自宅でホワイトニング!歯を白くする歯磨き粉おすすめを解説!

ホワイトニング歯磨き粉おすすめ

記事内にPRを含みます

【PR】記事内にプロモーションが含まれています。

毎日の歯磨きのときにふと自分の歯を鏡で見たときに、以前はもっと白い歯だったはずなのに…と気になったことはありませんか?

歯の汚れや黄ばみなどが気になっていると、人と話をするときに歯を見せて笑ったりすることが気になってしまい、口元を隠してしまったりしてしまい、ビジネスや恋愛に対しても少なからず影響を与えてしまうのでは…と考えると、やはり白い歯がいいですよね。

ここでは、自宅でできる歯磨き粉を使用したホワイトニングについて紹介していきます。

歯を白くしたい!お口の悩みは意外に多くの方が持っている

日本人のオーラルケアに対する意識は欧米に比べると低いと言われており、日本では認可されていない歯科医院でしか施術することができないホワイトニングの薬剤が、欧米では歯磨き粉に配合されてドラッグストアなどで販売されているほど、欧米ではホワイトニングに対しての意識が高いと言えます。

オーラルケアへの意識が欧米よりは低いとはいうものの、日本でも自分の歯や口の健康を意識してきちんと歯科医院に検診に行ったり、歯磨きだけではなくさまざまなオーラルケア商品を使用した自分にあったケアをされている方も多くなってきました。

しかし、女性も男性のどちらも歯や口の悩みで気になっていることはあっても、年代別で悩みは違うもののなかなか人に相談することができず、定期的な歯科検診を受けた方がいいのはわかっていても、歯や口にトラブルが起きてからしか歯科医院に行かないという方も多いようです。

歯や口について気になっていることってどんなこと?

年齢を重ねていくごとに身体にはさまざまな不調が出てきやすくなるのですが、歯や口の悩みもその中のうちの1つです。では、歯や口にどのような悩みがあるのでしょうか。

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 知覚過敏
  • 口臭
  • 歯石
  • 黄ばみ・着色汚れ
  • 歯ぐきがやせる
  • 歯周病・歯槽膿漏
  • 歯に食べ物がはさまる
  • 歯並びが悪い
  • 差し歯
  • 舌が白い など

悩みは人それぞれですが、見た目や周りの目線が気になる20~30代の若い年代の歯や口の悩みは「口臭」や「歯の黄ばみや着色汚れ」が多く、年代が60歳以上になると「歯のすき間に食べ物がつまりやすい」「歯ぐきがやせている」など、見た目ではなく実際の歯や口の機能についての悩みが多くなってきます。

歯をキレイにするホワイトニングを若いうちから意識することで、口内環境をよくするためのオーラルケアをすることになり、健康な歯を維持することに繋がっていきます。

歯の表面が汚れてしまう原因とは?

日本人の平均的な歯の色は白ではなく、やや黄色みがかった色をしており、内側から歯髄(歯の神経)、黄色みがかかった色の象牙質、白くて透明感があるエナメル質の3層でできており、歯茎の下にはしっかりと根がはっていて、食べ物を噛んだりする強い力を与えています。

人の歯は普段の生活習慣や食生活なども影響してくるため、白くキレイな歯でいるためには歯のお手入れが必要になってきます。

毎日きちんと歯を磨いているはずなのに、歯の表面についてしまう歯垢プラーク)や、黄ばみ・着色汚れ(ステイン)は、毎日少しずつ歯に付着していき蓄積されていくことによって、歯の黄ばみやくすみになっていきます。

歯垢(プラーク)

歯の表面に膜のようになって付着している唾液の中の糖タンパク成分「ペリクル」に、口の中の環境がよくないときに細菌が付着してしまうことで、白または黄白色のプラークが形成されたもの

黄ばみ・着色汚れ(ステイン)

普段食べたり飲んだりする、お茶・コーヒー・チョコレート・赤ワインなど、食べ物に含まれるポリフェノール類とペリクルが結びついてしまうことによって、歯の表面にステインとなって付着したもの

虫歯や歯周病などの原因にもなるプラークは、歯磨きをしたときに磨き残しとなって蓄積すると、たった2日間であっという間に歯石になってしまいます。

このような歯の汚れ何とかしたい、歯を白くしたいと思う方におすすめなのが、自宅でホワイトニング歯磨き粉を使用したブラッシングによって歯を白くするホワイトニングです。

歯の白さに個人差はありますが、歯の表面についてしまった汚れをホワイトニング歯磨き粉の有効成分によって落とすことで、もともとの自然な歯の白さに近づけると言われています。

ちなみに、歯の表面の汚れはホワイトニング歯磨き粉を使用したブラッシングを毎日続けることで落とすことができますが、一度ついてしまった歯石は歯科医院でしかキレイに除去することができません。

歯科医院に定期的に健診に行って、歯石の除去や歯の表面の汚れをクリーニングしてキレイにすることによって、口内環境がよくなり虫歯予防や歯周病予防にもなります。

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶポイントとは

歯科医院で施術されるホワイトニングには「過酸化水素(もしくは過酸化尿素)」という薬剤が使用され、歯の表面の汚れや色素を分解して無色化して、歯の表面のエナメル質の構造を変化させることにより歯を白く見せることができます。

しかし、日本国内では歯を白くする濃度の過酸化水素(もしくは過酸化尿素)を取り扱うためには歯科医師免許が必要なので、市販のホワイトニング歯磨き粉には、歯科医院で施術するときに使用する薬剤を配合することは法律上禁止されています

そのため、ホワイトニング歯磨き粉では歯科医院で施術するホワイトニングのような歯の白さを期待することはできません。

自宅で歯磨き粉を使用してするホワイトニングは、歯の表面についてしまったステインを、毎日のブラッシングで少しずつ落としていき、本来の自然な歯の白さを取り戻す方法です。

歯の黄ばみや着色汚れをキレイに落とすためのホワイトニング歯磨き粉は、ドラッグストアなどで市販されているものがたくさんありますが、選ぶときにはぜひ次のことをポイントにして選んでみて下さい。

ホワイトニング歯磨き粉の有効成分

ホワイトニング歯磨き粉には歯を本来の白さにするための、歯の黄ばみや着色汚れを落とす成分が配合されており、一般的な歯磨き粉には配合されていません。

また、せっかく歯垢や着色汚れを落としたとしても、その後汚れが再びついてしまわないように、着色汚れを予防する成分が入っているのかとういうこともポイントにしましょう。

おすすめの有効成分

ポリリン酸

ホワイトニング歯磨き粉で使用される「ポリリン酸」は、粒子が大きい研磨剤のように歯の表面を削ることなく、歯の表面に付着したステインに近づいて結合して、歯の表面から汚れを剥がして自然に汚れを落とします

歯の表面に付着している黄ばみや着色汚れが気になっている方におすすめの成分で、黄ばみや着色汚れを落とす効果と同時に歯をコーティングして、汚れや着色が再び付着しないように予防をしてくれます。

ハイドロキシアパタイト

歯と同じ成分でできているハイドロキシアパタイトは歯と固さが似ており、歯の表面のエナメル質についてしまった細かい傷に、ハイドロキシアパタイトの成分が浸透して凸凹の傷を埋めてくれるので、美しい歯にしたい方におすすめの成分です。

また、ミネラル成分が溶け出した部位にカルシウムイオンとリン酸イオンを補給してくれるので、初期虫歯を再石灰化してくれます。

「低研磨性」「研磨剤不使用」

歯に一度付着してしまった黄ばみや着色汚れは、研磨剤が配合された歯磨き粉でないとなかなか取れません。
しかし、着色汚れや歯の黄ばみなどを落とすために、研磨剤の量が多く配合された歯磨き粉で毎日歯を磨いてしまうと、歯は白くなりますが表面のエナメル質に傷がついてしまい、逆に着色汚れがつきやすくなってしまいます。

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶときには、研磨剤不使用、研磨剤の配合量が少ないものや、研磨剤よりも粒子が細かい微粒子の薬用ハイドロキシアパタイトが配合されている歯磨き粉がおすすめです。

発泡剤の配合量が少ないもの

歯磨き粉の泡立ちのために配合されている発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)は、泡立ちがいいことできちんと磨けている気になってしまうため、できる限り配合量が少ない歯磨き粉を選びましょう。

泡立ちが少ないことで長い時間歯を磨くことができ、隅々までブラッシングができるので磨き残しがなくなり、歯磨き粉の有効成分も行きわたらせることができます。

 

これらのポイントを押さえたうえで、ホワイトニングだけではなく虫歯予防、歯周病予防などの効果がある薬用成分が配合されている歯磨き粉もあります。

自分の口内の悩みに合った有効成分やが配合されている歯磨き粉をさがし選んで、口内環境をよくしていきましょう!

ホワイトニング歯磨き粉を使用するメリット・デメリット

歯の黄ばみや着色汚れに悩んでいる方は男女ともに多く、歯科医院でのホワイトニングをしに行くか、まずは歯磨き粉を使って自宅でホワイトニングをしてみるか、どちらにしようか迷うところです。

歯科医院で施術するホワイトニングほどの歯の白さは期待できなくても、まずは市販のホワイトニングを試してみたい方もいるのではないでしょうか。

自宅で歯磨き粉を使用したホワイトニングをする場合、どのようなメリットやデメリットがあるのかを紹介します。

ホワイトニング歯磨き粉のメリット

【メリット①】自然な白い歯

日本人に好まれる歯の白さは、歯科医院で行われるような真っ白な歯ではなく、自然な歯の白さがいいという方が多いようです。

歯磨き粉に配合されている有効成分にもよりますが、正しいブラッシングを継続使用することで成分が歯にコーティングされ、歯の表面の汚れが落ちて自然な白い歯になっていきます。

極小粒の粒子で歯の表面のエナメル質を傷つける心配が少なく、歯のエナメル質をつくる成分である「薬用ハイドロキシアパタイト」が配合されている歯磨き粉がおすすめです。

【メリット②】歯科医院まで行かなくてもいい

歯科医院でホワイトニングをする場合、忙しくても毎週1回で3回は通い続ける必要があるため、だんだんと面倒になってきてしまうことがあります。

自宅でできる歯磨き粉を使用したホワイトニングは、毎日の歯磨きのときに取り入れるだけなので、忙しい方やまずは自宅でホワイトニングをと考えている方におすすめです。

【メリット③】口内環境をよくしようと意識できる

歯の黄ばみや着色汚れが気になりホワイトニング歯磨き粉を使用することで、口内環境をよくしようと正しいブラッシング方法や歯磨き粉の有効成分を意識するようになります。

歯磨き粉に配合されている有効成分の効果による、むし歯予防や、口臭予防、歯周病の予防など、ホワイトニング以外にも口内の環境をよくすることができます。

ホワイトニング歯磨き粉のデメリット

【デメリット①】即効性がない

自宅で歯磨き粉を使用したホワイトニングの場合、毎日の歯磨きによって少しずつ歯の表面の黄ばみや着色汚れが落ちていくため即効性がなく、急激に白くなることはありません。
すぐにでも歯を真っ白にしたいと思っている方は、歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。

【デメリット②】研磨剤の粒子が大きいとエナメル質に傷がつく

歯の表面の汚れを取るために、ホワイトニング歯磨き粉では研磨剤で歯の表面を薄く削り取っていくので、歯の表面のエナメル質も削れて傷がついてしまい、その部分に汚れが詰まって汚れがついてしまうという悪循環が起こってしまうことがあります。

自宅で歯磨き粉を使用するホワイトニングは、歯の汚れや黄ばみを落として自然な白い歯にしていくことができますが、研磨剤の粒子が荒い歯磨き粉を選んでしまうと、歯の表面のエナメル質を傷つけてしまうことになってしまいます。

そのため、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶときには、極小粒の粒子で歯の表面のエナメル質を傷つける心配が少ない、歯を傷つけない成分の入った歯磨き粉を選んで自宅でホワイトニングをしましょう。

歯磨き粉に含まれている基本成分の働きとは?

口内粘膜は普通の皮膚よりも多くの物質を13倍も多いということもあり、歯磨き粉は毎日使うものだからこそ安心して使用できるものを選びたいですよね。

多くの歯磨き粉にはさまざま種類の化学化合物質や研磨剤などが配合されており、なかには体に悪影響を与えると言われているものも配合されています。

歯磨き粉の基本成分

清掃剤(研磨剤)

歯の表面の歯垢(プラーク)などの汚れを綺麗にします

湿潤剤

歯磨き粉に適度な粘り気を与えて、口の中が乾燥していても使用しやすくします

発泡剤

歯磨き粉を泡立たせて口内に拡散させる成分です

粘結剤

歯磨き粉の粉と液体を結合させて歯磨き粉に適度な粘り気を与えるなど、湿潤剤と同じような働きをします

香味剤

歯磨き粉の味や爽快感などの香りをつけたりなど、薬品などの味や臭いを消して歯磨き粉を使いやすくします

保存料

歯磨き粉の変質を防ぎます

このように普通の歯磨き粉の基本成分に、フッ素、歯周病予防、知覚過敏、ホワイトニングなどの薬用成分がプラスされて、さまざまな目的の歯磨き粉が販売されています。

歯磨き粉に配合されている高濃度フッ素

現在、市販で販売されている90%の歯磨き粉にはフッ素が配合されており、毎日の歯磨きで使用することによって虫歯予防や歯の再石灰化、歯周病を予防します。

人は食事をすることによって、口内に細菌が増えてプラーク(歯垢)が形成され、プラークの中の細菌が酸を出し、歯からカルシウムやリンの結晶が溶け出す「脱灰」と、唾液に含まれるカルシウムやリン酸が歯に取り込まれて元にもどる「再石灰化」を1日の中で何度も繰り返します

口内環境が悪いと、脱灰ばかりで元にもどる時間がわずかしかなく、再石灰化がうまくいかず口内でさまざまなトラブルが起きて、虫歯になるリスクが高くなってしまいます。

フッ素が配合された歯磨き粉を使用していくことによって、エナメル質の修復促進、歯質強化、菌の働きを弱めるなど、虫歯予防に有効な成分として注目されています。

市販のフッ素が配合されている歯磨き粉のフッ素濃度は統一されているわけではありませんが、医薬部外品として上限が1,500ppmまで認可されるようになり、高濃度フッ素配合といわれている歯磨き粉の多くが「1450ppm濃度のフッ素配合」となっています。

最近のほとんどの歯磨き粉に配合されているフッ素は、もちろんホワイトニング歯磨き粉にも配合されています。
フッ素自体に歯を白くする働きはありませんが、虫歯予防をすることで口内環境がよくなり、美しい歯を維持するサポートをしてくれます。

歯のすみずみまで磨ける歯ブラシの選び方

ホワイトニング歯磨き粉を使用して本来の自然な歯の白さを取り戻す前にまず確認したいのが、自分の口の大きさに合った歯ブラシを使用してブラッシングができているかということです。

せっかくのホワイトニング歯磨き粉も、自分に合った歯ブラシを使用していなければ、しっかりと歯のすみずみまでブラッシングすることができません

また、歯茎に傷がついてしまったり、磨き残しがあることで虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。では、健康で美しい歯を維持していくためにはどのような歯ブラシを選べばいいのでしょうか。

自分に合った歯ブラシの選び方

ヘッドサイズ

歯ブラシのヘッドの大きさは「自分の上の前歯2本分」位の大きさがおすすめです。

細かく磨くことが苦手だからと大きすぎるヘッドの歯ブラシを使うと、奥歯や細かい部分に毛先が入っていかず、磨き残しの原因になります。

毛のかたさ

歯ブラシの毛のかたさはには、「やわらかめ」「ふつう(レギュラー)」「かため」の3種類があります。

歯ブラシのかたさによって歯垢を落とす力が変わり、「かため」が一番歯垢を落とすことができますが、歯茎が傷ついてしまい歯茎下がりの原因にもなる可能性があるため避けた方がいいでしょう。

 

歯茎が健康な人は「ふつう(レギュラー)」を、歯茎が弱っている人は「やわらかめ」を選び、歯垢を落とす力が弱くなる分を時間をかけて丁寧に磨き、歯茎を優しくマッサージするぐらいの力で歯を磨きましょう。

持ち手の形状

持ち手の形状は、真っすぐなものやグリップがついているものなど、歯ブラシのメーカーによって違いがあります。

人によって手にフィットする形状が違うので、グーで持って強く磨いてしまいがちな人はボールペンを持つようにして磨ける真っすぐで細めのものを、しっかりと握ることができにくい人は握りやすい太めのものを選んで、歯を磨くのに余計な力がかからないものを選びましょう。

歯ブラシは毛先が開いていなくても衛生上1カ月に一度、電動歯ブラシは替えブラシを3カ月ごとに取り替えることがおすすめです。毛先が開いてしまった歯ブラシは歯垢(プラーク)を落とす力が低下して磨き残しができてしまうため、早めに取り替えるようにしましょう。

歯のすみずみまでキレイにするブラッシングの仕方とは?

普段なんとなくしている歯磨きですが、歯医者さんが推奨するブラッシング方法によって、ポイントをしっかりと押さえて歯磨きをすることで汚れを除去して歯が白くなります。

しかし、磨き残しが多くなってしまう方のブラッシングは、磨きやすいところだけ磨いて、奥の方の磨きにくいところは適当に磨いてしまっています。

ブラッシングをする位置があちこち飛んでしまわないように、磨く順番を決めて1本1本を優しくブラッシングするのがおすすめです。

正しいブラッシングの方法

スクラビング法

歯の外面に歯ブラシの毛先を90度の角度であてて、歯ブラシの毛先が広がらない程度に優しく、左右に小刻みにブラッシングします。
奥歯の裏側や嚙み合わせ面の歯垢(プラーク)の除去に適しています。

バス法

歯と歯茎の境目に45度の角度で歯ブラシの毛先を当て、歯ブラシの毛先が広がらない程度に優しく、左右に小刻みにブラッシングします。
歯周ポケットの汚れをかき出す磨き方で、歯垢(プラーク)の除去と歯茎のマッサージ効果があります。

おすすめのブラッシング方法は

スクラビング法(3分)+バス法(2分)を組み合わせる

マウスウォッシュでできるホワイトニングはあるの?

欧米では歯の治療費が高額ということもあり、保険に入っていないと虫歯を1本治療するだけでも4、5万ほどかかるということもあり、そのため1人1人が歯のケアを毎日きちんとしているため、ホワイトニングへの意識が高くなっています。

ホワイトニングが自宅でできるような市販のキットなどもあり、国民全体にホワイトニングが浸透していますが、日本はホワイトニングが最近では一般的になってきて、ホワイトニングに関心を持っている方も増えてきていますが、まだ欧米ほど国民全体に浸透しているわけではありません。

しかし、歯の黄ばみや着色汚れなどが気になっている方は以外に多く、歯科医院で施術するホワイトニングまでは…と考えていても、自宅で簡単に始めることができるホワイトニングがあるならば試してみたいという方も多くなってきています。

自宅でできるホワイトニング歯磨き粉で歯の汚れを落とす方法がありますが、同時にマウスウォッシュも取り入れることで、ホワイトニングだけではなく、磨き残しの補助的な役割をして、歯周病、虫歯、口臭をトータル的にケアをすることができます。

マウスウォッシュはデンタルリンスとも呼ばれており、ホワイトニングが一般的である欧米では、オーラルケアの1つとしてマウスウォッシュも取り入れられています。

ホワイトニング歯磨き粉のまとめ

笑ったときに見える歯の白さは、男女ともに白い方が顔全体の印象を明るくさせるため、見た目にも清潔感があって印象がよくなります。

飲食をすることで歯の表面に汚れが付着してしまう前に、食後の歯磨きが難しい場合には口をゆすぐだけでも違います。

また、就寝中には唾液の分泌量が少なくなることで口内環境が悪くなりがちなため、就寝前の歯磨きはブラッシングに力が入ってしまわないように軽い力でしっかりと磨いて、口の中に汚れが残らないようにしましょう。

先ほどもお話しましたが、ホワイトニング歯磨き粉を使用したホワイトニングは、正しいブラッシングで歯の表面の汚れを落として、本来の自然な歯の白さを取り戻すための方法です。

歯科医院でのホワイトニングと同じように、歯自体を白くしたい、紙のような真っ白な歯にしたい、今すぐ歯を白くしたいと即効性を求める方は自宅で使用できるホワイトニング歯磨き粉ではなく、歯科医院でのホワイトニングをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA