか?

A.病変部は洗ってかまいません。せっけんももちろん使ってかまいません。せっけんを泡立てて、そっと洗います。入浴をさせることは、病変部を清潔にするには必要ですが、湯ぶねに入らず、シャワーがよいでしょう。

Q.プールへ行ったり、水泳をしてもよいですか?

A.自分の病変を悪化させたり、他人にうつす恐れがありますので、プールや水泳は完全に治るまでは禁止です。かきむしったところの滲出液、水疱内容などで次々にうつります。プールの水ではうつりませんが、触れることで症状を悪化させたり、ほかの人にうつす恐れがありますので、プールや水泳は治るまで禁止して下さい。

Q.とびひは皮膚の一部だけがやられるのですか? 全身的には影響はないのですか?

A.通常の伝染性膿痂疹はその部位のみです。しかし幾つかの全身に影響を及ぼす状態があります。SSSS、敗血症、さらに腎障害などがあります。

Q.とびひは子どもだけですか? おとなもなりますか?

A.通常は子どもに好発しますが、まれにおとなもとびひになります。
痂皮性膿痂疹は年齢に関係なく発症しがちですが、水疱性膿痂疹もまれに成人に生じます。特に高齢者は皮膚が薄く、傷つきやすく、バリア機能が低下しているため、細菌に感染しやすいのです。また、高齢者では水疱性類天疱瘡など水疱形成疾患との鑑別を必要とする場合もあります。疑わしい場合は、病変部の細菌培養をしたり、時には皮膚病変の生検が必要な場合もあります。

Q.一度とびひにかかったら、2度とかかりませんか?

A.これは“免疫”が成立するかどうかを質問されていると思われますが、細菌が原因で生じる疾患であるため、ウイルス感染とは異なり、免疫は成立しません。皮膚のバリアを侵してブドウ球菌や溶連菌に感染すると、何回でもとびひにかかります。とびひにならないように皮膚を清潔にする、傷つけないようにする、爪を短く切っておく、手をよく洗うなどの予防が重要です。

Q.幼稚園・保育園、学校は行ってもいいですか?

A.伝染性膿痂疹は学校保健安全法という法律の中で「学校感染症、第三種(その他の感染症)」として扱われます。ほかの園児・学童にうつす可能性があるため、基本的には、医師にみてもらって、治療して、病変部をガーゼや包帯できちんと覆って露出していなければ、登校・登園許可を得られます。しかし、病変が多発していたり、広範囲の場合は休ませるほうがよいでしょう。

 

 

皮膚科の疾患

 

当院で掲載している疾患に関する説明は、患者さん並びにご家族の皆様に参考となる情報提供であり、全ての疾患の検査や治療を行えるわけではありません。

病名・部位・キーワードから病気を調べる(ヘルスケアプラットフォーム:Medicalnote)

 

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 手足口病

  2. 虫歯の治療

  3. メラノーマ

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP